>シボレー(CHEVROLET)

チューンしたカマロで走行中突然エアバッグが開く。あまりの爆音をシステムが事故と勘違い?

投稿日:2017/05/10 更新日:

チューンしたカマロで走行中、クラッシュもしていないのにエアバッグが開く動画。
おそらくはエンジンサウンドが大きすぎ、もしくは振動が強すぎてエアバッグが開いたのだろうと想像されます。
車両は2013年モデルのシボレー・カマロZL1で、内装を剥がしロールケージを入れるなど完全にレース対応。

エキゾーストシステムはスイッチによりバイパスでき、これによって爆音を発生する仕組みですが、事件が発生したのはそのV8/6.2リッターを解き放った時。
速度は時速200キロを超えていますが、この時いきなりサイドエアバッグがボン!と展開。
さすがにこれには驚いた様子が見られますが、一歩町ガバ大事故に、という動画です。

下がエアバッグが突然開いた状態。
運転席、助手席ともエアバッグで覆われ、外が見えなくなっているのがわかりますね。

エアバッグの開いた原因は不明で、「エアバッグセンサーがエキゾーストシステムに近かった」「エアバッグシステム自体のエラー」説など様々。

関連投稿:BMW 318iにリコール。エアバッグのインフレータ容器破損の恐れ

BMW 318iにリコール。
対象は約9,000台程度で、現在のところ問題発生件数は0件。
届出の内容によると、運転席エアバッグのインフレータの補給用部品にガス発生剤の吸湿防止が不十分なものがあり、修理時にこの補給用部品(インフレータ)に交換して使用を続けるとエアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある、とのこと。

とりあえず走行装置に関するものではなく、エアバッグが展開しない限りは問題はなく、また展開自体にも問題は無さそうです。

形式はGH-AL19、モデル名はBMW 318i、対象となる車体番号と製造期間は下記の通り。

WBAAL32050FX40826 ~ WBAAL32030FX42395 平成 12 年 6 月 2 日 ~ 平成 12 年 8 月 23 日
WBAAL32090FH73489 ~ WBAAL32060FH74518 平成 12 年 6 月 5 日 ~ 平成 12 年 8 月 29 日
WBAAN920X0NF30910 ~ WBAAN92050NF37960 平成 12 年 7 月 3 日 ~ 平成 13 年 1 月 12 日
WBAAN92000NF43813 ~ WBAAN92020NF46387 平成 12 年 7 月 11 日 ~ 平成 12 年 11 月 22 日
WBAAN920X0NH83001 ~ WBAAN92070NH85899 平成 13 年 1 月 16 日 ~ 平成 13 年 9 月 7 日
WBAAN92060NJ00000 ~ WBAAN92040NJ07883 平成 13 年 1 月 20 日 ~ 平成 13 年 9 月 12 日
WBAAP32010JB11956 ~ WBAAP32010JB14999 平成 12 年 6 月 2 日 ~ 平成 13 年 6 月 16 日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5