>韓国の自動車メーカー

ヒュンダイが中国に本腰。ジェネシス、SUVでテコ入れを図るも「安物」イメージを覆せない?

投稿日:2017/06/12 更新日:

ヒュンダイが中国に最初の「ジェネシス」販売店を開設する、との報道。
「ジェネシス」はヒュンダイが満を持して放つ高級車ブランドですが、これを報じたロイターでは中国市場におけるヒュンダイの競争力を疑問視している模様。

というのも大きな要因としてTHAAD(防衛ミサイル)を韓国内に米軍が設置したことで中国の対韓感情が悪化しており、韓国製品の不買運動だけではなく中国から韓国へのツアー取りやめ、K-POP含む韓国製品の中国への輸入にも制限がかかっており、この状況で韓国製品を中国で展開するのは良い案とは思えない、ということです。

もう一つの要因として「中国におけるヒュンダイのイメージはそもそもよくない」としており、明確なアイデンテティがなく、品質がよくない、(主に北京あたりの)タクシーに使用される車、という印象が持たれているようですね。

ヒュンダイは韓国産業の例に漏れず「日本製品」をターゲットにしており、日本製品が売れている市場にて「日本製品より安い」ということをアピールして市場を獲得する戦略を採用。
そのために「安い」というイメージが先行するのは当然となりますが、近年ではこれを払拭するために有名デザイナーを次々と雇い入れてデザインを強化しているものの、今のところ中国では(世界中でも?)今までのイメージをひっくり返すだけの効果は発揮できていない、というところなのかもしれません。
※「安い」だけだと品質を向上させてきた中国の自動車メーカーには勝てない

なおヒュンダイは現在SUVに力を入れており、これについても記事では「いまさら遅い」と指摘。
たしかになぜ他メーカーの売れ筋をすぐ真似るヒュンダイが「これまでSUV市場を狙ってこなかったのか」は不思議で、今まで中国市場に本腰を入れていなかったことといい、ヒュンダイには謎が多いと言えそうです。

果たして売れる?これが韓国ヒュンダイの最高級車「ジェネシスG90」限定モデル
ヒュンダイが世界で486万台を販売→全自動車メーカー販売台数を調査→なんと世界第5位だった件
ヒュンダイがブガッティ・シロンのデザイナー引き抜き。「ジェネシス」ブランドのチーフに任命

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->韓国の自動車メーカー
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5