>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ・ハリアーがマイナーチェンジ。ターボエンジン追加でよりスポーティー&プレミアムに進化

投稿日:2017/06/08 更新日:

トヨタが「ハリアー」をマイナーチェンジして発売。
ハリアーの世界観である「ハリアーネス」をさらに進化させた、としています。
ハリアーのマイナーチェンジ版の特徴としては「2L直噴ターボエンジン追加」、「衝突回避支援パッケージ”Toyota Safety Sense P”をはじめとする先進装備充実」。

なおハリアーは発売後4年を迎え今回マイナーチェンジを受けていますが、マイナーチェンジ前でも「年々販売を伸ばしている」という非常に不思議な車種(通常、日本車は発売直後に販売が伸び、その後は下がってゆく)。

初代は1997年発売、2代目は2003年発売、そして現行モデルとなる3代目は2013年に発売。
現行モデルは国内専売モデルとして開発されていますが、そのぶん国内市場に特化した装備を与える、不要なものは切り捨てることで競争力が大幅に増した、とも言えます。

今回のマイナーチェンジはもちろんその魅力をさらに向上させるもので、やはり目玉は「ターボエンジン搭載モデル」。
これの追加によってパワートレーンは大きく分けると「2Lガソリンターボ(231馬力/3,380,400円~4,050,000円」、「ハイブリッド(152馬力ガソリンエンジン+モーター)/3,774,600円~4,604,040円)」、「2.5Lガソリンエンジン(152馬力)/2,949,480円~3,780,000円」の3つに。
グレードはこれら3つのパワートレーンいずれにも「プログレス」「プレミアム」「エレガンス」、駆動方式はハイブリッドは4WDのみ、その他は2WD/4WDが選択可能となっています。

外観はいわゆる「キープコンセプト」ながらも高級感とスポーティーさを増しており、フロントだとロアセンターグリルがガバっと口を開けた形状に。
上下左右にグリルが拡大していますが、この「上下」は最近のレクサスでも意識している部分で、NXのマイナーチェンジでも同様に上下方向にグリルが拡大していますね。
加えてターボモデルでは前後にカーボン調の加飾が与えられてスポーティーな印象を強調。

ヘッドライトは3眼式LED、そしてレクサスRXやトヨタC-HRでもおなじみのシーケンシャルウインカーも採用。
アルミホイールはターボ専用の18インチが新設定され、リアコンビネーションランプもクリア/レッド/ブラック基調のシャープかつ高級感があるものに。

内装においてもターボ専用のものが用意されてブラックにレッド基調の配色となり、シートにはレッドのステッチ、メーターはレッド基調のオプティトロンとなっています。

以下はGazooに掲載されていた、新型と旧型との比較画像。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5