>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari)

モッフモッフなアウディRS6が目撃に。「舌」も取り付けられ、まんまワンコっぽい外観に

投稿日:2017/06/23 更新日:

何かのイベントでの画像のようですが、アウディRS6アヴァントのオーナーが車を「Dumb and Dumber」をテーマにモッフモフな仕様へとカスタム。
フロントグリルには「舌」も取り付けられており、かなりリアルな仕上がりです(グリル周りやヘッドライト、テールランプ周辺もうまく避けて加工されている)。

リアクォーターウインドウにはグルーミングショップのロゴが見えるので、ショップの宣伝のために制作されたのかもしれませんね。
なおリアホイールアーチには別パーツで「足」が取り付けられています。

アクラポヴィッチのエキゾーストシステムと毛皮風カスタムとのミスマッチがなんともシュールですね。
素材としてなぜアウディRS6という高価な車を選んだのかは不明。
宣伝目的ということを考えると、その面積からしてミニバンの方が効果がありそうですが、ショップのオーナーさんの車が「たまたまRS6だった」のでは、とは思います。

こういった一時的なカスタムとは別に、ちょっと前(ラッピングフィルム登場初期)はよく「ベルベット調」ラッピングも見られたものの、「クロコダイル状ラッピング」とともに最近はめっきり見なくなりましたね。

なお過去にも何度かこういった「毛皮風」カスタムが目撃されており、フィアット500(これはイベント仕様ではなく普通に乗ってるっぽい)や、

モフモフにするだけではなく「フェラーリ風」にしたというおまけ付きのアウディも目撃に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f