>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各社業績/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

米国品質アンケートに異変。上位常連だったレクサスが下位に沈み韓国勢が1-2独占

投稿日:2017/06/28 更新日:

JDパワーが発表したところによると、新車品質調査上位の常連「レクサス」がなんと業界平均を下回る品質となった、とのこと。
反面韓国メーカーが急激に品質を向上させている、という結果が明らかになっています。
こういった調査は幾つかの会社が行っており、会社によって基準や調査方法が異なるため、今回の結果だけをもって判断することはできませんが、韓国メーカーが「追い上げてきている」のはどうやら事実。

これによるとレクサスは新車品質調査結果として「32ブランド中15位」。
なお2012年は首位、昨年は7位とのことなので、徐々にランキングを下げている、ということになりますね。
なおトップは韓国のキアで2年連続トップ、ヒュンダイの高級車ブランドであるジェネシスは2位。

こちらは上のグラフの続き(縮尺が変わっている)。
この結果は正直かなり「意外」で、韓国勢が上位であるほか、フォードやラムといったアメ車も上位。
トヨタやホンダはヒュンダイやシボレー以下ということになり、スバル、マツダなど日本車勢はほぼ最下位組となっています。

ただ、ジャガーとフィアットの問題は他を大きく引き離しており、これらはどの調査でも「下位組」の常連ですね。

韓国の自動車メーカーについては以前からデザインに対して注力していることで知られ、ヒュンダイはランボルギーニ・ガヤルドやムルシエラゴをデザインしたルク・ドンカーヴォルケ氏、他ベントレーからもデザイナーを引き抜いており、加えてブガッティ・シロンのデザイナーも引き抜き済み。
もちろんこれによってデザインを向上させることが狙いですが、今回の調査のように品質も向上しているとなると、あまり報じられてはいないものの、大手メーカーから相当数のエンジニアを引き抜いているのかもしれませんね。

関連投稿
アメリカにて「最も信頼できるブランド」は6年連続でレクサス。2位はポルシェ
2016年アメリカにおいて販売を落とした「負け組」リスト公開。日本車はレクサス、GT-Rがランクイン
アメリカ人30万人の考える「買って後悔した車トップ7」が発表。1位は?
レクサス最強。アメリカで「アテにできる車ベスト10」発表→レクサス3台、トヨタ2台がランクイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5