HURACAN

ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション~ウラカンLP610-4(MY2015)

  ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(2013年発表、2970万円)。     ウラカン・ファミリーの第一弾、”ランボルギーニ・ウラカンLP610-4”(2013/ ...

ランボルギーニ・ウラカンと、ほかランボルギーニ製コンセプトカーとの関連性を考える

  ランボルギーニ・ウラカンのデザインについて、過去のランボルギーニ車やコンセプトカーからのデザインエッセンスが取り入れられていることがわかります。 登場前は「セスト・エレメント風」とはよく ...

自動車に対するスタンス、そしてランボルギーニ・ウラカン、そして挑戦

ぼくは車に対して一定のスタンスを持っています。 ガヤルドのページにも記載したものをウラカン向けに少し調整し、下記にぼくの考えるところを記載します。 なお、ボクスター購入時から今に至るまで、ぼくの基本的 ...

【まとめ】ランボルギーニ・ウラカンの仕様を決めるまで。ボディカラー、内装、ブレーキ、オプション

注文したランボルギーニ・ウラカンについて、ボディカラーやオプションなど、「仕様」を決定するにあたって考慮した事項、またその過程などをまとめてみました。 ウラカンは実に多種多様な選択肢があり、現在は「ア ...

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4をイキナリ契約。これでもう前に進むしかなくなった

  イキナリですが、2014年1月19日、ランボルギーニ・ウラカンを発注。 これでもう後戻りはできません。前進あるのみ。 これほど早い時期に注文するはずではなかったのですが、ガヤルドからのあ ...

【まとめ】なぜぼくはランボルギーニ・ウラカンを購入したのか?購入決定に関する経緯

ランボルギーニ・ウラカンが発表され、そこら「買うかどうか」を考え、購入に至ったのちをここではまとめて公開。 発表から購入を決めるまでのまとめは下記にあります。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン発表後 ...

フェラーリとランボルギーニとの果てしなき抗争。ウラカンの立ち位置について考える

  フェラーリとランボルギーニの争いは自動車史において、とくに有名ですよね。     それぞれ発表するミドシップモデルは、常にライバルよりも(価格含めて)上で無くてはなら ...

【まとめ】どんなものがある?ランボルギーニ・ウラカンのカスタム/チューニング(チューナー系)

さて、ランボルギーニのV10モデルとして大人気のウラカン。 基本性能が高いため4WDということでドラッグレースに使用するユーザーも多く、チューニング市場でも大人気。 さらにはエアロパーツ、ホイール、イ ...

【まとめ】ランボルギーニ・ウラカン発表直後の印象と考察。デザイン、内装、仕様など

ランボルギーニ・ウラカンの内装について考える ランボルギーニ・ウラカンの内装画像を見ていると、かなりガヤルドに比べて変わっていることがわかります。 内装のトピックとしては、特設サイトにも使用されていた ...

【まとめ】ペイントやラッピングなどランボルギーニ・ウラカンのカスタムを考えてみた

ランボルギーニ・ウラカンのボディを塗るとしたら ウラカンはけっこう塗装された面積が大きいですよね。 ガヤルドのように大きなグリルが横になく、それも塗装面積を大きく見せる一因かと思います。 そのためにか ...

ランボルギーニ・ウラカンと親会社アウディとの関連性を考える

ランボルギーニ・ウラカンはよりアウディ色が強い車になっていると推測しています。 アヴェンタドールは各種スイッチなどアウディと共通のものがありますが、ウラカンももちろん同様で(画像を見るとペダルはアウデ ...

【まとめ】ランボルギーニ・ウラカン発表後から購入検討まで。「買おう」と考えるまでの経緯

ランボルギーニ・ウラカンが発表されたのち、ウラカンを「買おう」と考えるに至るまでの段階をここにまとめとして作成。 読みやすいように古いものが上、新しいものが下になっているので上から順に読んでもらえると ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5