ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】新型コルベットZ06のティーザー動画第二弾公開!偽装つきながらも細部が判明、発表は10月26日

投稿日:

新型コルベットZ06のティーザー動画第二弾公開!偽装つきながらも細部が判明、発表は10月26日

| おそらくは、規格外のパフォーマンスを発揮することになりそうだ |

イタリア製スーパーカーもうかうかしてはいられない

さて、シボレーは「コルベットZ06」のティーザーキャンペーンを開始していますが、今回はその動画第二弾が公開。

これによると発表は2021年10月26日で、カモフラージュつきながらもその姿が公開されています。

動画の内容としては、カモフラージュ用のシートが全面に貼られたコルベットZO6が高速道路や市街地を走って(ル・マン24時間レースが開催される)サルト・サーキットにたどり着き、ピットにてコルベットのレーシングバージョン、C8.Rと並ぶというもの。

つまりはシボレーは「コルベットZ06は、レース(モータースポーツ)に直結するモデルである」ということを今回のティーザー動画にて示しているということになります。

021-08-22 2.04.54

ついにコルベットZ06のティーザー動画が解禁!これが自然吸気V8「フラットプレーンクランク」採用エンジンのサウンドだ
【動画】ついにコルベットZ06のティーザー動画が解禁!これが自然吸気V8「フラットプレーンクランク」採用エンジンのサウンドだ

| ただでさえ生産が追いついていないC8コルベットの人気がさらに高まりそうだ | そのサウンドはフェラーリが失った「自然吸気V8フラットプレーンクランクエンジン」そのもの さて、シボレーがついにコルベ ...

続きを見る

コルベットZ06に積まれるエンジンはレース用?

新型コルベットZ06については様々なウワサがあり、そのひとつはレーシングカーであるC8.Rと同じエンジンが与えられるというもの。

この5.5リッターエンジンはフラットプレーンクランクシャフトを採用し最高出力は617馬力(460キロワット)、最高回転数は9,000rpmと言われています。

さらにはレース用のトランスミッションを採用し、そのトランスミッションケースはマグネシウム製という情報もある模様。

フラットプレーンクランクを採用するメリットとデメリット(一般的なクロスプレーンクランクのメリット/デメリットはその反対)はざっくりと下記の通りですが、その自動車メーカーが「そのクルマをレーシングカー同等とみなしているならば」そのV8エンジンにはフラットプレーンクランクを採用し、「快適性を考慮した乗用車だと考えているならば」クロスプレーンクランク採用だと考えて良さそう。

そしてコルベットZ06にフラットプレーンクランクが与えられるならば、シボレーはコルベットZ06を「レーシングカーと同じ視点」にて捉えているということになりますね。

なお、市販車でクロスプレーンクランクを持つV8エンジンを採用しているスポーツカーはフェラーリくらいだと言われ、現行のF8トリブート/ポルトフィーノに採用されるV8エンジンもフラットプレーンクランクが組み込まれています(フェラーリ製エンジンのサウンドが優れる理由、振動が大きい理由はここにある)。

■メリット
・高回転化できる
・チューニング効率がいい(等長エキマニの効果が出やすい)
・音がいい
■デメリット
・NVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)が大きい
・エンジンの寿命が短くなる
【動画】これがフェラーリV8、ポルシェ911GT2RSを迎撃する”コルベットZ06”のサウンド!搭載される秘密兵器「フラットプレーンクランク」とはなんぞや?

| 量産スポーツカーでフラットプレーンクランクV8を採用するのはフェラーリ以外に存在しない | 複数のFacebookユーザーが相次ぎサンディエゴにて偽装の施されたC8コルベットを目撃したという報告が ...

続きを見る

新型コルベットZ06の外観はやはりレーシングカー譲り

今回のティーザー動画を見るに、フロントバンパーの形状が標準モデルのコルベットに比べて大きく異なり、バンパー自体がロー&ワイドに。

021-08-22 2.04.28

そして粗いメッシュの奥には巨大なラジエターがびっしり詰まっており、つまりはエンジンが相当な熱量を発生するということがわかります。

1-08-22 2.03.44

リアだとこれまた市販車離れしたリアウイング、そしてダクトだらけのリアバンパーも。

21-08-22 2.03.54

加えて、これまでに様々なバージョンの(Z06と見られる)プロトタイプが走行していることから、新型コルベットZ06にはさらにパフォーマンスを引き上げることができるオプションパッケージも用意される可能性があり、フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、そしてポルシェもうかうかしてはいられないかもしれませんね。

新型コルベットZ06の最新ティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、シボレー・コルベット関連投稿

新型シボレー・コルベット
新型シボレー・コルベット(C8)の見積もり取得!鬼の10年払い、頭金ゼロだと毎月10万円で買えるようだ

| おそらく新型コルベットの売却価格は当面「かなり高い」 | 選んだ仕様はラピッドブルー外装にスカイクールグレー内装 さて、新型シボレー・コルベット(C8)の見積もりを取得。日本に正規導入されるコルベ ...

続きを見る

シボレー・コルベット
コルベット史上初のハイブリッド「E-ray」のウワサ続々。「650馬力」「フロントをモーターで駆動する4WD」「0-60マイル加速2秒」。コルベット70周年記念としての登場か

| ベースモデルでこれだけの人気があるとすれば、バリエーション拡充によってどれくらいの需要が発生するのか想像もつかない | さらにはそのパフォーマンスもどこまで高くなるのか予測できない さて、新型シボ ...

続きを見る

新型シボレー・コルベット(C8)を見てきた
新型シボレー・コルベット(C8)を見てきた!アメリカと欧州との思想の違いがよく分かる構造やデザインを持つ興味深い一台だ

| この価格でこの性能となると、もうコルベット以外の選択肢はないだろう | いくつか気になる部分もあるが、実際に運転してみたらそんなことはどうでも良くなると思われる さて、日本でもついに発表された新型 ...

続きを見る

参照:Chevrolet

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->シボレー(CHEVROLET), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5