ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フォード(FORD)

イメージは「マッドマックス」。1903年製フォードA型をハードなホットロッドにカスタムしたロックスターが登場

投稿日:2018/12/30 更新日:

内外装はまさにロックンロール

ロックバンド「シーザー」のベーシスト、デイル・スチュワートがカスタムしたホットロッドがバレット・ジャクソン開催のオークションにて出品される、とのこと。
なおロックスターとホットロッドとの縁は深く、かのジェフ・ベックも自らクルマをカスタムしてホットロッドを製作することでも知られます(ギター・ショップのジャケットはそれをよく表している)。

ホットロッドは自由の象徴でもある

なぜロッカーがホットロッドを愛するのかは不明ですが、ホットロッド、ロックともに「形にとらわれない自由の象徴だから」とも言われます。

そして今回のホットロッドもまた「形にとらわれない」カスタムの好例で、ベースは1903年モデルのフォード・モデルA(A型)。
言われてみるとたしかにモデルAっぽくもありますが、ほぼ原型をとどめておらず、その雰囲気は「スチームパンク」。※実際はマッドマックスをイメージした、とのこと

13c27f3fc5124dbf452391089822adc9dad01803

カスタムを担当したのは「クラシック・カー・スタジオ」で、エンジンはクライスラー製のHEMI V8(スーパーチャージド)へ、ブレーキシステムはリンカーンからの移植、サスペンションは調整式と各コンポーネントは「現代水準」に。

c18aa023bf533d34613c3a016a5c2c0c90a6ccce

ルーフは「チョップ」され、ボディパネルは「金属むき出し」っぽい加工へ。
加えて真鍮っぽいゴールドを組み合わせてレトロな雰囲気を醸し出していますが、ある意味航空機っぽい印象も。

c06963653df42beb27bd12d86af6738ccb0cb019

インテリアもスチームパンク風

このフォードA型「ホットロッド」のインテリアもまさにスチームパンク風。
メタルとレザーとが組み合わせられた内装を持っていて、まさに自由な発想で作られたことがわかりますね。

9961d0898843cd820cc3d936167d528461dd1427

ステアリングホイールはこんな感じ。

1f8c3085c6dc1ff6279c073c8257e3db34c23660

細かいところにまで心血を注いだことが画像からひしひしと伝わってくるカスタムカーであり、オークションでは相当な高値となることが予想されます。

b1f13943f4809c29ea3fd95648db90c6bb51f56d

ほかにもある、ホットロッド化されたカスタムカー

なお、「ホットロッド」はカスタムのジャンルではあるものの、そう呼ばれるようになった由来は不明。
一説には「ホットなロードスター」を短縮したものという話もありますが、必ずしも「ロードスター」を指さないため、これはちょっと疑わしいところ。

そしてホットロッドのカスタム手法としては「オープンホイール」「トップチョップ」「デカいエンジンへのスワップ」が一般的。
先日はランボルギーニ・エスパーダをホットロッドにカスタムしてしまった車両も公開されていますね。

ホットロッドはまさに「自由」なだけに、ランクルをホットロッドにしてしまった人も。

そして1932年型フォードをホットロッドにカスタムしたクルマも存在。
驚愕の9.4リッターエンジンを搭載するという常識外れのマシンですが、こういった例を見てもホットロッドはやはり自由の象徴なんだろうなあ、と思います。

https://intensive911.com/?p=38398

VIA:Autoclassic

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フォード(FORD)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5