ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イギリス車

【動画】サウンドオン!ゴードン・マレーT.50が快音とともにサーキットを走る!イベントにてV10世代のF1マシンを先導する

投稿日:

【動画】サウンドオン!ゴードン・マレーT.50が快音とともにサーキットを走る!イベントにてV10世代のF1マシンを先導する

| これほど豪華なイベントもほかになさそうだ |

やはりV12エンジンのサウンドは格別

さて、グッドウッドにて開催された「V10時代のF1マシンのパレード」にて、ゴードン・マレー・オートモーティブ(GMA)T.50が先導者を務めるというなんとも豪華な動画が公開。

このGMA T.50はコスワースの設計による4リッターV12エンジンを搭載し、12,100RPMのレッドラインにて654馬力、467Nmというトルクを発生させますが、このエンジンそのものは重量わずか177.8kgしかなく「市販車に積まれるV12エンジンでは試乗最軽量」を誇ります。

なお、車体重量はわずか980kg(どうやって実現してるんだ・・・)、トランスミッションはマニュアルのみという、想像するだけでも楽しくなってくるようなスーパーカーです。

これがマクラーレンF1の正当な後継!F1設計者本人による「ゴードン・マレー」T.50発表!V12搭載ながらも重量は980kg、そしてMTのみ

| このスペックを実現するのは簡単なことではない |この記事のもくじ| このスペックを実現するのは簡単なことではない |ゴードン・マレー・オートモーティブT.50はこんなクルマゴードン・マレー・オート ...

続きを見る

ゴードン・マレーT.50がサーキットを走る

そして動画ではパドックからゴードン・マレーT.50が登場。

これまでには公開されていなかったメタリックレッドの個体です。

2022-04-16 19.15.47

非常になめらかなボディ表面を持つことがわかりますね。

2022-04-16 19.15.55

そして車体後部にはF1マシンを先導するためのLEDライトバーが装着されます。

2022-04-16 19.17.18

リアには特徴的なファン。

48Vシステムによるエレクトリックモーターがこのファンを回転させ(最大7,000RPM)、アクティブリアスポイラーやディフューザーとの併用により、通常走行時には50%、ブレーキングモードでは100%のダウンフォース増加を実現する、とのこと。

2022-04-16 19.17.26

そしてサーキットにコースインするやいなや素晴らしい快音を轟かせて走行開始。

2022-04-16 19.17.34

車内に取り付けられたカメラからの映像はこんな感じで、グラスエリアがかなり広いのは意外です(ただし後方はほぼ見えないようだ)。

2022-04-16 19.16.21

車体後方を捉えるカメラの映像はこう。

コードン・マレーT.50だと「亀」だと言われることはまずなさそうですね。

2022-04-16 19.16.59

ゴードン・マレーT.50は既に完売済み

なお、ゴードン・マレー・オートモーティブはこのGMA T.50を100台生産する予定ではあるものの、当然の如く一瞬で完売済み。

市販車とは別に、サーキット走行専用モデルとして「ニキ・ラウダ」を25台のみ発売するともアナウンスしていますが(こちらは725馬力、車体重量は852kg)、おそらくはこのT.50ニキ・ラウダも完売済みかと思われます。

ゴードン・マレーT.50のサーキット専用モデル「ニキ・ラウダ」発表
ゴードン・マレーT.50のサーキット専用モデル「ニキ・ラウダ」発表!限定25台、価格4.5億ながらも「地球上でもっとも強力なサーキットウェポン」

| レギュレーションの影響を受けなければ「やれること」はたくさんあるようだ |この記事のもくじ| レギュレーションの影響を受けなければ「やれること」はたくさんあるようだ |ゴードン・マレー・オートモー ...

続きを見る

ゴードン・マレーT.50がサーキットを走る動画はこちら

合わせて読みたい、ゴードン・マレー関連投稿

【動画】マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーが送り出す市販車第二弾「GMA T.33」発表!3.9リッターV12搭載、車体重量はわずか1100kg。芸術作品のような内外装を持ちお値段2.1億
【動画】マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーが送り出す市販車第二弾「GMA T.33」正式発表!3.9リッターV12搭載、車体重量はわずか1100kg。芸術作品のような内外装を持ちお値段2.1億

| この価格でも「なんとしても欲しい」と思わせる魅力がこのクルマには備わっている |この記事のもくじ| この価格でも「なんとしても欲しい」と思わせる魅力がこのクルマには備わっている |当然ながら限定台 ...

続きを見る

【動画】マクラーレンF1とゴードン・マレーT.50はこれくらい似ている!F1は27年前の時点ですでに「完成されたスーパーカー」だった

| 改めてマクラーレンF1の完成度には驚かされる |この記事のもくじ| 改めてマクラーレンF1の完成度には驚かされる |マクラーレンF1とGMA T.50はここが似ているそのほかにも続々レビュー動画が ...

続きを見る

マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーのコレクションが公開
【動画】マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーのコレクションが公開!T.50そして所有するクルマについて語る

| 所有するクルマの3/4が重量800kg以下 |この記事のもくじ| 所有するクルマの3/4が重量800kg以下 |ゴードン・マレーはアルピーヌA110を高く評価ゴードン・マレーはレーシングデザイナー ...

続きを見る

参照:Gordon Murray Automotive

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イギリス車
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5