ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロータス(Lotus) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】ロータスが初のSUV「タイプ132」のティーザー画像を公開!フロントにはアクティブシャッターを備える俊足EVとなりそうだ

投稿日:

【動画】ロータスが初のSUV「タイプ132」のティーザー画像を公開!フロントにはアクティブシャッターを備える俊足EVとなりそうだ

| これからのロータスは「これまでのロータス」とはまったく違うラインナップを持つことになりそうだ |

新しい計画によって一気にロータスがメインストリームに躍り出る可能性も

さて、ロータスは2026年までに4台の電気自動車を発売するという計画を発表していますが、これまで非常に小さい規模にて展開してきたロータスにすると、この計画は「非常に野心的」。

ただし現在のロータスは中国・吉利汽車傘下に入っており、そこで豊富な資金、そして様々なバックアップを得て大きく飛躍する準備が整っています。

そしてその計画の第一弾として登場するのが「タイプ132」で、これは来年中に発表されると見られるSUVとなるもよう。

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEVの画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・
ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEV(SUV、セダン含む)の画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |この記事のもくじ| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |中国に建設する子会社の新社屋 ...

続きを見る

ロータスだけに「俊足」SUVに

そしてこのタイプ132について、詳細はまだ不明ではあるものの、ロータスはこのSUVが時速60マイル(時速96km)を約3秒で達成することをコミットしており、バッテリーサイズは92~120kWh、そして最先端の 800ボルト高速EV充電システム を採用する言われ、このバッテリーは、カラの状態から約20分で80%まで充電することが可能だとされています。

採用されるプラットフォームはロータス・プレミアム・アーキテクチャーと呼ばれる新しいもので、これはほかの新型SUVにも活用されることになりそうですね。

なお、タイプ132は、ロータスのEV化の先駆けとなりますが、これに次いで2023年には4ドアクーペが、2024年にはさらに大型のSUVが登場する予定であり、これらラインナップの中では「もっともコンパクトで俊敏な」モデルとなることが予想されています。

新型SUVにはアクティブグリルが採用に

そして今回公開されたティーザー動画について、まずはロータスからのいくつかのメッセージが登場。

2021-11-09 10.38.47

そして「ブリーズ」と大きく表示され・・・。

2021-11-09 10.39.14

六角形のエレメントを採用するフロントグリル、そしてカーボンファイバーを用いたフロントスプリッターも確認できます。

そして「カーボンファイバー採用」というところからしても、このタイプ132が「スポーツ志向」ということがわかりますね。

2021-11-09 10.38.53

そしてこのグリルにはアクティブシャッターが備わるようで、グリル内部が開閉する様子も示されていますが、冒頭の「ブリーズ」というのはこのアクティブシャッターを指しているものと思われます。

2021-11-09 10.39.16

現時点ではそのスタイルがどうなるのかはわかりませんが、おそらくはこれまでのロータスとは異なるものになる可能性が高く、ロータスが「初のSUV」をどう扱うのかには要注目です。

ロータス・タイプ132のティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、ロータス関連投稿

ロータス
ロータス初のSUVは方針転換によって「ピュアEV」へとスイッチ。ベースモデルでも2モーターで600馬力、上位モデルでは750馬力とのウワサ

| このロータス初のSUVについて、ラムダ(Lambda)という名が与えられる可能性が高そうだ |この記事のもくじ| このロータス初のSUVについて、ラムダ(Lambda)という名が与えられる可能性が ...

続きを見る

ロータスの新型スーパーカー(予想レンダリング)
ロータスが完全電動となる次期エリーゼについて語る!「2026年登場、軽量性を維持するが、価格は高くなる」。なお1300~1500万円くらいになるようだ・・・

| エントリーモデルのエリーゼでこの価格となると、その上のモデルは当然さらに高価に |この記事のもくじ| エントリーモデルのエリーゼでこの価格となると、その上のモデルは当然さらに高価に |この価格帯だ ...

続きを見る

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ
なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクトリックスポーツ”ではずっと先を行きそうだ |この記事のもくじ| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクト ...

続きを見る

参照:Lotus Cars

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ロータス(Lotus), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5