ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロータス(Lotus)

中国にてロータスの新型電動セダン「タイプ133(エンヴィア)」の試作車が目撃!エレトレ同様にスタイリッシュ、そして未来的なクルマになりそうだ

投稿日:

中国にてロータスの新型電動セダン「タイプ133(エンヴィア)」の試作車が目撃!エレトレ同様にスタイリッシュ、そして未来的なクルマになりそうだ

| そのスタイルはクーペ風、ホイールもなかなかにスポーティー |

一方、テールランプなど「暫定」デザインも残される

さて、ロータスは現在の親会社である中国の吉利汽車のもと、「スポーツカーオンリー」メーカーから「ラグジュアリーで高性能な電気自動車を生産する総合メーカー」へと劇的な、そして自動車業界では稀に見る変化を遂げようとしています。

すでにブランド初となるSUV「エレトレ」を発表し、2023年には4ドアクーペ(タイプ133)、2025年にはDセグメントのSUV(タイプ134)、2026年にはスポーツカー(タイプ135)が登場することもアナウンスされていますね。

ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEVの画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・
ロータスが中国に建設する巨大工場、そして今後発売する4つのEV(SUV、セダン含む)の画像を公開!今までのロータスからすると信じられないような躍進ぶりだ・・・

| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |この記事のもくじ| 賛否両論あるかと思うが、ボクはロータスが中国に買収されて良かったと思う |中国に建設する子会社の新社屋 ...

続きを見る

中国にてロータスの新型セダン、タイプ133(エンヴィア)が目撃される

そこで今回中国にて報じられたのが、2023年に発表されるであろうピュアエレクトリックセダン「タイプ133」のプロトタイプ(実際の車名はエンヴィア=Envyaになるとも言われている)。

2台のプロトタイプが中国の路上を走っている姿が目撃されていて、慎重に黒いカバーにて覆われ、しかし「クーペスタイル」のフォルム、セダンには似つかわしくない、見るからに軽そうなホイールが装着されていることもわかります。

ドアハンドルはポップアップ式、ルーフにはカメラ(もしくはセンサー)があり、ヘッドライトはおそらくスプリット、そしてフロントバンパーの形状もエレトレによく似ているように思います(チラリと見える内装についても、やはりエレトレに近いようだ)。

Lotus-Type-133-Envya

見たところテールランプは暫定のようですが、おそらくはブランディングの観点からエレトレと同様のデザインを持つ可能性が高く、そして(現在では確定情報がないものの)パワートレーンについてもエレトレを踏襲すると見る向きが多いもよう。

つまりエントリーモデルだと2モーター/600馬力以上、トップレンジだと3モーター/900馬力以上というスペックが期待されますが、これが実現すれば「そうとうなハイパフォーマンスセダン」ということになりそうです。

今後ロータスは中国で開発、製造へ

なお、ロータスは中国の武漢にテクノロジーセンターを建設しており、エレトレ、そしてそれ以降のEV(つまりすべてのクルマ)はこの武漢で開発され、そして製造されると言われています。

英国ヘセルの工場はエキシージ、エヴォーラ、エリーゼの生産を終了させたのち、「エミーラの製造」に向けてトランスファーが行われ、エミーラまでは中国で生産がなされるものの、それが終了すればこの武漢へと(吉利汽車の方針で)全てが移され、英国からは開発と生産を引き上げるとされており、実際にロータスは英国工場の生産設備の売却先を探しているという報道も見られます。

Lotus-EV (3)

2年後にはロータスも中国生産に!親会社の吉利汽車が、中国・武漢に「ロータス含むグループ内高級ブランド」生産拠点を建設中

もはやこの流れは阻止することができない 現在ロータスは中国・吉利汽車傘下にありますが、その吉利汽車が1500億円を投じ、中国は武漢に工場を建設している、との報道。そしてこの武漢工場については、ロータス ...

続きを見る

あわせて読みたい、ロータス関連投稿

さよならロータス・エリーゼ、エキシージ、エヴォーラ!それぞれ最後の一台が工場から送り出され、26年間で5万1000台の生産を終える
さよならロータス・エリーゼ、エキシージ、エヴォーラ!それぞれ最後の一台が工場から送り出され、26年間で5万1000台の生産を終える

| それぞれ3台はロータスのヒストリックコレクションへと収蔵され、売りに出されることはない |この記事のもくじ| それぞれ3台はロータスのヒストリックコレクションへと収蔵され、売りに出されることはない ...

続きを見る

なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ
なんか面白いことになってきたぞ。ロータスが「ロータスらしい、他社とは異なる」電動アーキテクチャを発表。中国資本を得て一気に前に進みそうだ

| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクトリックスポーツ”ではずっと先を行きそうだ |この記事のもくじ| もしかすると、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニよりも”エレクト ...

続きを見る

ロータス・エレトレのスペック詳細、価格が発表。トップレンジのエレトレRは905馬力、2035万円。日常性と快適性も重視され「人生のあらゆるステージにロータスを」
ロータス・エレトレのスペック詳細、価格が発表。トップレンジのエレトレRは905馬力、2035万円。日常性と快適性も重視され「人生のあらゆるステージにロータスを」

| 思ったよりもロータス・エレトレの内容は「濃く」、そして排他性と競争力があるようだ |この記事のもくじ| 思ったよりもロータス・エレトレの内容は「濃く」、そして排他性と競争力があるようだ |もしかす ...

続きを見る

参照:CarNewsChina

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ロータス(Lotus)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5