ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロータス(Lotus)

元F1チャンプ、マリオ・アンドレッティが乗っていたロータス・エリートが競売に!本来だったらもっと高値になりそうだが、エリートの人気がなさすぎて予想落札価格200万円

投稿日:2022/12/01 更新日:

元F1チャンプ、マリオ・アンドレッティが乗っていたロータス・エリートが競売に!本来だったらもっと高値になりそうだが、エリートの人気がなさすぎて予想落札価格200万円

| ロータス・エリートは、ロータスが高級路線を目指して開発した4人乗りのスポーツカー |

ロータスではじめてエアコン、パワステがオプション設定されたモデルでもある

さて、非常に珍しいロータス・エリート(二代目)がオークションへと登場予定。

さらにこのエリートの価値を高めているのは、元F1ドライバー、マリオ・アンドレッティが所有していた個体だということで、その所有を示す証明書も付属するのだそう。

しかしながら、そういった金看板があるにも関わらず、ロータス・エリートそのものの人気が今ひとつのため、予想落札価格は最高で(わずか)12,000ポンド(邦貨換算で約202万円)にとどまると報じられています。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00018

ロータス・エリートはこんなクルマ

この2代目ロータス・エリートは、初代エリートが販売終了となった11年後の1974年に登場しており、ロータスおなじみの「スチール製バックボーンフレームにグラスファイバー製ボディを組み合わせる」という基本コンセプトを採用しています。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00004

エンジンは、後にエスプリにも搭載されるアルミ製のタイプ907 DOHC2.0リッターを搭載し、出力は158馬力、新車時では0−100km/h加速7.8秒、最高速度203km/hという性能を誇りますが、注目すべきは「フル4シーター」ということ、そしてロータス初のパワステとエアコンをオプションにて選択できたこと。

なお、1976年にはATも追加されており、ロータス伝統の構造を持ちつつも、そのパッケージングがロータスらしくない、という一風変わったモデルでもありますね。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00030

そして一風変わったといえばそのスタイリングで、社内デザイナー、オリバー・ウィンターボトムによってデザインがなされ、そのイメージはある意味でワゴンというかシューティングブレーク風。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00008

ただ、この奇っ怪なデザインがロータス・エリートの後部座席における居住性を向上させているのは間違いなく、一応は評価すべき部分なのかもしれません。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00009

なお、ロータスがこういった「4シーター」を作った理由としては「ポルシェ911への対抗」が挙げられ、当時はほかにアルピーヌ、フェラーリ、ランボルギーニまでもが2+2に手を出しています。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00013

ロータス・エリートのインテリアはこうなっている

そしてこちらはロータス・エリートのインテリア(ルームミラーの位置が独特)。

明るいカラーのレザーを持っており、たしかにロータスが高級さを目指したということもわかります。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00020

ただ、ロータスのそういった思惑とは裏腹に、製造品質が著しく低かったという報告もあり、内装パネルが走行中に脱落するといった例もあったようですね。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00024

リアシートは「フル4シーター」だけあってけっこう広々。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00029

マリオ・アンドレッティは1976年にチーム・ロータスの正式メンバーとなり、1978年にはロータス78とその後継モデルであるロータス79のグランドエフェクトテクノロジーを生かして6勝を挙げ、ドライバーズチャンピオンとコンストラクターズチャンピオンの両方を獲得したという輝かしい経歴を持っています。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00026

そこで当時のロータスのボス、コーリン・チャップマンは、話題のドライバーに自社のロードカーを使ってもらいたいと考え、1976年にこの左ハンドル、イギリス登録のエリートをマリオ・アンドレッティに提供したもよう。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00023

なお、コーリン・チャップマンは、1973年にセブンの権利をケータハムに売却していますが、それと同時にキットカーを販売するという自身のルーツから脱却してロータスブランドを高級化する計画を持っており、その意味でも1974年に登場したフロントエンジン、4シーターというエリートはロータスにとって大きな意味を持っていたと言われます。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00022

なお、いつマリオ・アンドレッティがこのクルマをロータスに返却したのかはわかっておらず、しかしこのクルマの最後の登録保持者が購入したのは1984年で、現オーナーによれば、このエリートは最近、マイナーサービスを受けて新しいバッテリーへと交換されているものの、新しいクラッチとブレーキに注意する必要があるというコメントを残しています。

Lotus-Elite-Mario-Andretti-00003

いずれにせよ、マリオ・アンドレッティが所有していたという正式な証明書がつき、そしてこの希少なエリートというクルマが200万円くらいで購入できるのであれば、それは「奇跡」と呼んでいいのかもしれません。

マリオ・アンドレッティ所有のロータス・エリートを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

元F1チャンプ、マリオ・アンドレッティ所有のランボルギーニ・カウンタックが販売中!最も成功したレーシングドライバーはこんなクルマに乗っていた

| F1ドライバーがランボルギーニを自分のクルマとして乗るのは珍しい | マリオ・アンドレッティが所有していたランボルギーニ・カウンタックが販売中。マリオ・アンドレッティは1978年にF1ワールドチャ ...

続きを見る

【動画】もっとも偉大なF1ドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオの所有していたメルセデス300SLが「そのままの姿で」競売に!ファンジオが座ったシートに座り、同じステアリングホイールを握れるぞ
【動画】もっとも偉大なF1ドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオの所有していたメルセデス300SLが「そのままの姿で」競売に!ファンジオが座ったシートに座り、同じステアリングホイールを握れるぞ

| おそらくはメルセデス・ベンツ300SLの「最高」落札金額を記録しそうだ |この記事のもくじ| おそらくはメルセデス・ベンツ300SLの「最高」落札金額を記録しそうだ |当時の「そのままの姿」という ...

続きを見る

アイルトン・セナは「ジープ」、キミ・ライコネンは「ラーダ・ニーヴァ」。F1ドライバーが最初に選んだ意外なクルマ18選
【動画】アイルトン・セナは「ジープ」、キミ・ライコネンは「ラーダ・ニーヴァ」。F1ドライバーが最初に選んだ意外なクルマ18選

| 英国人ドライバーのミニ率が高く、そして全体的にはワゴンが好まれているようだ |この記事のもくじ| 英国人ドライバーのミニ率が高く、そして全体的にはワゴンが好まれているようだ |マックス・フェルスタ ...

続きを見る

参照:H&H, CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ロータス(Lotus)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5