ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

ガルフカラーのマクラーレンP1。やはりMSOにてカスタム

投稿日:2014/12/24 更新日:


マクラーレン・スペシャル・オペレーションズにて仕上げられたマクラーレンP1。
かつてのレーシングカーにモチーフを得た、というガルフカラーですね。
先日中国に納車されたものだと思いますが、非常によく似合っていると思います。

面白いのは内装で、ステアリングのセンターライン、そしてスイッチ類もガルフカラーに。

関連投稿:マクラーレンがMSOによるP1を公開。放熱性向上のため24金を使用


マクラーレンがMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーション)によって作られた、「サテン・ボルケーノ・レッド」のP1を公開。
24金を使用したエキゾーストシールドを使用しているとのことで、リアのメッシュグリルからそれを見ることが出来ます。
マクラーレンF1(ロードカーの方)も放熱性が良い、という理由でエンジンルームの内張りを金にするというとんでもない手法を採用していましたが、今でもそれは健在のようですね。

関連投稿:MSOによるマクラーレンP1。ボディカラーはサテンボルケーノ・レッド

マット仕上げの「サテン・ボルケーノ・レッド」をボディカラーに持つマクラーレンP1。
マクラーレン・スペシャル・オペレーションズによって仕上げられたものとのことですが、P1のほとんどはMSOによって作られており、もはやどの部分がスタンダードで、その部分がカスタムなのか不明です。

マクラーレンMP4-12Cデビュー時、そしてP1でもそうでしたが、ぼくが一番驚いたのはリアウイングをエアブレーキとして使用するデバイス、そしてその抵抗を受け止めるためのゴツいリアウイングのステー。
色々な意味でマクラーレンは乗用車離れしてますね。


関連投稿:さらにMSOで作られたマクラーレンP1が公開に。黒赤グラデーション

さらにMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)で製造されたマクラーレンP1が公開に。
ブラックとレッドとに塗り分けられた個体ですが、グラデーションが使用されており、かなり珍しい仕様ですね。

関連投稿:マクラーレンがまた別の「MSOで作られたP1」を公開

マクラーレンが新たにP1の画像を公開。
マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ、通称MSOでカスタムされたものですが、ブルーのボディカラーにレッドのアクセントが入っていますね。

今後、このように「エッジにアクセントカラーを入れる」カスタムは流行りそうで、しかしカッティングシートであれば比較的簡単に再現できそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5