ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンCEOが乗っていた720Sが中古市場に登場!高額オプションてんこ盛り、新車購入価格の約半分で販売中

投稿日:2021/07/25 更新日:

マクラーレン720S

| ボディカラーはカスタム仕様の「パリ・ブルー」 |

カーボンファイバー、超軽量ホイールなど実用オプションが装着済み

さて、マクラーレン720Sの中古物件そのものは珍しくありませんが、今回中古市場に登場したのはなんとマクラーレンCEO、マイク・フルーイット氏が乗っていたという個体。

一見するとさほどカスタムされていないようにも見えるものの、実際には細部に至るまで「渋い」仕様を持っており、まずボディカラーはマクラーレンのパーソナリゼーションプログラム「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」による”パリ・ブルー”。

McLaren-720S-4-1

そのほかにもカスタムもりだくさん

そのほかステルス仕上げの10スポーク「ウルトラライト」ホイール、ブラックペイントのブレーキキャリパー、ステアルスパック、エクステリア・カーボンファイバーパック、MSOエクステリア・カーボンファイバーパック、スポーツエグゾーストシステムを装着済み。

McLaren-720S-6-1

なお、これらカーボンパックの中に含まれるのはフロントエアインテークとスプリッター、ルーフ、ピラー、ウィングミラーキャップ、デッキリッド、エンジンカバー、ディフューザーなど。

McLaren-720S-7-1

要は「一見するとわからない」、しかし実用的なカスタムが盛り込まれているということになりそうです。

McLaren-720S-8-1

マクラーレンCEOが乗っていた720Sのインテリアはこうなっている

そしてこちらはこのマクラーレン720Sのインテリア。

電動メモリーシート、カーボンブラックシートベルト、同じくカーボンブラックのアルカンターラ製ステアリングホイール、MSOによるカーボンファイバー製エアベント、Bowers & Wilkinsの12スピーカーオーディオシステムなど、これも「見た目はさほど効果そうに見えない」、しかし実際には非常に高価なオプションがテンコ盛り。

McLaren-720S-9-1

走行距離は17,546キロとさほど多くはなく、モデルイヤーは2017。

2018年、2019年、2020年に点検を受けており、2022年7月までの保証が残っている、とのこと。

販売価格は16万5000ポンド(約2480万円)に設定されており、これはオプション込みの新車価格の「半分」だといい、マクラーレンCEOが乗っていたという付加価値を考慮すると「相当に安い」のかもしれませんね(フロントフード裏にでもサインを入れておいて欲しいところ)。

McLaren-720S-12-1

合わせて読みたい、マクラーレン720S関連投稿

マクラーレンが「ガルフカラー」の720Sを発表
マクラーレンが「ガルフカラー」の720Sを発表!台数ではなく「限られた重要顧客しか注文できない」受注対象限定モデル

| マクラーレンは2020年にガルフとのパートナーシップ契約を締結済み |この記事のもくじ| マクラーレンは2020年にガルフとのパートナーシップ契約を締結済み |マクラーレンはF1そして市販車におい ...

続きを見る

マクラーレン720Sカスタム
どんなレンダリングよりも過激!カスタムパーツメーカーよりマクラーレン720S用最新エアロキットが発表

| マクラーレンはフェラーリやランボルギーニより「カスタムされる比率」が高いようだ |この記事のもくじ| マクラーレンはフェラーリやランボルギーニより「カスタムされる比率」が高いようだ |ただし現時点 ...

続きを見る

マクラーレン720S
まさかの「マクラーレン720SをセナGTRにコンバートする」キットが登場!200万円で劇的な変貌を遂げ、ボクはこれを「720Sベース」と見抜く自信はない

| この発想はまったく無かったが、むしろ通常のセナよりもアグレッシブなスタイルに | この記事のもくじ| この発想はまったく無かったが、むしろ通常のセナよりもアグレッシブなスタイルに | 見た目ほど変 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5