ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

30周年を記念しマクラーレンF1が13台、ひとつ屋根の下に集合する。上野クリニックのオーナーが購入した伝説の「ウエノ・グレー」にペイントされた個体も登場【動画】

投稿日:

30周年を記念しマクラーレンF1が13台、ひとつ屋根の下に集合する。上野クリニックのオーナーが購入した伝説の「ウエノ・グレー」にペイントされた個体も登場【動画】

| 展示車両の時価総額は全部で400億円に相当するらしい |

もはやマクラーレンF1は恐れ多くて触れることすらためらわれる存在に

さて、マクラーレンF1は今年で(発売から)30周年を迎えますが、それを記念して英国では様々なイベントが開催されています。

その内容はツーリングであったり展示であったりしますが、今回紹介するのは英国にて開催された、クラシック・ドライバーとキクロ・スペースが共同にて開催する展示イベント。

ここには5台の公道仕様車、5台のGTR(レーシングカー)、3台のロングテール(こちらもレーシングカー。うち1台はプロトタイプ)を含む13台のマクラーレンF1が一堂に介した、とのこと。

2022-09-25 20.25.12

【動画】14台のマクラーレンF1が「30周年」を祝い一同に集い走行する姿を披露!ゴードン・マレーT.50も参加し場を盛り上げる
【動画】14台のマクラーレンF1が「30周年」を祝い一同に集い走行する姿を披露!ゴードン・マレーT.50も参加し場を盛り上げる

| ロードカーのマクラーレンF1のみではなくレーシングカーのF1 GTRロングテールも |この記事のもくじ| ロードカーのマクラーレンF1のみではなくレーシングカーのF1 GTRロングテールも |これ ...

続きを見る

マクラーレンF1は現代のクルマだともっとも高い価値を誇るうちの一台

マクラーレンF1は1992年5月28日に発売され、1992年から1998年の生産終了まで、わずか106台のみが生産されたスーパーカー(プロトタイプ、ロードカー、レーシングカーを含めて)。

当時から大きな話題を集めているものの、その価値は年を経るごとに高くなっており、近代のクルマとしてはおそらく「最も高額にて取引されるクルマ」だと言ってよいかと思います。

2022-09-25 20.24.13

【動画】前ビートルズのギタリスト、ジョージ・ハリスン所有のマクラーレンF1ほか6台のF1が一気に揃い、時価総額がなんとその場だけで175億円に
【動画】前ビートルズのギタリスト、ジョージ・ハリスン所有のマクラーレンF1ほか6台のF1が一気に揃い、時価総額がなんとその場だけで175億円に

| ジョージ・ハリスンのマクラーレンF1が公の場に登場するのは25年ぶり、そして「もっともカスタムされたF1」としても有名 |この記事のもくじ| ジョージ・ハリスンのマクラーレンF1が公の場に登場する ...

続きを見る

このイベントにはマクラーレンF1に関する多くの資料やグッズが集められ、こちらはマクラーレンF1に当時付属していたタグ・ホイヤーの腕時計。

2022-09-25 20.25.03

メカニックがサービスに使用するツールも(当時マクラーレンにはサービスセンターがなかったためにオーナーに一つづつ贈られ、必要な際にはエンジニアを派遣し、これを使用してメンテナンスを行っていたようだ)。

2022-09-25 20.24.34

参考までにですが、数年前に「マクラーレンF1は、車両と同世代のノートパソコン”コンパックLTE5280”でしか診断を行えない」ことが判明したとして話題に。

マクラーレンF1は当時としては最先端の「通信機能」などをもっていて、メンテナンスに際してはコンパックLTE5280による(クルマとの)通信が不可欠だったのですが、既存の規格が使用できず、コンピューターと車両とを接続する際に特注のCAカードを使用しており、このカードがLTE5280でしか読めない、というのがその理由です。

最先端を目指したがために独自の規格を採用せざるを得ず、それが時代とともに老朽化して「ロストテクノロジー」に近い状態になってしまったのはちょっとした皮肉ではありますが、マクラーレンは最新のPCとも接続できるインターフェースを開発し実用化した、とも報じられています。

2022-09-25 20.23.27

そして付属品に話を戻すと、こちらは車体にぴったり収まるように設計された専用ラゲッジキット。

2022-09-25 20.24.39

動画ではマクラーレンF1に関する逸話も

なお、マクラーレンF1でもっとも有名な逸話は「上野クリニック」だと思われ、これは上野クリニックがスポンサーに付いたマクラーレンF1がル・マン24時間レースにて優勝し、それに喜んだマクラーレンが(レーシングカーと同じカラーの)ロードカーを格安にて販売したというもの。

2022-09-25 20.22.40

【動画】マクラーレンF1の知られざる秘密7つ!ル・マン優勝車「F1 GTR 上野クリニック(59号車)」、日本人初のル・マン優勝ドライバーはこうして誕生した

| 事実は小説よりも奇なり |この記事のもくじ| 事実は小説よりも奇なり |物語は一本の電話から始まったこんな記事も読まれています マクラーレンF1といえばスーパーカー界のレジェンドでもありますが、今 ...

続きを見る

そのほかにもマクラーレンF1はその伝説に事欠かず、ロードカーとして設計されたにもかかわらずル・マン24時間レースに出場し総合優勝を成し遂げたことや、当時最高速度386km/hを記録して市販車最速に輝き、その後2005年にブガッティ・ヴェイロンに破られるまではずっと最速記録を保有し続けていたことなど(現代でもこの時速386キロというのは堺最速の部類でもある)。

-09-25 20.23.21

そのほかエンジンルームには放熱性を考慮して「金箔を貼った」ということもよく知られる事実。

2022-09-25 20.23.05

マクラーレンF1は今年でちょうど30歳!「ロードカーとして設計されたのにル・マンで優勝してしまった」など知られざる事実30選
マクラーレンF1は今年でちょうど30歳!「ロードカーとして設計されたのにル・マンで優勝してしまった」など知られざる事実30選

| 自動車史上、マクラーレンF1ほどピュアで、ユニークで、高度な技術が注ぎ込まれたクルマもないだろう |この記事のもくじ| 自動車史上、マクラーレンF1ほどピュアで、ユニークで、高度な技術が注ぎ込まれ ...

続きを見る

この「レッド」はかなり珍しいボディカラーですが・・・。

2022-09-25 20.23.32

インテリアも相当に珍しいベージュレザー。

2022-09-25 20.22.17

ちなみにほとんどのF1はこういったブラックレザー内装を持っています。

2022-09-25 20.22.36

レーシングバージョンの中にはかなり珍しい一台も(セナGTR LMベースにて、このカラーをモチーフにした個体が製作されている)。

2022-09-25 20.23.50

なお、会場にはF1マシンも展示されていたようですね。

2022-09-25 20.22.28

塗装にかかるのは1台800時間!マクラーレンが1995年のル・マン出走車を再現した「セナGTR LM」特別仕様車5台を公開

いずれも当時のカラーリングに現代的なアレンジが加えられる さて、今年はマクラーレンF1がル・マン24時間レースにて優勝を飾ってから25周年という節目の年です。そのためマクラーレン、および当時のレーシン ...

続きを見る

マクラーレンF1が13台、一堂に会する動画はこちら

あわせて読みたい、マクラーレンF1関連投稿

新車でマクラーレンF1を3台購入したコレクターが所有していた「F1 HDF」が初めて競売に登場!2台しか製造されていないHDF、さらに1台しかない改良型ヘッドライト装備
新車でマクラーレンF1を3台購入したコレクターが所有していた「F1 HDF」が初めて競売に登場!2台しか製造されていないHDF、さらに1台しかない改良型ヘッドライト装備

| これまで中古市場に出てこなかった「もう一台のマクラーレンF1 HDF」がついに登場 |この記事のもくじ| これまで中古市場に出てこなかった「もう一台のマクラーレンF1 HDF」がついに登場 |なお ...

続きを見る

【動画】総勢14台のマクラーレンF1/F1GTRが1隻のフェリーに乗って水上を移動!総額255億円、もし沈没したら大変なことになりそうだ・・・
【動画】総勢14台のマクラーレンF1/F1GTRが1隻のフェリーに乗って水上を移動!総額255億円、もし沈没したら大変なことになりそうだ・・・

| マクラーレンF1がここまで揃うのも珍しいが、これらがフェリーに乗るのもまた珍しい |この記事のもくじ| マクラーレンF1がここまで揃うのも珍しいが、これらがフェリーに乗るのもまた珍しい |さらには ...

続きを見る

参照:Seen Through Glass

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5