>マクラーレン(McLaren)

ワンオーナー、走行わずか112kmのマクラーレン・スピードテールが競売に!スペシャルカラー採用、限定台数106台のうちの30番目

2022/12/30

ワンオーナー、走行わずか112kmのマクラーレン・スピードテールが競売に!スペシャルカラー採用、限定台数106台のうちの30番目

| スピードテールはマクラーレンのハイパーカーの中でもひときわ高い人気を誇る |

販売台数も少なく、なかなか売り物が出てこない

さて、マクラーレンはそのハイパーカーラインナップとして「アルティメットシリーズ」を持ちますが、そこから発売されているのがP1、セナ、エルバ、そしてこのスピードテールなどのラインナップ。

ただしマクラーレンはそれぞれのキャラクターが重複しないように「サーキット特化型」「ロードコンタクト重視」「最高速重視」など特性を分けていますが、このスピードテールは「最高速重視型」となっています。

6

マクラーレン・スピードテールは「F1へのオマージュ」

そしてマクラーレン・スピードテールはかの(ゴードン・マレー設計による1992年の)F1へのオマージュとして企画され、かつてF1が記録した「時速403km/h」の達成とともに発売されていますが、ほかのアルティメットシリーズとは大きく異る未来的なデザインを持ち、まるで宇宙船のような未来的な外観を持つことが特徴です。

17

インテリアに目を移すと、マクラーレンのラインナップでは唯一の「3人乗り(もちろんマクラーレンF1へのオマージュ)」となっているのもスピードテールならではの特異点。

13

搭載されるエンジンは4リッターV8ツインターボで、ピストン設計の見直しとシリンダーヘッド冷却の強化により747馬力を発生しますが、このスピードテールは「ハイブリッド」であり、装着されるエレクトリックモーターとバッテリーはマクラーレンのフォーミュラEテクノロジーグループによって開発されたものだと紹介されています。

20

エレクトリックモーターは低速域でのパワーデリバリーをスムーズにし、その出力は308馬力を発生し、ガソリンエンジンをあわせてシステム合計1,055馬力を発生します。

8

このスピードテールに採用される誘電冷却絶縁型バッテリーもまた革新的な技術であり、発売当時は「市販車に搭載された中で最もパワー密度の高いユニット」として知られており、このバッテリーへの充電は車体下部に設置されたインダクティブパッド(非接触式)によって行われます。

9

車体形状はその最高速を実現するために流線型を持っており、その全長はロングテールを採用することで5.2メートルにも達し、テールエンドには「航空機由来」と言われる可変式スポイラー(ボディ表面がしなるように曲がる)が内蔵されることに。

2

ボディカラーはマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)による特注ペイント仕上げとなっており、ダークグリーンにオレンジのアクセントが付与されています。

10

リアディフューザーはかなり「深い」形状を持っており、ウイングがないぶん、ここでダウンフォースを稼ぐのかもしれません。

11

ホイールにはエアロカバー付き。

4

ディフューザーはじめいくつかのパーツはヴィジブルカーボンファイバー製。

3

このマクラーレン・スピードテールのインテリアはこうなっている

そしてこちらはこのマクラーレン・スピードテールのインテリア。

エクステリア以上に興味深い仕様を持っていて、ダッシュボードやシートにはヴィンテージレザー(フルアニリンレザー)が採用されています。

15

シートベルトやパイピング、刺繍はエクステリアのアクセントと同じオレンジ。

18

ドアミラーの代わりにボディサイドにカメラが内蔵されており、その映像はダッシュボード左右のモニターに表示されることに。

5

シート状のステッチ(ティアドロップ型)はスピードテールをイメージしたものだと思われます。

なお、サイドシルは非常に高く、これをまたいでセンターシートに座ることは難しいものと思われ、いったん左右のシートに腰を下ろし、そこからヨイショといった感じでシートを移動することになりそうです(マクラーレンF1のマニュアルには乗り込み方が記載されている)。

1

マクラーレンF1は今年でちょうど30歳!「ロードカーとして設計されたのにル・マンで優勝してしまった」など知られざる事実30選
マクラーレンF1は今年でちょうど30歳!「ロードカーとして設計されたのにル・マンで優勝してしまった」など知られざる事実30選

| 自動車史上、マクラーレンF1ほどピュアで、ユニークで、高度な技術が注ぎ込まれたクルマもないだろう | その取引価格の高さがマクラーレンF1の評価をそのまま表している さて、マクラーレンF1は199 ...

続きを見る

そして面白いのがステアリングホイールはじめいくつかのパーツに用いられる「エイジング加工」。

サビやひび割れ、退色をあらわしているように見えますね。

41

スイッチパネルも同様の仕様を持っています。

なお、過去にも同様の「サビ風」ペイントパーツを持つスピードテールが売りに出されたことがあり、これはマクラーレンによる提案がなされた仕様なのかもしれません。

21

めったに売り物が出ないマクラーレン・スピードテールが中古市場に
めったに売り物が出ないマクラーレン・スピードテールが中古市場に!外装はクリーン、しかし内装には「サビ風アクセント」を持つエキゾチックな個体

| ホワイト、ブラック、そしてオレンジのクリーンな仕様 | さて、最近のマクラーレンにおいて「もっとも高価でもっとも特別な」限定モデル、スピードテール。文字通り「スピード」に特化しており、センターシー ...

続きを見る

このマクラーレン・スピードテールは限定106台のうちの30番目の生産で、ワンオーナー、そして現在の走行距離はわずか112kmだというので、「ほぼ新車」だと考えて良さそうですね。

6

合わせて読みたい、マクラーレン・スピードテール関連投稿

宇宙船みたいなマクラーレン・スピードテールが競売に!内外装共にメタリックブルー、まさに未来から来た乗り物のようだ
宇宙船みたいなマクラーレン・スピードテールが競売に!内外装共にメタリックブルー、まさに未来から来た乗り物のようだ

| 走行距離は極少、このマクラーレン・スピードテールの予想落札価格は4億円 | スピードテールだけがマクラーレンの中では異色の存在であるように思う さて、マクラーレンが106台のみ製造したハイパーカー ...

続きを見る

米低反発マット王が注文したマクラーレン・スピードテールが競売に!内外装とも「黒オレンジ」完全2色の仕様を持つ個性的な一台
米低反発マット王が注文したマクラーレン・スピードテールが競売に!内外装とも「黒オレンジ」完全2色の仕様を持つ個性的な一台

| ここまでシンプルな塗り分けを持つマクラーレン・スピードテールも珍しい | その仕様、程度の良さから「相当な高値」を付けるものと目されている さて、マクラーレンのハイパーカーの中では比較的高い人気を ...

続きを見る

【動画】販売価格4億円のマクラーレン・スピードテール!塗装にはダイヤ混、エンジンルームや工具には金メッキの超セレブ仕様

| まさかこんな仕様のマクラーレン・スピードテールが存在するとは | さて、様々なスーパーカーやハイパーカーを独自の視点から紹介してくれる女流ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。今回は「製造番 ...

続きを見る

参照:RM Sotherby's

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,