ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

前所有者はジャミロクワイ!1,265台のみが生産されたBMW 3.0CSLが競売に。ぐんぐん相場を上げ、ついに2000万円オーバーとの予想

投稿日:2021/03/28 更新日:

前所有者はジャミロクワイ!1,265台のみが生産されたBMW 3.0CSLが競売に

| まさかBMW 3.0CSLがここまで値上がりするとは誰にも想像できなかっただろう |

さて、ジャミロクワイのフロントマン、ジェイ・ケイが所有していたBMW 3.0CSL(1973年)がシルバーストーン・オークション開催の競売へと登場予定。

このBMW 3.0CSLは欧州ツーリングカー選手権参加のためのホモロゲーション取得モデルとして1,265台が生産されており、英国向けとしては500台がデリバリーされています。

なお、この「ジェイ・ケイが所有していた」BMW 3.0CSLはそのうちの「400番目」とのことで、キリ番ということからも高い人気を呼びそうですね。

参考までに、ジェレミー・クラークソンが「売却してもっとも公開したクルマ」として挙げていたのがこのBMW 3.0CSLですが、その理由は「売ったときは45万円くらいだったのに、現在の相場は1000万円くらいに上がってしまったから」。

ジェレミー・クラークソン「今までに売ったことで一番後悔している車はBMW 3.0CSL」「EVは絶対に買わない。残りの人生はガソリン車に乗って過ごす」
【動画】ジェレミー・クラークソン「今までに売ったことで一番後悔している車はBMW 3.0CSL」「EVは絶対に買わない。残りの人生はガソリン車に乗って過ごす」

| とにかくジェレミー・クラークソンはガソリンエンジン車の「サウンド」が好きなようだ |この記事のもくじ| とにかくジェレミー・クラークソンはガソリンエンジン車の「サウンド」が好きなようだ |もっとも ...

続きを見る

標準モデルに比較して136kgも軽量

この3.0CSLはCSそしてCSiと多くを共有するものの、それらに比較すると大幅に軽量化されていることが特徴であり、モノコックの鋼板を一部薄くしたり、バンパーやドア、ボンネットやトランクリッドはアルミ製に。

さらに制振や防音も簡略化され、サイドウインドウは樹脂製へと置き換えられることで、ベース車両(3.0)に比較すると136kgもの軽量化を達成している、とのこと。

BMW-3.0-CSL (2)

なお、CSLとは「クーペ、スポーツ、ライト(軽量)」の頭文字を組みわせたもので、この三文字が素性を物語っていると言えそうですね。

BMW-3.0-CSL (4)

BMWが「CSL」を復活させると再度明言。GTSとの置き換えにてMモデルの最上位グレードに

| BMWはCSLを復活させる意向 | BMWのスポークスマンが「CSL」モデルの投入を認める発言。 これはオーストラリアのメディア「Drive」に対して語られたもので、昨年9月に続いてBMWはCSL ...

続きを見る

搭載されるエンジンは3.2リッター自然吸気直列6気筒、出力は203PS。

トランスミッションは5速マニュアル、駆動輪はもちろん後輪のみ。

BMW-3.0-CSL (6)

フロントは「シャークノーズ」。

この後、このE9シリーズは「世界で最も美しいクーペのひとつ」と称されるE24世代の6シリーズへと進化することになります。

BMW-3.0-CSL (7)

BMW 3.0CSLのインテリアはこうなっている

そしてこちらは3.0CSLのインテリア。

シートはバケット形状、そしてレザーとモケットが貼られ、トリムにはウッドが採用されています。

BMW-3.0-CSL (3)

意外や(ホモロゲーション取得モデルで、様々な軽量化が施されている割に)リアシートが残されているようですね。

BMW-3.0-CSL (8)

このBMW 3.0CSLのオーナーは6度変わる

なお、ジェイ・ケイがこの3.0CSLを手に入れたのは2008年だそうですが、通算では6人オーナーが代わっている、とのこと。

もともと工場出荷時にはイエローにペイントされていたものの、どこかの段階でこの「ダイヤモンドシュワルツ」へと再塗装されています。

オークション開催元の予想では、最高にて落札価格2000万円を超えるとされ、BMW 3.0CSLは恐ろしい勢いにて価格が上がっているということになりますね。

BMW-3.0-CSL (1)

合わせて読みたい、BMW 3.0CSL関連投稿

生産わずか1,265台のみ、希少なBMW 3.0CSLが競売に。今後の値上がりが有望視され予想では1200万円

1972年製BMW3.0CSLを美しくレストアした個体がオークションに登場予定。 製造はわずか1,265台と少なく、そのため今回の競売でも予想最高落札価格は1200万円ほどとされますが、その希少性を考 ...

続きを見る

【動画】BMWでもっとも刺激的なサウンドを聞け!ワンオフコンセプト「BMW 3.0 CSL オマージュR」のレビューが登場

| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ |この記事のもくじ| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ |BMW 3.0CSLはBMWにとって「一つの資産」こんな ...

続きを見る

【競売】生産わずか57台!BMW最初の「CSL」、3.0CSL"バットモービル"。しかも4台のみしか生産されなかったタイガ・グリーン

| BMWのハイパフォーマンスカーの歴史を語る上では絶対に外せない | 歴史に残る名車といえるBMW 3.0CSLシリーズ2、通称「3.0CSLバットモービル」が米中古車売買サイトBring A Tr ...

続きを見る

参照:Silverstone Auctions

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5