ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】BMW史上もっとも大きく、もっとも重く、最もグリルが大きい「XM」。この得体の知れないクルマがニュルにてテスト中 

投稿日:

【動画】BMW史上もっとも大きく、もっとも重く、最もグリルが大きい「XM」。この得体の知れないクルマがニュルにてテスト中

| BMW XMは色々な意味で話題になるかと思われるが、それこそがBMWの狙いであるとも考えられる |

結局のところ、それなりに売れてBMWが正しかったと証明されるのかもしれない

さて、BMW M社の50周年記念モデル、XMがニュルブルクリンク近郊にあるBMWの施設から出入りする様子、そしてニュルブルクリンクを走る様子がYoutube上へと公開。

このBMW XM(コンセプトXVの市販バージョン)はハイブリッドパワートレーン搭載によって「Mモデル史上最高出力の」748PS(エントリーモデルは653PS)を誇ると言われていますが、パワーよりも何よりも、一番の話題となっているのはそのルックス。

一応SUVに分類されるものの、多くの人々の理解を超えたルックスが物議を醸しているわけですね。

なぜBMWは50周年の折にSUVを発売するのか

そこで気になるのが「なぜBMW Mは、50周年という記念の折に、新型スポーツカーではなく、SUVを専売モデルとして投入したのか」。

これについてはBMW M部門のボスであるフランク・ファン・ミール氏が「現在、もっとも市場や消費者、もちろんBMWにとっても重要なのはSUVだから」とコメントしており、現在の自動車市場においてもっともアピールでき、プレゼンスを高めることができるのはSUVしかないと判断したのだということがわかります。

BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える
BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える

| その答えはあまりにシンプル、そして理解ができるものであったが、一方でこの回答を聞きたくなかったような気もする |この記事のもくじ| その答えはあまりにシンプル、そして理解ができるものであったが、一 ...

続きを見る

そしてここ最近、このXMがニュルブルクリンクを走る姿が動画や画像に収められているわけですが、この画像を見てもその大きさをアリアリと実感することになり、実際にホイールは23インチ、全幅は2.2メートルという巨大なクルマ。

BMW XMは「BMW史上で初」づくし

このBMW XMのパワートレーンにつき、4.4リッターV8ツインターボエンジンとハイブリッドシステムとが組み合わせられることになりますが、その車体重量はなんと2700kgに達すると言われ、BMW史上もっともパワフルなクルマであるだけではなく、「最も重い(ピュアエレクトリックカーであるi7 xDrive60よりも重い)」クルマというのもまた驚きです。※さらに、キドニーグリルもBMW史上最大となるらしい

ちなみにXMはBMW M社の歴史上、M1に次いで「2台目の」M専売モデルとなるものの、(BMWがあちこちに盛り込んだM1へのオマージュにかかわらず)ボディ形状、重量などすべてにおいてM1との共通性を見つけだすことは難しく、しかしこれもまた「時代の流れ」なのかもしれません。

現時点でXMのスペック等については確定していませんが、トランスミッションはおなじみZF製の8速オートマチック、そして一回の満充電によってエレクトリックモードでは48~80キロの走行が可能だといい、48ボルトシステムにて駆動するアクティブ・アンチロールバーを備える、とも。

たしかにニュルブルクリンクを走行するXMのプロトタイプを見ても、その車高の高さ、そして重量にもかかわらずロールがかなり小さいようにも思えます。

ただ、このXMの試作車が走る様子を動画に収めたスパイフォトグラファーのうち数名は「その動きは、Mモデルのフラッグシップに相応しいとは思えない」ともコメントしており、ここからBMWがどのようにセットアップを行い、どれくらいのパフォーマンスを発揮させるのかに注目したいところですね。

参考までにですが、最近のBMWについてなにかとデザインが非難の対象となっていて、しかし実際には「イヤよイヤよも好きのうち」なのか、実際の数値としてha[BMWが好調」であることも証明されており、となると「非難」、までもがBMWの計略のうちであり、ぼくらはまんまとその策に乗せられているだけなのかもしれません。

こちらもCHECK

BMWのステアリングホイール
BMWが2021年に221万台を販売し過去最高の販売台数を記録!チップ不足のなかでも納車を進め5年ぶりにメルセデス・ベンツを高級車セグメントの王座から追い落とすことに

| なんだかんだ言ってBMWの「巨大キドニーグリル」の評判はけっこういいんじゃないか |この記事のもくじ| なんだかんだ言ってBMWの「巨大キドニーグリル」の評判はけっこういいんじゃないか |2021 ...

続きを見る

BMW XMのプロトタイプがニュルブルクリンクを走る動画はこちら

合わせて読みたい、BMW XM関連投稿

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ
キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 |この記事のもくじ| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW X ...

続きを見る

BMW
BMWのデザイナー「なぜ4シリーズや7シリーズには奇抜なデザインを採用し、3シリーズや5シリーズは普通なのか」

| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |この記事のもくじ| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |実際、BMWの販売台数は大きく伸び、BMWが正しかったこ ...

続きを見る

【動画】まいったな、BMWが何を言いたいのかわからなくなってきたぞ・・・。コンセプトXMのあまりの衝撃に加え、さらに理解を不能にするシュールな動画が公開
【動画】まいったな、BMWが何を言いたいのかわからなくなってきたぞ・・・。コンセプトXMのあまりの衝撃に加え、さらに理解を不能にするシュールな動画が公開

| BMW コンセプトXMについてはもはや多くの人が「何も言えない」状態となっているようだ |この記事のもくじ| BMW コンセプトXMについてはもはや多くの人が「何も言えない」状態となっているようだ ...

続きを見る

参照:Carspotter Jeroen

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5