ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデスAMG Oneがニュルを走る!年始と言われる最速タイムへのアタックに向けて調整開始?やはりこのあたりで実力を見せておかないとな・・・

投稿日:2022/08/06 更新日:

メルセデスAMG Oneがニュルを走る!年始と言われる最速タイムへのアタックに向けて調整開始?やはりこのあたりで実力を見せておかないとな・・・

| 以前のプロトタイプに比較すると走行ペースはずいぶん速くなっているようだ |

実際にどれくらいのタイムを出せるのかは非常に気になる

さて、苦節5年の開発期間を経てついに発売されることとなったメルセデスAMG One。

これはF1マシンに積まれるエンジンを調整して市販車に搭載するという、ほかに例を見ないプロジェクトの産物であり、そしてF1マシン用のエンジンを使用することは想像よりも遥かに難しかったもよう。

実際のところ、メルセデスAMGのスタッフがメルセデス・ベンツの重役に対し「いいアイデアがあるんですよ。F1のエンジンを載せたハイパーカーを作ったらポルシェなんか目じゃないっスよ」といった感じでプレゼンを行い、そして重役は「おっしゃ、それで行こう」とGOサインを出してしまい、しかしその重役(今はメルセデス・ベンツCEO)からは「なんであのとき企画をOKしたんだろうな・・・」と後悔したという話も聞かれます。

Mercedes-AMG-One (7)

メルセデスAMGは間違いなくAMG Oneでニュルに挑戦するだろう

そしてこのメルセデスAMG Oneの開発段階から掲げられていたのが「ニュルブルクリンク最速記録」の更新。

現在のニュルブルクリンク(市販車)最速記録はメルセデスAMG GTブラックシリーズが持っていますが、その前にはポルシェ911GT2が王座に君臨しており、しかし王座を奪われたポルシェは911GT2 RSにオプションパーツ「MRキット(ニュルブルクリンクのアタック専用キットと考えてもいい)」を装着してなんとかメルセデスAMG GT ブラックシリーズの記録を塗り替えることに。

ただしこれはさすがに反則だろうと考える向きも多く、よってぼくの作成しているランキングでもこれはノーカウント扱いです。

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ
【随時更新】ニュルブルクリンクのラップタイム最新版。ランキング100位までを見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮この記事のもくじこの2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮ニュルブルクリンクのタイム計測方法は2020年から変更それではニュル ...

続きを見る

このほか、ポルシェとメルセデスAMGは「ニュル最速サルーン」の座をかけてパナメーラ、そしてAMG GT 4ドアクーペにて争いを繰り広げており、とにかくメルセデスAMGは「ニュル最速」に相当なこだわりを(ポルシェ同様に)持っているわけですね。

メルセデスAMG GTブラックシリーズ
メルセデスAMGがポルシェ911GT2RS MRの「ニュル最速」にチクリ!「我々のノーマル車に、特別なキットを装着してまで対抗したことにおめでとうと言いたい」

| ポルシェはもうちょっと待てば新型911GT3RSでニュル最速を獲得できたようにも思えるが |この記事のもくじ| ポルシェはもうちょっと待てば新型911GT3RSでニュル最速を獲得できたようにも思え ...

続きを見る

そしてメルセデスAMG Oneはニュルブルクリンクにてテスト中

そこで今回もまたニュルブルクリンクにてメルセデスAMG Oneが目撃されており、ただしこれは最速記録に挑戦しているわけではなく(年明けと言われる)記録挑戦へ向けての調整だと考えられます。

Mercedes-AMG-One (4)

メルセデスAMG Oneに搭載されるF1由来の1.6リッターV6ターボエンジンのレッドラインは11,000rpm、その出力は566馬力、そしてクランクシャフトに取り付けられたエレクトリックモーター(161馬力)、ターボチャージャーに内蔵されたエレクトリックモーター(121馬力)、フロントアクスルにセットされた前輪駆動用のエレクトリックモーター(2個で322馬力)によって合計1,063馬力を発生しますが、問題なのはメルセデスAMG Oneの「車体重量」で、予定していたよりも650kgも重くなってしまい、そのパフォーマンスには疑問を呈するオーナーも。

Mercedes-AMG-One (8)

メルセデスAMG Oneを注文したオーナー「重量1100kgと聞いていたのに実際は1750kg。200km/hまでの加速も5.5秒のはずが7秒。価格に見合わないクルマを買わされた」
メルセデスAMG Oneを注文したオーナー「重量1100kgと聞いていたのに実際は1750kg。200km/hまでの加速も5.5秒のはずが7秒。価格に見合わないクルマを買わされた」

| さらには「最大の失望」とコメントし、そして高額なメンテナンス費用に不満も |この記事のもくじ| さらには「最大の失望」とコメントし、そして高額なメンテナンス費用に不満も |ここまで予定と異なれば、 ...

続きを見る

今回の動画では、一般道からニュルブルクリンクに入ってゆくメルセデスAMG Oneの様子を捉えていますが・・・。

Mercedes-AMG-One (6)

けっこう近くでの撮影も行っており、パネルの注意書きも記録されています。

Mercedes-AMG-One (3)

インテリアもちょっとだけですが収められることに。

Mercedes-AMG-One (5)

そしてこのプロトタイプはニュルブルクリンクを果敢に攻め、しかしちょっと前とは異なってけっこうなハイペースで走行していて、記録達成に向けて前進したこともわかります。

この1,063馬力という数字をもってすれば、「わずか」700馬力のポルシェ911GT2RSの記録を更新することは難しくないかもしれませんが、多くの自動車メーカーが指標として用いるニュルブルクリンク北コースは20.6キロ(もしくは20.8キロ)という長丁場であり、すべてのコーナーをミスなく駆け抜けねば記録を残すことはできず、つまり実際には「非常に困難」ということに。

Mercedes-AMG-One (2)

実際のところ、記録に挑戦すると公言つつも達成できなかったクルマにはケーニグセグOne:1(クラッシュ)、テスラ・モデルSプレッドなどがあり、いかに速いマシンをもってしても「安定して速く走ることができなければ」タイムを出せないのがニュルブルクリンクということになりますね。

そしてメージャーメーカーがいわゆる「ハイパーカー」でニュルブルクリンク最速を目指す例はポルシェ981スパイダー以来でもあり、いったいどれくらいの速さを見せてくれるのかに注目が集まります。

メルセデスAMG Oneがニュルブルクリンクに登場する動画はこちら

合わせて読みたい、メルセデスAMG One関連投稿

ちょっと待った!メルセデスAMG Oneはアメリカでは登録できないことが判明。現時点で確実に登録できるのは欧州のみ
ちょっと待った!メルセデスAMG Oneはアメリカでは登録できないことが判明。現時点で確実に登録できるのは欧州のみ

| さすがにアメリカの納車待ちオーナーたちは心中穏やかではないと思う |この記事のもくじ| さすがにアメリカの納車待ちオーナーたちは心中穏やかではないと思う |ようやく発売となったものの、まさかの結末 ...

続きを見る

なぜだッ!メルセデスAMG Oneがホッケンハイムを走る動画が公開されるもタイムは非公開。AMGはサーキット走行に絶対の自信を見せていたが
なぜだッ!メルセデスAMG Oneがホッケンハイムを走る動画が公開されるもタイムは非公開。AMGはサーキット走行に絶対の自信を見せていたが

| 今後、ニュルブルクリンクにて驚愕のタイムを叩き出すことに期待したい |この記事のもくじ| 今後、ニュルブルクリンクにて驚愕のタイムを叩き出すことに期待したい |まさかAMG GTブラックシリーズよ ...

続きを見る

開発に5年、「F1マシンの技術を公道で楽しめる」メルセデスAMG One市販モデルがついに公開!価格は3億円、出力1063馬力のハイパーカー
開発に5年、「F1マシンの技術を公道で楽しめる」メルセデスAMG One市販モデルがついに公開!価格は3億円、出力1063馬力のハイパーカー

| F1の技術をベースにしながらも、F1にはないアクティブエアロ、前輪トルクベクタリングといった機能も |この記事のもくじ| F1の技術をベースにしながらも、F1にはないアクティブエアロ、前輪トルクベ ...

続きを見る

参照:CarSpyMedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5