>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

ボディカラーがテニスボール色!ロジャー・フェデラーによってデザインされたメルセデス・ベンツAMG GT 63 S Eパフォーマンスが競売に登場

2022/11/17

ボディカラーがテニスボール色!ロジャー・フェデラーによってデザインされたメルセデス・ベンツAMG GT 63 S Eパフォーマンスが競売に登場

| 車両にはロジャー・フェデラーのサイン入り、完全なるワンオフモデル |

オークションでの収益金はすべて慈善団体へ

さて、今回ちょっと変わったコラボレーションによるワンオフモデルが登場し、この個体は引退したばかりの元世界ランク1位プロテニス選手、ロジャー・フェデラーとメルセデス・ベンツによるものです。※ロジャー・フェデラーは長年メルセデス・ベンツのアンバサダーとして活躍してきた

これは2022年型メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスをベースとしており、11月下旬に開催されるオークションへと出品され、最高で25万ユーロ(約3500万円)にて落札されるのでは、と報じられています。

メルセデスAMG史上最強の831馬力!AMG GT ブラックシリーズよりも加速が速い「AMG GT 63S Eパフォーマンス」発表
メルセデスAMG史上最強の831馬力!AMG GT ブラックシリーズよりも加速が速い「AMG GT 63S Eパフォーマンス」発表

| その驚愕のパフォーマンスに比較してAMG GT 63S Eパフォーマンスのルックスは「大人しめ」 | ハイブリッド化は「パワー獲得のため」であって「燃費向上のため」ではない さて、メルセデス・ベン ...

続きを見る

ロジャー・フェデラーがメルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスをデザイン

なお、このメルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスはロジャー・フェデラーとメルセデス・ベンツによってデザインされたことが最大の特徴で、ボディカラーはテニスボールの色に近い「エレクトリックビーム」。

Mercedes-AMG-GT-63-S-E-Performance-17

そして何よりその価値を高めているのはロジャー・フェデラーのサインだといい、オークションの運営はRMサザビーズによって行われ、売却益は全てロンドンのチャリティ・パブリック・テニス・プロジェクトに寄付されるようですね。

2

一方でインテリアには見たところ変化がないように見えます。。

Mercedes-AMG-GT-63-S-E-Performance-3

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスはこんなクルマ

このメルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンスは、4.0リッターツインターボV8エンジンを搭載し、リアアクスルに電気モーターを組み合わせており、このモーターは電動シフト式2速トランスミッションと電子制御式リミテッドスリップディファレンシャルとともに後輪を駆動。

1

このセットアップによってメルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスは最高出力831ps、最大トルク1,400Nm以上という、ラグジュアリーセダンとしては(もしろんスーパーカーまで含めても)驚異的な数値を達成することに。

4

メルセデスAMG GT 63 Eパフォーマンスに搭載されるバッテリーは、メルセデスAMG F1チームのパワートレーン部門との共同開発だとされ、バッテリー単体での重量は89kg、モーターとの組み合わせで204PSを発生し、つまりは「燃費性能改善のためのハイブリッド」ではなく「パフォーマンス向上のためにハイブリッドを積んだ」クルマだと捉えるのが正しいのかもしれません。

Mercedes-AMG-GT-63-S-E-Performance-7

実際のところそのパフォーマンスは時速100kmまでの加速わずか2.9秒(AMG GTブラックシリーズよりも速い)、最高速度は時速316kmという、これまたスーパーカーもびっくりな数字です。

Mercedes-AMG-GT-63-S-E-Performance-9

ちなみにメルセデスAMG GT 63 Eパフォーマンスでは、そのエレクトリックパワーのほぼすべてを「パフォーマンス」に振り分けたものと思われ、そのためピュアエレクトリックモードでの走行距離はわずか12キロ程度(多くのPHEV(は40~70キロ程度の走行ができる)となっていますが、こういった割り切りがむしろメルセデスAMGの意思を強く表しているように思います。

あわせて読みたい、メルセデス・ベンツ「Eパフォーマンス」関連投稿

メルセデス・ベンツがAMG GT 63S Eパフォーマンスに「スペシャルエディション」設定!専用ボディカラーに専用装備、そして価格は「AMG Oneに次ぐAMGで二番目に高価」
メルセデス・ベンツがAMG GT 63S Eパフォーマンスに「スペシャルエディション」設定!専用ボディカラーに専用装備、そして価格は「AMG Oneに次ぐAMGで二番目に高価」

| メルセデスAMG GT 4ドアクーペはいまひとつ存在感が薄い | 現在のところAMG GT 4ドアクーペは「ニュル最速サルーン」 さて、いまひとつ盛り上がらないメルセデスAMG GT 4ドアクーペ ...

続きを見る

まるで改造車並みのド迫力!メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス F1エディション発表、ボディカラーは「グラデーション」にレッドアクセント
まるで改造車並みのド迫力!メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス F1エディション発表、ボディカラーは「グラデーション」にレッドアクセント

| なぜかはわからないがメルセデスF1チームの「グリーン」は使用されていない | 現時点では価格や限定台数は不明、ただしかなり高価なのは間違いないだろう さて、ここ最近のメルセデスAMGは「なんとかエ ...

続きを見る

驚愕の680馬力、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス発表!C63初の4気筒、ハイブリッド、4WD、4WSなど新機軸を盛り込んだゲームチェンジャー
驚愕の680馬力、新型メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス発表!C63初の4気筒、ハイブリッド、4WD、4WSなど新機軸を盛り込んだゲームチェンジャー

| 正直、メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンスがここまで革新的なクルマになるとは想像しなかった | メルセデスAMGは「AMG One」を通じ、電動化をパフォーマンスに結びつける方程式を見つ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN(intensive911)

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , ,