ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG) ■近況について

新型メルセデスAMG SL43を見てきた!デザイン言語「官能的純粋」を極限にまで昇華させた妖艶なるロードスター【動画】

投稿日:

新型メルセデスAMG SL43を見てきた!デザイン言語「官能的純粋」を極限にまで昇華させた妖艶なるロードスター【動画】

| 印象としては現行AMG GT ロードスターにかなり近い |

現行デザイン言語の使用期間はかなり長く、そのため「見慣れた感」が出てしまうのもまた事実

さて、新型メルセデスAMG SLを見にメルセデスミー大阪へ。

新型メルセデスAMG SLは「メルセデス・ベンツ」から「メルセデスAMG」へとブランドが移されたことが大きなトピックで、これは次期メルセデスAMG GTと共通した車体を持つこと、そのために開発がAMG主導にて行われたことが理由だとアナウンスされています。

新型メルセデスAMG SLついに発表!70年におよぶSL史上はじめて4WDを採用するも「原点回帰」を目指して軽快さと運動性能を追求
新型メルセデスAMG SLついに発表!70年におよぶSL史上はじめて4WDを採用するも「原点回帰」を目指して軽快さと運動性能を追求

| 今回の新型メルセデスAMG SLには見どころが多い |この記事のもくじ| 今回の新型メルセデスAMG SLには見どころが多い |新型メルセデスAMG SLがこれまでで「最高のSL」であることは間違 ...

続きを見る

現在、日本市場へと投入されるのは2リッターの「メルセデスAMG SL43」のみ

この新型メルセデスAMG SLにつき、現在のところ日本だと「SL43」のみのラインナップとなっていて、パワートレインは2リッター4気筒エンジン(M139)+マイルドハイブリッド。

ただし「2リッター」といえどもその実力は侮れず、6,750回転にて381馬力という驚異的な出力を発生させ、3,250回転から5,000回転までの間にて480Nmという(5リッター自然吸気エンジン並みの)トルクを発生させます。

L1500435

さらには48Vマイルドハイブリッドシステムを採用しており、最大で14馬力の(エレクトリックモーターによる)アシストを行うことが可能です。

なおトランスミッションは9速MCT、駆動輪は後輪のみ、そして価格は16,480,000円から。

L1500413

メルセデス・ベンツが新型AMG SL43を発表!F1由来の電動ターボ技術を採用、2リッタ-4気筒ながらも381馬力、0-100キロ加速はポルシェ911カレラ カブリオレよりも優れる数値に
メルセデス・ベンツが新型AMG SL43を発表!F1由来の電動ターボ技術を採用、2リッタ-4気筒ながらも381馬力、0-100キロ加速はポルシェ911カレラ カブリオレよりも優れる数値に

| ボクは未だに新型メルセデスAMG SLが「SLであること」に慣れない |この記事のもくじ| ボクは未だに新型メルセデスAMG SLが「SLであること」に慣れない |ただし実際には非常に優れたクルマ ...

続きを見る

新型AMG SL43は全長4,700ミリ、全幅1,910ミリ、全高1,370ミリというボディサイズを持ちますが、ボディ四隅が絞り込まれ、キャビンが小さく、そしてボディ下部も絞り込まれているためにかなりコンパクトという印象です。

なお、SLというと「デカい」「立派」という印象があるせいか、見に来ていた人の多くは「これがSL?」という驚きを隠せず、これまでとのSLとの相違に戸惑っていたもよう。

たしかにこれまでのSLのような重厚さはなく、ぼくとしてもやや違和感を感じないでもないですが、それもすぐに慣れてしまうのだと思われます。

L1500412

新型メルセデスAMG SLに用いられるデザイン言語も「官能的純粋」

ここ数年(というかけっこう長い間)メルセデス・ベンツはそのデザイン言語に「官能的純粋」なるものを採用していますが、これはできるだけ段差や明確なプレスラインを避け、なめらかなボディ表面を実現しようというもので、その最新版たるメルセデスAMG SLでは、その滑らかさがある意味では頂点に達しているように思われ、とくにリアはこんな感じでツルッツル。

L1500378

リアスカートも極力段差を廃したデザインを持っていますね。

L1500376

リアから見ると、その丸いリアエンド、そしてなめらかなリアフェンダーにかけてのデザインが「妖艶に」すら感じられます。

L1500382

リアウイングはポップアップ式。

L1500381

なお、このボディカラーは「AMGモンツァグレーマグノ」と命名されたマットペイントで、ややブラウンの入ったグレーという印象。

L1500331

インテリアはブラックのナッパレザーですが、施錠展示のためディティールを確認できず。

L1500390

ただしリアシートがけっこう広いということは十分に伝わり(そのために展示車のシートバックを前に倒しているのかも)、メルセデスAMG SLが「2シーターのAMG GTと車体を共有している」という事実にも驚かされます(よく、この2車を作り分けることができたと思う)。

L1500393

ソフトトップは「レッド」。

トップ周辺のパネルがブラックなので一瞬「ツートーンルーフ」のようにも見えますね。

L1500361

新型メルセデスAMG SLのトップはハードトップからソフトトップへと戻されており、これは主に(トップ)収納スペースの問題だと言われ、しかしソフトトップ採用によってエレガントなルックスを演出でき(ポルシェやランボルギーニはこの理由からソフトトップを採用している)、かつトップのカラーとボディカラーとの組み合わせについては自由度が増すことになるため、ぼくとしては非常に歓迎したいところです。

L1500419

フロントウインドウはかなりコンパクト(とくに天地が低い)。

ただし現行AMG GTほど「立って」いないように思われ、となると次世代メルセデスAMG GTのフロントスクリーンもこれくらいの角度になるのかも。

L1500396

ホイールは最近のメルセデスAMGが好んで用いる「エアロ」タイプ。

L1500384

フロントはおなじみシャークノーズ。

L1500347

テールランプ内のブロックはかなり細かい形状。

L1500380

一方でヘッドライト内部構造は近年のメルセデス・ベンツに比較するとけっこうシンプルに。

L1500344

この他の画像はFacebookページのアルバム「メルセデスAMG SL43 / Mercedes AMG SL43」に保存中(89枚)。

新型メルセデスAMG SL43を見てきた際の動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG), ■近況について
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5