ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

韓国のデザイナーが2040年モデルのメルセデス・ベンツW196Rストリームライナーを公開

投稿日:2017/01/28 更新日:

韓国のデザイナーが2040年モデルのメルセデス・ベンツW196R"ストリームライナー"スタディを発表。
もともとのストリームライナーは1954年と1955年にメルセデス・ベンツがF1に参戦させていたレーシングカーですが、12戦中9勝という驚異的な成績を残しています(ファン・エマヌエル・ファンジオのドライブでチャンピオンシップ獲得)。

なおオリジナルのW196には流線型ボディを身にまとうストリームライナー、そしてもっと(当時の)F1マシンっぽい葉巻型ボディの二種類があり、今回のレンダリングはその名の通り「流線型の」W196へのオマージュとなっています。
※W196Rは当時のストリームライナーの社内開発コード

動力源は不明で、ジェットエンジンのようなものも車体後部に見えますが、ホイールとホイールアーチとの間も極点に小さく、「タイヤ」以外の何かで走ることを想定しているのかもしれません。

なおメルセデス・ベンツは幾つかのモデルにおいて「ジェット機バーナー風の」エアコン吹き出し口デザインを採用しており、今回のレンダリングのようなジェット機モチーフは「アリ」なのかもですね。

レンダリングではウインドウスクリーンが異常に小さく、より「ジェットストリーム」を強調したデザインとなっており、大きなシャークフィンも採用されています。

なおこちらが当時のW196。
左がストリームライナー、右がオープンホイールですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5