ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】ポルシェ718ケイマン”T”のプロトタイプが走行中。このサウンドはやはりNAではなくターボエンジン?

投稿日:2018/12/16 更新日:

718ケイマンTは2〜2.5リッターターボエンジン搭載というウワサだが

ポルシェ718ケイマンTと見られるプロトタイプがニュルブルクリンクを走行中。
718ケイマンTは、サーキットにフォーカスしたモデルといえども「ケイマンGT4」ほどハードコアではなく、パワーよりも「ハンドリングに特化した」と考えられるモデル。

ポルシェからはまだ何のアナウンスもありませんが、エンジンは2.5もしくは2リッターターボ採用にて360馬力を発生し、ケイマンSに比較して30キロほど軽量化される、というウワサ。

テールパイプは自然吸気エンジンを持つケイマンGT4同様

ただし、「911カレラT」が911カレラと911カレラSとの間に収まるのとは異なり、718ケイマンTは718ケイマンと718ケイマンSとの間ではなく、「718ケイマンSと718ケイマンGTSとの間」に位置する、と言われるモデル。

そのためかフロントは718ケイマンGTSと同じと思われるフロントバンパーが与えられており、見た目としても718ケイマン/718ケイマンSとは差別化が図られる模様。

ポルシェ・ケイマンTの「軽量化、パワーアップ」はアルピーヌA110対策?その軽さは侮れない

ただ、今回の動画を見て気づくのは「テールパイプがケイマンGT4とよく似た位置にある」ということですが、現在のところ、この位置にテールパイプを持つのは自然吸気エンジンを持つケイマンGT4のみ。

そうなると、このケイマンTについても「自然吸気エンジン搭載なのでは」とつい考えてしまいますよね。

実際にサーキットを走っている時、つまりエンジン高回転時の澄んだサウンドを聞いていると「自然吸気エンジンなのでは」という気もしますが、そのあとニュルブルクリンクから走り去る時の音を聞くと(低く太く、こもったような音なので)「やっぱりターボエンジン」。

それでもディフューザー含めてエアロパッケージの一部が変更されるようでもあり、発表時の「サプライズ」に期待したいと思います。

なお、911カレラTは専用のサイドグラフィックを持ちますが、718ケイマンTもこれと同様のストライプが入るのか、もしくは新デザインのストライプが入るのかも気になるところですね。

911のベストバイ・グレード?軽量シンプルなポルシェ「911カレラT」登場

VIA:Automotive Mike

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5