ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型ポルシェ911GT3ツーリングの最新スパイフォト!ほぼ偽装が外れ、新デザインの超軽量ホイールを装着

投稿日:2020/08/07 更新日:

| ウイングなしの911Gt3はけっこう需要が多い? |

新型ポルシェ911GT3の開発も大詰めと思われるところ、今回は「911GT3ツーリング」と思われるプロトタイプが目撃に。

911GT3”ツーリング”とは、平たく言えば911GT3からリアウイングを取り去ったクルマであり、「見た目シックな911GT3」。

そのルーツは991世代の「911R」に端を発し、911Rは「リアウイングがなく、シンプルなスタイルを持つ911GT3スペックを持つクルマ」として発売されています。

そして当時は「唯一マニュアル・トランスミッションで乗れるGT3スペックの911」ということもあって異常な人気を博し、一時は「億」という価格のプレミアをつけるに至ってしまい、それを抑制するためポルシェが投入したのが「限定モデルではなく、通常ラインアップとしての911Rっぽいクルマ」であり、これが初代911GT3ツーリングだったわけですね。

ただ、ウイングのないシックな911を求める人々はけっこう多かったと見え、この911GT3ツーリングは隠れた人気車となり、992世代においても「継続」されるということになったのだと思われます。

今回のプロトタイプはほぼ偽装ナシ

そして今回目撃された911GT3ツーリングと思われるプロトタイプはほぼ偽装ナシ。

フロントフードの一部、そしてリアバンパー下部左右には若干のカモフラージュが残るものの、ほぼ市販時の姿そのままと考えて良いかのかもしれません。

そしておそらく、テールランプ中央の偽装の下には「PORSCHE」文字、バンパーサイドにはエアアウトレットが隠されていると考えて良さそう。

なお、フロントバンパー、フロントフード、サイドステップは「専用デザイン」で、フロントバンパーはレーシングカーである911RSRSに近いデザインですね。

Porsche-911-GT3-Touring-16

そして積まれるエンジンは4リッター・フラットシックス、そして自然吸気だと予想され、おそらくは550馬力程度を発生すると思われます。

トランスミッションはマニュアル・トランスミッション(6速)と8速PDKが用意されるという見方が大半。

Porsche-911-GT3-Touring-4

ブレーキキャリパーは(イエローではなく)レッドですが、ローターの色そしてハウジングを見るに「カーボンセラミック」ローターが採用されているようで、そしてブレーキキャリパーの位置が「ちょっとだけ下」に移動している模様。

Porsche-911-GT3-Touring-9

そして今回のプロトタイプにおいて目を引くのは「ホイール」。

スポークが細く、かつスポークの側面にも肉抜きが施されており、相当に軽いであろうということもわかりますね。

Porsche-911-GT3-Touring-12

なお、最近BMWがM5向けのオプションとして「3Dスポーク」採用の軽量ホイールを発表していますが、今回の911GT3ツーリングに採用されているホイールも(穴は空いていないものの)よく似た構造を持つということに。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (17)

現在ポルシェからはなんら発表はないものの、おそらく新型911GT3は9月に発表されると言われており、あと1ヶ月ほどに迫った正式発表を楽しみに待ちたいと思います。

Porsche-911-GT3-Touring-15

今度は新型ポルシェ911GT3”ツーリング”の試作車がニュルを周回中。ウイングが無いぶん低く見えてカッコいいぞ

| ボクはどちらかというとウイングのない911ツーリングのほうが好みだ |この記事のもくじ| ボクはどちらかというとウイングのない911ツーリングのほうが好みだ |911GT3ツーリングは意外と人気だ ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5