ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

【動画】ポルシェ・カレラGTにて「公道で」最高速を試す男が現れた!6速レブリミット手前で313km/hを記録、このまま踏めば330km/hも達成できそう

投稿日:2021/11/08 更新日:

【動画】ポルシェ・カレラGTにて「公道で」最高速を試す男が現れた!6速レブリミット手前で313km/hを記録、このまま踏めば330km/hも達成できそう

| さすがポルシェの実力は時間が経過しても色褪せなかった |

そしてカレラGTは極めて運転が難しいクルマとしても知られている

さて、自動車専門のテスト&撮影会社、AutoTopがポルシェ・カレラGTを「公道で」最高速テスト。

カレラGTは2003年に発売された「ハイパーカーのはしり」とも言えるクルマで、車体構造はカーボン製モノコック、サスペンションは前後ダブルウイッシュボーン(インボード式)というレーシングカーばりの構造を持っています。

それもそのはずで、もともとはル・マン24時間レース用に開発されたと言われており、しかし諸事情によって出場の機会が奪われたため、ポルシェはその開発コストを吸収しようと急遽「ロードカーへと」スイッチさせて発売しています。

搭載されるエンジンは5.7リッターV10

ポルシェ・カレラGTに積まれるエンジンは5.7リッターV10、出力は612馬力、そしてレクサスLFAとならび「世界で最も美しいサウンドを発するV10エンジン」だとも言われていますね。

そしてこれに組み合わせられるのは6速マニュアル・トランスミッションですが、クラッチが異常に重いとされ、これがカレラGTの運転を困難にしている理由のひとつだとも言われます。

2021-11-07 20.23.02

予定生産台数は5,000台、しかし実際には予定に届かず1,270台に終わるという、今では考えづらい状況ではあるものの、後年になって再評価の機運が高まり、現在では1億5000万円を超える価格をつける個体もチラホラ登場しています(新車時の価格は当時の為替レートで6,000万円くらいだった。ちなみに支払いはユーロのみ)。

2021-11-07 20.23.14

やっぱりカレラGTは速かった

そして実際にAutoTopはカレラGTを(公道で}走行させており、しかしここでは思いっきりアクセルを踏んでいます。

2021-11-07 20.24.27

各ギアのレブリミット(公称値では8,000回転だが、メーターを見るに、レッドは8,200回転となっているようだ)まできっちり踏んでいるのはさすがといったところですね。

2021-11-07 20.24.54

そして6速では313km/hを記録しており(GPSのデータだと309km/h)、ただしレッドゾーンまではあと少し回転数を残しているので、公称値である最高速「330km/h」を突破するのは間違いなさそう。

ちなみにそうとうに安定した姿勢を保っており、改めてカレラGTのパフォーマンスには驚かされます。

2021-11-07 20.24.05

ポルシェ・カレラGTが公道で最高速をテストする動画はこちら

合わせて読みたい、カレラGT関連投稿

現在出品中のポルシェ・カレラGTが「史上最高額を記録しそう」に。電動化時代を前にカレラGTのピュアさがようやく正当に評価されるようになった?
現在出品中のポルシェ・カレラGTが「史上最高額を記録しそう」に。電動化時代を前にカレラGTのピュアさがようやく正当に評価されるようになった?

続きを見る

まさかのポルシェ・カレラGTが6台編隊走行!そのうちの2台は直管仕様
【動画】まさかのポルシェ・カレラGTが6台編隊走行!そのうちの2台は直管仕様。世界で最も美しいサウンドのひとつと言われる排気音を聴いてみよう

続きを見る

【動画】あのザガートがポルシェ・カレラGTをベースに6台のみ製作した「カレラGTZ」なるクルマがあった!

続きを見る

参照:AutoTopNL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5