ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

【動画】祖父の死後、40年近くも納屋に眠っていたポルシェ911が発見される。孫は多数の高額購入オファーを断り、自ら修復して再び走らせることを決意

投稿日:2021/11/13 更新日:

【動画】祖父の死後、40年近くも納屋に眠っていたポルシェ911が発見される。孫は多数の高額購入オファーを断り、自ら修復して再び走らせることを決意

| 所有者は祖父のみのワンオーナー、程度は「極上」と言っていい |

中には3400万円程度の購入オファーもあったというが

さて、世の中には多数の「納屋から発見された希少なクルマ」という話で溢れていますが、今回の1967年製ポルシェ911Sもそのひとつ。

今回その911Sの外装をメンテナンスすることになったアイアム・ディティーリングによると、このポルシェ911Sは1982年以降ずっと納屋の中に保管されており、持ち主が亡くなった後、その孫がこのポルシェ911Sを発見したのだそう。

2021-11-12 19.44.01

なぜ40年近くも納屋の中に?

そこでいつものように疑問に感じるのが「なぜ40年近くも納屋の中に?」ということ。

まず、このポルシェ911Sは発見者の祖父が1967年に新車で購入し、その後1982年までの間に9万マイルをともに走ることとなりますが、その後ちょっとした事故にあい、そのままこの911Sをずっと納屋に保管していた、と紹介されています。

2021-11-12 19.44.33

たしかに右ヘッドライトのレンズが割れていたりといった破損も見られ、しかし全体的には非常に優れたコンデイションを保っているように見えます。

11-12 19.44.24

そしてこの911Sが発見されたと報じられると、希少なワンオーナーの911Sということで多数の購入希望が舞い込み、中には3400万円ほどの申し出もあったそうですが、この孫はそういったオファーをすべて断って自らこの911を修理し、祖父が乗っていた頃の栄光を取り戻すことを決意します。

2021-11-12 19.44.17

ポルシェ911Sを丁寧に磨いてみよう

そこで今回動画をアップしたディティーリング業者の出番となるわけですが、まずは洗車から。

ブワっとフォームを吹き付け・・・。

2021-11-12 19.44.59

ざっと洗うだけでもかなりきれいになります。

2021-11-12 19.45.04

そしてドアミラーやエンブレム、グリルなど外せるものはすべて外し、ポリッシュをかけるための準備を行うことに。

2021-11-12 19.45.41

その後は段差など細かい部分もしっかり磨いてゆきます。

2021-11-12 19.45.48

とにかく磨いて磨いて磨きぬきますが、スタッフの服が何度か変わっているところを見るに、数日かけて作業を行っているようですね。

11-12 19.46.13

奥の方にまで照明を当て、パネルの裏側までしっかり磨きます。

なお、エンジンが抜かれているものの、これについては触れられておらず、もしかすると整備のためにいったん下ろされ、別のところでメンテナンスを受けているのかも。

2021-11-12 19.45.35

おおよそ磨き終わるとこんな感じでけっこうピカピカ。

11-12 19.46.34

クロームのモール類は年月を感じさせない、信じられないほどの美しさを保っています。

2021-11-12 19.46.52

バンパーのモールやテールランプのベゼル、ホイールも新車同様。

2021-11-12 19.46.39

エンジンフードのルーバーも驚異的な美しさ。

2021-11-12 19.46.21

インテリアも驚愕のグッドコンディション。

今後はドライブトレーンの整備、破損した外装パーツの交換などを行うことになるかと思いますが、この様子だと、この911Sが再び路上を走ることができる日が来るのはそう遠くないのかもしれませんね。

021-11-12 19.46.44

納屋で40年近くも眠っていたポルシェ911を洗車して磨く動画はこちら

合わせて読みたい、納屋で発見されたクルマたち

前オーナーが41年間所有し続けたランボルギーニ・ミウラ。その死後ドイツ奥深くの納屋にて発見され、競売にかけられることに。予想最高落札価格は1.4億円

| ドイツの森にて眠っていたミウラ。 ここまで状態の良い個体は珍しい | オークション開催会社、RMサザビーズが、10月にランボルギーニ・ミウラP400Sを競売にかける、と発表。ただしこのミウラは「普 ...

続きを見る

まさか日本で?納屋で発見された、世界に1台の特別なフェラーリ・デイトナ。1972年のカーグラ誌にも登場

| コレクターの間では有名な個体だったそうだが、いつの頃からか行方知れずに | 製造わずか1,200台という希少なフェラーリ・デイトナ(365GTB/4)。生産期間は1969-1973年で、デイトナ2 ...

続きを見る

祖母のガレージからカウンタックとフェラーリ308が出てきた。幸運な男性がその画像と物語を投稿

| 祖父のガレージからランボルギーニとフェラーリが出てきた | 画像掲示板、Redditにて、そのユーザーeriegin氏が「祖母のガレージで、20年以上の間、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ ...

続きを見る

参照:I AM Detailing

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5