ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

映画「バッドボーイ」にてウィル・スミスが運転したポルシェ911ターボ3.6が競売に!個体数の少なさ、その背景から5000万円を突破するのではとの声も

投稿日:2021/11/20 更新日:

映画「バッドボーイ」にてウィル・スミスが運転したポルシェ911ターボ3.6が競売に!個体数の少なさ、その背景から5000万円を突破するのではとの声も

| もともとポルシェ911ターボ3.6は生産台数が少なく、「バッドボーイ」「ウィル・スミス」ともに人気が高い |

どう考えても価格が上がる条件が揃っている

さて、1995年に公開された映画「バッドボーイズ」に登場したブラックのポルシェ911ターボが、2022年1月にフロリダ州にて開催されるオークションに登場することに。

このブラックのポルシェ911ターボは1995年に公開されたバッドボーイズシリーズの第一作「バッドボーイズ」の劇中にて重要な役割を果たし、この作品にて「ポルシェとウィル・スミス」との繋がりができたと言われていて、同シリーズ最新作「バッドボーイズ・フォー・ライフ」でもウィル・スミスとポルシェ911という組み合わせが実現しています(ただしこちらは911カレラ4S)。

さらに米国ではウィル・スミスを起用したタイカンのプロモーション、ポルシェに乗ってドライブインシアターに行き、バッドボーイズ・フォー・ライフを観るというイベントも催されていますね。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (15)

コロナに負けずウィル・スミスを愛でようぞ!ドライブインシアターに250台のポルシェが集まり「バッドボーイズ・フォー・ライフ」を観る

ウィル・スミスを見に250台のポルシェが集まるこの記事のもくじウィル・スミスを見に250台のポルシェが集まる復権の兆しを見せるドライブインシアターかつてと現代では家族の行動様式も異なるこんな記事も読ま ...

続きを見る

実際に劇中に登場したクルマであることは証明済み

なお、このポルシェ911ターボについて、ポルシェそしてコロンビア両方が「実際にバッドボーイズに登場した個体である」ということを証明しているそうですが、もとはというとバッドボーイズを監督したマイケル・ベイの所有物であり、しかしその後映画プロデューサーのパット・サンドストーンにこの911を売却。

2005年に現在のオーナーがこのプロデューサーから譲り受けたという記録が残っています。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (16)

ちなみに劇中でのハイライトはこんな感じで、かなり際どいスタントが印象的。

ポルシェ911ターボ3.6はこんなクルマ

このポルシェ911ターボは964世代のターボ3.6(後期型)で、1993年と1994年にかけ、米国市場向けとしてはわずか350台未満しか生産されなかった希少なクルマ(日本に入ったのはわずか60台程度だとされている)。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (14)

3.6リッター空冷フラットシックスエンジン(M64/50型)は最高出力355ps(265kW / 360PS)、最大トルク520Nmを発揮し、5速マニュアルギアボックスを介して後輪を駆動します。

なお、993世代以降の911ターボは4WD化されており、その意味でも「911ターボ3.6は非常に貴重」だとされていますね。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (13)

911ターボ3.6につき、スタイリング的にはブラックのポリウレタン製ボーダーつき「ターボウイング」、クロームメッキの「turbo 3.6」ロゴ、レッドのテールランプとリアガーニッシュ(PORSCHEロゴつき)、ワイドフェンダー、カップデザインのドアミラー、レッドペイントのブレーキキャリパー(この個体はなぜかブラック)、スピードライン製3ピース18インチホイール、2センチダウンした車高、左右二本出しのオーバルマフラーといった特徴を持っています。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (5)

ブルネイのスルタン発注、現オーナーはジェンソン・バトン!ワンオフ仕様、特別カラーのポルシェ911ターボ3.6が競売に登場。熾烈な入札バトル展開中
【動画】ブルネイのスルタン発注、現オーナーはジェンソン・バトン!ワンオフ仕様、特別カラーのポルシェ911ターボ3.6が競売に登場。熾烈な入札バトル展開中

| 内外装オリジナル、かつ程度良好。これほど理想的な911ターボ3.6もほかにないかもしれない |この記事のもくじ| 内外装オリジナル、かつ程度良好。これほど理想的な911ターボ3.6もほかにないかも ...

続きを見る

こういったカエル顔もこの世代までの特徴ですね。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (4)

この個体は現在のところ走行距離34,396マイル(55,355km)で、画像からもわかるとおり外装、内装ともにコンクールレベルのコンディション。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (10)

2006年にはフルレストアがなされており、2014年にはパインハースト・コンクール・デレガンスをはじめ、2015年のフレンチ・リック・ポルシェ・パレード、2016年のジェイ・ピーク・コンクール・デレガンス、2017年のアメリア・アイランドでの受賞歴があり、2020年にはジョージア州アトランタのポルシェ・エクスペリエンス・センターで8カ月間展示されたことも。

さらに2020年1月には、映画「バッドボーイズ・フォー・ライフ」のプレミアの場ではレッドカーペットに登場した、とのこと。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (2)

このポルシェ911ターボ3.6のインテリアはこうなっている

そしてこのポルシェ911ターボ3.6のインテリアは「ブラック」。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (6)

一度レストアされているということもあって、素晴らしいコンディションを持っていますね。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (8)

トランスミッションはもちろんマニュアル。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (9)

JUN
このシフトノブをウィル・スミスが握ったのか・・・!

ポルシェ911ターボ3.6は「最も少ない」部類の911でもあり、さらにはアメリカ人であれば誰もが知る映画「バッドボーイズ」に登場したということ、そしてウィル・スミスが運転したという事実を考慮するに、このポルシェ911ターボ3.6は最も有名なポルシェ911ターボのひとつと考えて良く、よって「911ターボ3.6史上、もっとも高価な」個体となるのは間違いないと見られており、もしかすると「5000万円を突破するのでは」とも見られています。

Porsche-911-Turbo-Bad-Boys (11)

合わせて読みたい、関連投稿

映画「フォードVSフェラーリ」撮影のため製作された6台のうち、唯一公道走行が可能なフォードGTレプリカが販売
映画「フォードVSフェラーリ」撮影のため製作された6台のうち、唯一公道走行が可能なフォードGTレプリカが販売!証明書も付属し高値での落札が予想

| しかもエンジン、トランスミッションは現代のものが搭載されて実際に乗るのに適していそうだ |この記事のもくじ| しかもエンジン、トランスミッションは現代のものが搭載されて実際に乗るのに適していそうだ ...

続きを見る

【競売】レプリカなのに4400万円で落札!なぜこの”フェラーリ250GTカリフォルニア”はそこまで高額に?

| それは「世界でもっとも有名なフェラーリのレプリカ」だから |この記事のもくじ| それは「世界でもっとも有名なフェラーリのレプリカ」だから |フェラーリはこのレプリカを了承済み?「フェリスはある朝突 ...

続きを見る

トム・クルーズの出世作「卒業白書」で実際にトム・クルーズが運転したポルシェ928が競売に
トム・クルーズの出世作「卒業白書」で実際にトム・クルーズが運転したポルシェ928が競売に!このクルマでMTの運転を覚えたらしい

| そんなトム・クルーズも今ではすっかりカーマニアに |この記事のもくじ| そんなトム・クルーズも今ではすっかりカーマニアに |このポルシェ928は、アメリカだとかなり有名な個体であるようだこのポルシ ...

続きを見る

参照:MECUM Auction

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5