ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】新型ポルシェ「マカンEV」が北極圏でテスト中!マカンと名がつくもののマカンとは完全に異なるエクステリアを持ち、シルエット、ディティールとも別モノに

投稿日:2022/02/09 更新日:

【動画】新型ポルシェ「マカンEV」が北極圏でテスト中!マカンと名がつくもののマカンとは完全に異なるエクステリアを持ち、シルエット、ディティールとも別モノに

| マカンEVが発売されれば、「マカンはもっとも売れているポルシェ」だけに一気に普及しポルシェのEV比率が高まりそう |

ヘッドライトはフロントバンパー内に移動させられているのかも

さて、ポルシェは初のEV「タイカン」を無事軌道に載せたと考えてよく、現在は「911シリーズと同じくらい」の販売台数にまで成長している、と言われます(特定地域ではタイカンは911よりも売れている)。

そして次なるEVとして控えているのが「マカン」であり、この試作車が今回北極圏にて捉えられることに。

なお、マカンEVのプロトタイプは度々目撃されているものの、今回の車両はフロント周りの偽装がやや薄くなっており、おぼろげながらもその姿がわかるようになっています。

ポルシェ
2021年の北米においてタイカンはパナメーラ、718ケイマン/ボクスターの「倍」を売り911に迫る人気を獲得。これによってポルシェのEV比率は13.5%、PHEV含む電動化比率は17%に

| まさかタイカンがここまでヒットするとは思ってもみなかった |この記事のもくじ| まさかタイカンがここまでヒットするとは思ってもみなかった |おそらくポルシェの「EV比率」「電動化比率」は現時点で( ...

続きを見る

現在、マカンEVについてわかっていることは多くない

ポルシェは「タイカンの次に発売するEVはマカン」だと明言しており、よってマカンEVが発売されるのは間違いなく、しかし現在ではそのデザインや価格、スペックなど一切不明。

もともと発表の予定は2021年だったと言われているものの、現時点ではまだ発表がなく、しかし今年中にはなんらかのアナウンスがなされるという話もあるようですね。

5

ちなみに今回の動画を見ると、おおよそのボディ形状を把握できるものの、その姿は「クーペSUV風」。

ルーフが後方にかけてスロープしており、リアウインドウの角度もかなり緩やかに見えます。

カイエンに対する「カイエンクーペ」といったイメージですね。

6

リアエンドは段差がなく(バンパーが出っ張っておらず)張りのある丸い面で構成されています。

リアサイドウインドウのグラフィックはおそらく現行モデルとは異なるものとなりそうで、しかしまだ偽装で覆われているために真の姿は見えない状態です。

なお、ドアハンドルはタイカンのように「フラッシュマウント」ではなく通常の出っ張ったアイロン型ハンドルを採用しており、ここは空気抵抗を重要視するEVということを考慮すると「ちょっと意外」なところ(ただし、市販時にはフラッシュマウントとなるのかもしれない)。

2

テールランプも現行マカンとはやや異なるように見え、ウインカーの発光方法も少し変化があるもよう。

4

なお、ストップランプは「クワッド」のようですね。

1

そしてクワッドというとデイタイムランニングランプもやはりクワッド。

それぞれの発光ユニットは細長く、ウインカーは4つのエレメントがまとめて点灯するようですね。

3

現在のところ最終デザインがどうなるのかはわかりませんが、フロントバンパー上部にグリルはなく、アンダー部分にのみグリルが設けられることになりそう。

ヘッドライトに見える部分はもしかすると「デイタイムランニングランプとウインカーのみ」の機能で、ヘッドライト自体はフロントバンパー左右ダクト内にある発光ユニットなのかもしれませんね。

7

ポルシェ・マカンEVの試作車が北極圏を走行する動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

ポルシェ・マカン(天保山/ナナガン)
ポルシェ・マカン「EV」の航続距離はポルシェ最長、482kmにも達する見込み。なおマスタング・マッハE、テスラ・モデルYに対抗するためだと報じられる

| ポルシェと言えども、北米市場では熾烈な航続距離争いに巻き込まれそうだ |この記事のもくじ| ポルシェと言えども、北米市場では熾烈な航続距離争いに巻き込まれそうだ |航続可能距離は500km近くにマ ...

続きを見る

ポルシェ・カイエン
ポルシェ・カイエンにも「ピュアエレクトリックモデル」登場のウワサ!マカン同様に「エレクトリック版とガソリン版とを併売し」緩やかにピュアEVへと移行させる?

| ポルシェの人事異動によって、カイエンの開発担当がタイカンのプロジェクトリーダーへと入れ替わったようだ |この記事のもくじ| ポルシェの人事異動によって、カイエンの開発担当がタイカンのプロジェクトリ ...

続きを見る

ポルシェ・タイカン
ポルシェが第三四半期の販売台数を発表し、なんとタイカンが911を超えて「3番めに売れた」モデルに。マカンEVが登場するとポルシェのEV比率は「半分以上」になりそうだ

| まさかタイカンここまで売れるとは思わなかったな |この記事のもくじ| まさかタイカンここまで売れるとは思わなかったな |やはりEVにおいても「ポルシェ」のブランド力は強かった最も売れたのはなんと「 ...

続きを見る

参照:CarSpyMedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5