ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】新型ポルシェ911STの試作車がニュルに参上!「GT3RSスペックのエンジン」「MT」「911中では最軽量」を実現し最強の911となるか

投稿日:

【動画】新型ポルシェ911STの試作車がニュルに参上!「GT3RSスペックのエンジン」「MT」「911中では最軽量」を実現し最強の911となるか

| 市販車には採用されるかどうかわからないが、室内にはロールケージも(オプション設定はなされそう) |

フロントフェンダーは専用デザインを採用か

さて、ポルシェは今年後半に新型911GT3RSの発表を控えていますが、このほかにも大きな話題となりそうなモデルの発表が控えていて、ひとつは「911ST」、そしてもうひとつは「ナナサンカレラ風の911」。

すでにポルシェは限定モデルとして「911スポーツクラシック」を発表しており、これに続く少量生産モデルとして911STとナナサンカレラ風911(単に”RS”と呼ばれるという説もある)が続くと言われているわけですが、今回その911STのプロトタイプが走行する様子が動画にて公開されることに。

911STは911史上もっともスパルタンなモデルに?

今回公開された画像を見るに、その姿は「ほぼ911GT3ツーリング」。

911GT3ツーリングとは、911GT3の「見かけをシックにした」バリエーションで、リアウイングがないほか、フロントバンパーのペイント処理が(通常の)911GT3とは異なるなどいくつかの相違があります。

991世代の911GT3ツーリングは「911R」に近い性質を持っていたものの、992世代の911GT3ツーリングはそこから一歩進んで「ちょっとオシャレな」イメージすら受けるクルマ。

要は「911GT3のパフォーマンスは欲しいと思うが、あの派手なルックスはいろいろな事情があって乗りづらい」と考える人に向けたモデルが911GT3ツーリングと考えていいかもしれません。

ポルシェが新型911GT3「ツーリング」を電撃発表!ウイングがなくなったほかにいくつかのパーツや配色変更がなされた「より繊細な選択肢」
ポルシェが新型911GT3「ツーリング」を電撃発表!ウイングがなくなったほかにいくつかのパーツや配色変更がなされた「より繊細な選択肢」

続きを見る

ただ、今回公開された動画を見ると、この新型911STと思われるプロトタイプにつき、911GT3ツーリングとはいくつか異なる部分があり、まずひとつはフロントフェンダー。

911GT3よりも拡大されているように見え、フェンダーとドアとの間に大きな隙間が見え、ここから(タイヤハウス内の)エアを抜く構造を持っているものと考えられます。

これは新型911GT3RSにも見られる構造ではあるものの、911GT3RSよりは「ちょっとだけ控えめ」にも見え、となると911ST専用のパーツとなるのかもしれません。

なお、ドアパネルも911GT3RSと同じように見え、ドアハンドルも992世代のフラッシュマウントではなく、991世代のアイロン型ドアハンドルを採用しているようですね(これはモーターを省いて軽量化を行うためだと言われている)。

新エアロパッケージでテストを行う新型ポルシェ911GT3RSの試作車が目撃!ドアハンドルが旧型に戻され、「数十グラムでも軽量化」?
【動画】新エアロパッケージでテストを行う新型ポルシェ911GT3RSの試作車が目撃!ドアハンドルが旧型に戻され、「数十グラムでも軽量化」?

続きを見る

そのほか気づくのはエンジンフード上に貼られた丸い物体で、これはかつての356や911に取り付けられていた「クラブなど所属団体を現すバッジ」の現代版だと思われ、911スポーツクラシックに装着されているものと同じか、もしくは専用のデザインが与えられることになりそうです。

911STのスペックは911GT3RS同様に?

ただ、外観とは異なり一切わからないのがそのスペック。

一説では911GT3RSと同じエンジンが載り、さらにはマニュアル・トランスミッションと組み合わせられるというウワサも。

新型911GT3RSにはマニュアル・トランスミッションが用意されないと言われるので、「911GT3RSスペックのエンジン+MT」となるとそれだけで大きな付加価値となりそうですが、911STは「ポルシェ911のラインナップ中最軽量」になるというウワサもあり、これも実現すればとんでもない人気を呼ぶことになりそうですね。

参考までに、かつての911STは1970年〜1971年に製造されたレーシングカーで、ベースは911 2.0、そしてこれをモンテカルロラリー向けに”当時の技術の集大成として”改装したもの。

24台がカスタマー向けに生産・販売され、当時すでに存在した「RS」「RSR」に装着されるダックテール、もしくは「サービングトレー」と呼ばれるウイングが装着されていないことが外観上の特徴です。

搭載されるエンジンは2.5リッター・フラットシックス、出力は270馬力を誇り、当時「ポルシェ911最軽量」とされた車体と相まって大きな戦闘力を発揮したと言われます(当時のル・マン24時間レースではクラス優勝を果たしたこともある)。

そして今回の動画を見るかぎり、911STと思われるプロトタイプは、当時の911STの外観上の特徴である「ノーマルエンジンフード」を持っており、となると「当時の911の最強エンジン」「当時の911では最軽量」という特徴を持っていても不思議ではなく、そうなれば「992のラインナップ中では最強の911」として君臨することになりそうですね。

新型ポルシェ911STと思われるプロトタイプがニュルを走る動画はこちら

合わせて読みたい、ポルシェ911関連投稿

ポルシェ911
ポルシェが911のヘリテージモデルを発売とのウワサ!「ナナサンカレラ」「911ST」「スポーツクラシック」の3種、熾烈な争奪戦となりそうだ

続きを見る

【動画】新型ポルシェ911GT3RSの試作車が新年早々にニュルで目撃!今回はルーフに「フィン」装着、エキゾーストサウンドは音量MAXで聴いてみよう
【動画】新型ポルシェ911GT3RSの試作車が新年早々にニュルで目撃!今回はルーフに「フィン」装着、エキゾーストサウンドは音量MAXで聴いてみよう

続きを見る

参照:CarSpyMedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5