ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型ポルシェ718ボクスター・スパイダーRSと思われる試作車がニュルを走行!718ケイマンGT4 RSの購入を逃した人には新たなチャンス?

投稿日:

新型ポルシェ718ボクスター・スパイダーRSと思われる試作車がニュルを走行!718ケイマンGT4 RSの購入を逃した人には新たなチャンス?

| もしかすると吸気音は718ケイマンGT4RSよりも刺激的かもしれない |

718ボクスター・スパイダーRSの生産台数は不明だが、いずれにせよ相当な狭き門となるのは間違いない

さて、ポルシェは718ケイマンGT4 RS同様のアップデートを施した718ボクスター、「718スパイダーRS」を計画中だと言われますが、8月に入り何度かそのプロトタイプだと思われる車両が走行中。

なお、角度によればヘッドレストにヴァイザッハパッケージ装着を思わせる刺繍が施されていることが確認でき、よってこの個体はヴァイザッハパッケージが組み込まれている可能性がありますが、これは918スパイダーにてはじめて導入された軽量パッケージであり、GT系に対し設定されるプションパッケージです(すべてのGT系に用意されているわけではないが、ポルシェはこの適用を拡大したいというコメントを発している)。

ポルシェ
ポルシェは718ボクスターの「ケイマンGT4 RS版」、718スパイダーRSを検討中?まだまだ718シリーズにはなんらかの「アイデア」があるもよう

| 次期718シリーズがピュアエレクトリック化されることが決まったといえど、それはすなわち現行718シリーズがすぐに終了するということを意味しない |この記事のもくじ| 次期718シリーズがピュアエレ ...

続きを見る

ポルシェ718「ボクスター」スパイダーRSはこんな仕様に?

そこで今回目撃された718ボクスター・スパイダーRS(名称はまだ確定していない)を見てみると、その仕様は718ケイマンGT4RSとほぼ同じと言ってよく、フロントだとウイングレット付きの大きなリップスポイラーが与えられ、フロントフード上にはエアスクープ、フロントフェンダー上にはルーバーが組み込まれています。

2022-08-14 5.54.40

ホイールはおそらくセンターロック、そして面白いのはリアフェンダーの前の方に設けられた(パガーニ・ゾンダ・チンクエのような)突起物で、これはもちろん(500馬力を発生するであろう)4リッター自然吸気フラットシックスへとエアを送り込むためのデバイスだと考えられます。

718ケイマンGT4RSでは同様の構造がリアサイドウインドウに組み込まれますが、これはドライバーの耳からわずか数十センチしか離れていない場所に設置されており、そのため高回転時の吸気音が「非常に刺激的」だというレビューも。

そして718ボクスター・スパイダーRSの場合はトップを開け放つとドライバーが「直接」その吸気音を聞くことができるので、718ケイマンGT4RSよりもさらにエキサイティングなサウンドを楽しめるのかもしれません。

2022-08-14 5.53.39

【動画】ポルシェ718ケイマンGT4RSのレビュー解禁!「こんな吸気音は聞いたことがない」「クルマがもっと早く曲がれと言ってくる」。実はケイマンGT4RSの計画は17年前から存在していた
【動画】ポルシェ718ケイマンGT4RSのレビュー解禁!「こんな吸気音は聞いたことがない」「クルマがもっと速く曲がれと言ってくる」。実はケイマンGT4RSの計画は17年前から存在していた

| 今回の718ケイマンGT4RSは「ガソリン世代における最後の、そしてもっともスパルタンなモデル」 |この記事のもくじ| 今回の718ケイマンGT4RSは「ガソリン世代における最後の、そしてもっとも ...

続きを見る

718ボクスター・スパイダーRSに「リアウイング」はつかない?

リアスポイラーについて、その形状が大きくなったような気がしないでもないですが、実際にどうなるかは今のところ不明。

もちろん、オープンモデルに「ウイングは無意味」とされるので、718ケイマンGT4RSのような巨大ウイングが取り付けられることはなさそうです。

2022-08-14 5.54.05

【動画】ボクもそうだと思ってた。元F1のエンジニア「オープンカーにリアウイングを装着するのはまったく無意味で、ダウンフォースを得られない」
【動画】ボクもそうだと思ってた。元F1のエンジニア「オープンカーにリアウイングを装着するのはまったく無意味で、ダウンフォースを得られない」

| さらに言うならば、オープンカーはリアウイングを装着するよりも幌を閉じって走ったほうがダウンフォースを得られるもよう |この記事のもくじ| さらに言うならば、オープンカーはリアウイングを装着するより ...

続きを見る

搭載されるエンジンについても現時点では確たる情報はなく、しかし718世代になってからは(981世代と異なり)ボクスターとケイマンとで同じスペックのエンジンが与えられるようになったので、まず718ボクスター・スパイダーRSにもケイマンGT4RSと同じエンジンが搭載されると考えて良さそう。

ただ、オープンモデルであるため、FIA基準に則ったモータースポーツ(この場合はGT4)へと参加することができず、よってGT4を名乗ることはないだろうと言われています。

パフォーマンスについては、ほかの718ケイマンとボクスターの県警と同じく、最高速や加速が「ちょっとだけ」718ケイマンGT4RSよりも劣ることになると思われますが、これは「意図的に差別化がなされている」というわけではなく、オープン化による補強(重量増)そして空力特性の差だと捉えるのが妥当だと考えています。

2022-08-14 5.53.28

ポルシェ718ボクスター・スパイダーRSの試作車がニュルを走る動画はこちら

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

もっとも高価な仕様は3200万円オーバー!新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSのコンフィギュレーターが公開されたので試してみた
もっとも高価な仕様は3200万円オーバー!新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSのコンフィギュレーターが公開されたので試してみた

| ポルシェ718ケイマンGT4 RSのオプションには「クルーズコントロール」「ベビーシート」もある |この記事のもくじ| ポルシェ718ケイマンGT4 RSのオプションには「クルーズコントロール」「 ...

続きを見る

新型ポルシェ718ケイマンGT4 RS発表!500馬力エンジンに加え数々の専用装備を持ち、完全に「コレクターズアイテム」としての資格を獲得。激しい争奪戦になりそうだ
新型ポルシェ718ケイマンGT4 RS発表!500馬力エンジンに加え数々の専用装備を持ち、完全に「コレクターズアイテム」としての資格を獲得。激しい争奪戦になりそうだ

| これはポルシェセンターに問い合わせねばなるまい |この記事のもくじ| これはポルシェセンターに問い合わせねばなるまい |日本でも1843万円で受注開始ポルシェ718ケイマンGT4 RSはニュルブル ...

続きを見る

参照:CarSpyMedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5