ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

シンガーによるポルシェ911レストモッドの究極系「DLS」最新モデル!「シング・ワン」と名付けられた珍しいホワイトの個体が公開に

投稿日:2022/09/27 更新日:

シンガーによるポルシェ911レストモッドの究極系「DLS」最新モデル!「シング・ワン」と名付けられた珍しいホワイトの個体が公開に

| このシンガー・ポルシェ911「DLS」は75台のみが製造されるらしい |

レトロとフューチャーとがミックスされた珠玉の仕上がりに

ポルシェ911のレストモッドで知られるシンガー・ヴィークル・デザインがその最新作「Thing 1(シング・ワン)」を公開。

これは通常手掛けるレストモッドの他に展開している「DLS(ダイナミック&ライトウエイト・スタディ)」シリーズの新作となりますが、シンガー・ヴィークル・デザインとウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングとの共同開発による「空冷」4リッター・フラットシックスエンジンを積んでいること、そして極限まで軽量化された車体を持つことが大きな特徴です。

シンガーがとんでもないポルシェ、”DLS”発表。あのメツガー・エンジン(NA500馬力)搭載、重量990キロ

ジンガーが「独自開発のエンジン」搭載のポルシェ911を公開 クラシックポルシェのレストア&カスタムで有名なジンガー(シンガー)ヴィークル・デザインが、「ウィリアムズ(Williams Advanced ...

続きを見る

シンガー・ポルシェ911「シング・ワン」はこんな仕様を持っている

そこでこのシンガー・ポルシェ911「シング・ワン」を見てみたいと思いますが、ボディカラーは(シンガー・ヴィークル・デザインにしては)珍しいホワイト(パララックス・ホワイトと紹介されている)。

306652540_10158628600551496_2810693956003757276_n

ボディパネルはカーボンファイバー製、そしてワイドボディをさらにワイドにするオーバーフェンダーも装着され、ホイールはおなじみフックスデザインなるもセンターロックを採用することに。

リアサイドウインドに相当する部分はダクト化されていますが、これは自然吸気エンジンへと(ラムエア効果にて)吸気のための空気を送り込むための構造です。

307137683_10158628600566496_102465287167065813_n

リアスポイラーにはダックテール形状が採用されていますが、エンジンフード上ルーバーのデザインはDLS独特。

テールランプもDLS独自のデザインですが、これはシンガー・ヴィークル・デザイン創業者、ロブ・ディッキンソン氏が創業当初、自身のためにカスタムしたポルシェ911に取り付けていたテールランプを再現したものだと思われます。

306087510_10158630161176496_1508328541985452520_n

バンパレットはバンパー一体成型のように見え(その形状を再現しているのみ)、その下にはカーボンファイバー製のディフューザー、さらにはポルシェのレーシングカー風のテールパイプ(カットされた部分の面取りが行われている)。

307000858_10158630161181496_5785041386462205774_n

ちょっとわかりにくいのですが、ルーフの後ろ端には(フロート形状を持つ)ブリッジスポイラーが装着され、ルーフからエアが抜けるような構造を持っており、このエアがダックテールリヤスポイラーへと導かれ、ダウンフォースを高めることとなるようですね。

305489291_10158630161166496_4961973177862503980_n

エアロダイナミクスを最適化することもこのクルマのひとつの目的となりますが、各エアロパーツはCFD解析によって設計されているといい、フロントバンパー下から入ったエアはオイルクーラーを冷却してバンパー両端へと抜ける構造(ウイングレットのすぐ前に出てくる)。

ここから出てくる「熱気」がフロア下に流れる気流を速め、フロントアクスルのリフトを抑えるとともにリアディフューザーの効果を最大化するといいますが、ブロウンディフューザーとよく似た理屈なのかもしれません。

304782845_10158630161161496_4835567933711928310_n

搭載されるエンジンは上述の通り新開発の4リッター・フラットシックスですが、軽量化を考慮してカーボンファイバーが多用され、リアバルクヘッドにもレザーではなくカーボンファイバーが用いられています。

305654077_10158628600561496_4293689420335769903_n

シンガー・ポルシェ911「シング・ワン」のインテリアはこうなっている

そしてこのシンガー・ポルシェ911「シング・ワン」のインテリアを見てみると、ダッシュボード、ステアリングホイール、トランスミッショントンネル、シートなどにカーボンファイバーが大量投入されており、その雰囲気はクラシカルというよりは未来的。

307124506_10158627313421496_1565427653588874295_n

シートはカーボンファイバー製シェルを採用したフルバケット、そして中央にはシンガー・ヴィークル・デザイン得意の編み込みレザー、そしてグロメットが装着されています。

308340452_10158635842841496_3248697729728227684_n

ダッシュボードはほぼカーボン製。

308054728_10158635842851496_514908351979906350_n

リアシートの相当する部分のパネルもカーボンファイバー製、そしてロールバーもカーボン製(ルーフパネルもカーボン製)。

シュロス製のハーネス、そして左右リアサイドウインドウからエアを取り込むためのU字型パーツも確認できますね。

306010939_10158628600556496_3444744231847497095_n

シフトリンケージ(一部チタン製)はこれ自体芸術品のような仕上がりを持っており、サンドブラストや面取り、ポリッシュなど様々な加工が用いられています。

308058312_10158635842836496_5124931597679791452_n

メーターは「独立」5連となっていて、タコメーターの文字盤には機械式腕時計のようなインデックスにアプライド文字、そしてロレックスのように「ルーレット」加工も。

照明は透過式ではなく「間接照明」のようですね。

ちなみに、シンガー・ヴィークル・デザインの創業者は腕時計好きとしても知られ、実際にシンガーからもいくつか腕時計がリリースされていますが、そういった知見がここで活かされているのかもしれませんね。

308154733_10158635842831496_7252184075786471039_n

合わせて読みたい、シンガー・ヴィークル・デザイン関連投稿

シンガー・ポルシェ911DLS「レーサーX」公開!高級機械式腕時計のような精緻な仕上げを持つ最新レストモッド
シンガー・ポルシェ911DLS「レーサーX」公開!高級機械式腕時計のような精緻な仕上げを持つ最新レストモッド

| いかに高価であろうともその価格以上の価値を感じさせるのがシンガー・ポルシェ911 |この記事のもくじ| いかに高価であろうともその価格以上の価値を感じさせるのがシンガー・ポルシェ911 |とくに金 ...

続きを見る

シンガーが公開した究極のポルシェ911、「DLS」。スゴいのはそのスペックだけではなく、内外装の仕上げもまた格別だった
シンガーが公開した究極のポルシェ911、「DLS」。スゴいのはそのスペックだけではなく、内外装の仕上げもまた格別だった

| シンガー・ヴィークルデザインはパフォーマンスだけではなく美しさにもこだわる | この記事のもくじ | シンガー・ヴィークルデザインはパフォーマンスだけではなく美しさにもこだわる | レトロとモダン ...

続きを見る

ジンガーによる「究極のポルシェ911」、DLSがついに納車開始
ジンガーによる「究極のポルシェ911」、DLSがついに納車開始!ウィリアムズ製エンジンやカーボンボディを持つ至宝の一台。ただし価格は2億円

| このシンガー911DLSは、悪魔に魂を売ってでも手に入れたい一台だ |この記事のもくじ| このシンガー911DLSは、悪魔に魂を売ってでも手に入れたい一台だ |ポルシェ911DLSとは?カスタマー ...

続きを見る

参照:Singer Vehicle Design(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5