ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェが911ダカール」正式発表!ベースは911カレラ4 GTS、装着されるパーツはGT3、さらには悪路走行に特化したドライブモードも。世界限定2,500台の希少モデル

投稿日:

ポルシェが911ダカール」正式発表!ベースは911カレラ4 GTS、装着されるパーツはGT3、さらには悪路走行に特化したドライブモードも。世界限定2,500台の希少モデル

| 日本でも予約を受付中、ただし今のところ価格は未公開 |

新型ポルシェ911ダカールは思ったよりもハードコアなクルマだった

さて、先般ティーザー画像が公開されたポルシェの最新モデル「911ダカール(911 Dakar)」が正式発表に。

世界2,500台の限定モデルとなり、現在日本でも予約受付が開始されています(国内価格については今のところポルシェジャパンから公表されていないようだ)。

ポルシェによれば、この911ダカールは「911の無限の可能性」を示すもので、そのルーツはポルシェ911に初めて全輪駆動システムを採用し、1984年のパリ・ダカールラリーでポルシェが初めて総合優勝を果たした車両だとされています。

ポルシェ959
【競売】ポルシェ959”ラリー”が予想の1.8倍、6.6億円で落札。それだけ「歴史」「希少性」は重要だ

| 今後”ラリーカー”の相場も上昇する可能性が出てきた | 最高でも予想落札価格3億8000万円程度とみられていたポルシェ959パリ-ダカールラリー出場車ですが、予想をはるかに上回る6億6000万円に ...

続きを見る

当時のダカールラリー優勝車っぽく仕上げる「ラリーデザインパッケージ」も

そしてポルシェはこの911サファリに対し、「1984年の優勝車からインスピレーションを得たラリーデザインパッケージ」を用意していますが、これは見ての通り「ロスマンズ」カラー。

しかし現在ではポルシェとロスマンズとはパートナーシップ関係になく(ロスマンズのタバコ自体も廃番となっている)、よってボディサイドにある文字は「Rothmans」ではなく「Roughroads」となっており、これは(いろいろな意味で)ポルシェらしからぬユーモアセンスでもありますね。

22PAG_105_Dakar_009_RR_Seite_highres

ちなみにネタ元はこちら。

ポルシェ959

このラリーデザインパッケージについては、ホワイトとゲンチアンブルーメタリックのツートンカラーで構成されるオプションだと紹介されており、「ツートーンペイントのオプションはポルシェ初」。※ゴールドとレッドのラインはステッカーかもしれない

22PAG_105_Dakar_007_RR_3-4_Heck_highres

ボディサイドのナンバリングは「0~999」の間で自由に選択ができる、とされています。

ちなみに「953」とは、ポルシェ911に4WDシステムを組み合わせた試作車のコードネームで、これが上述の「ダカールラリー優勝」を獲得し、のちの959へと繋がっているわけですね。

22PAG_105_Dakar_018_RR_TopShot_highres

新型ポルシェ911ダカールはこんなクルマ

そこでこの新型ポルシェ911ダカールの詳細を見てゆくと、見ての通り「オフロードルック」がその特徴であり、車高(最低地上高)は通常の911カレラに比較すると50ミリ高くなっており、標準装備のリフトシステムはフロントとリアをさらに30mm上げることも可能。

0070_dallas_01_AKOS6276_edit_V02_highres

これによって一般的なのSUVに近いレベルの車高とランプオーバー角度を実現することになりますが、このリフトアップシステムは新たにキャリブレーションされたサスペンションと一体化したシステム要件を持ち、「ハイレベル」では時速約105kmまで使用可能で、これ以上の速度では通常の車高に戻る、とのこと。

0134_dallas_01_AKOS3248_edit_V01_highres

装着されるタイヤはフロント245/45 ZR 19、リア295/40 ZR 20の専用タイヤ「ピレリ スコーピオン オールテレイン プラス」。

オフロードに特化したトレッドパターンは深さ9mm、さらに強化されたサイドウォールとデュアルカーカス構造を持ち、損傷に強くなっているようですね。

001_Porsche_911_Dakar_RR_00325_highres

一方でオンロードを重視したピレリPゼロ(サマーパフォーマンスタイヤ)と冬季用スノータイヤはオプションもオプションにて用意され、しかしこれらはいずれも911ダカール専用に設計された仕様を持っている、とのこと。

0309_dallas_03_CKOS4589_edit_V02_highres

搭載されるエンジンはおなじみ3リッターツインターボ・ボクサーエンジン、そして最高出力は480馬力を誇ります(最高速度はタイヤの性能の関係によって240km/hに制限されている)。

トランスミッションは8速PDK、そして4WDとポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)が組み合わせられ、リアアクスルステアリングに加えいぇ911 GT3から移植されたエンジンマウント、さらにポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール(PDCC)システムも標準装備。

0418_dallas_05_AKOS5309_edit_V02_highres

なお、この911サファリは単に「車高を上げた911」というわけではなく、ダカールラリー優勝車にインスパイアされているだけあって悪路での走行性能を重視しており、ドライブモードには「ラリーモード」と「オフロードモード」が追加されています。

001_Porsche_911_Dakar_RR_00164_highres

これらモードはステアリングホイールのモードスイッチから起動することができ、ラリー・モードは、緩い凸凹のある路面(ダート)用にプログラムされ、リア・アクスルに集中してパワーを送ることになるというので「ドリフト許容」セッティングだといえそう。

0187_dallas_02_BKOS8035_edit_V03_highres

一方、オフロードモードは砂地や悪路でのトラクションを最大化することに重点を置いているといい、これを選択すると自動的に車高が「ハイレベル」へ。

なお、911ダカールのために新たに開発された「ラリー・ローンチ・コントロール」モード」を備え、これはダートでの最大限の加速を可能にし、最大20%のホイールスピンを許容する、と説明されています。

0343_dallas_04_CKOS6821_edit_V02_highres

新型ポルシェ911ダカールはレンダリングの世界から抜け出てきたかのようだ

そしてこちらはラリーデザインパッケージ非装着版。※このボディカラーはイメージカラーの”シェイドグリーン”

こちらのほうがより通常の911との差異、そして911ダカールの特別装備が理解できるように見え、フロントバンパーだと樹脂パーツ部分が拡大した開口部(ステンレス製のメッシュグリルが装着され、異物の吸入を防いでいる)、レッドの牽引フック(鍛造アルミ製)、そしてアルミルックのスキッドガードの存在を確認可能。

22PAG_105_Dakar_014_SG_Front_highres

ポルシェ911GT3 RSのリザードグリーンはこうやって開発された!「ニューモデルのボディカラーは先代モデルと似たものであってはならない」

| ポルシェはボディカラーに特段のこだわりがあるようだ | この記事のもくじ| ポルシェはボディカラーに特段のこだわりがあるようだ | 目立ってこそのスポーツカーポルシェの塗料は高い品質的用件を満たし ...

続きを見る

そしてフロントフードは911GT3から譲り受けたものとなり、ホイールはフックススタイル、前後フェンダーには樹脂製のアーチ、そしてサイドステップも樹脂製に、そしてやはりロックガードっぽい加飾も。

22PAG_105_Dakar_010_SG_3-4_Front_highres

リアだと「ターボウイング」風のスポイラー、やはり樹脂部分が拡大されたリアバンパー、スキッドガード風のパネル、そしてフロント同様に牽引フック。

いずれもシャープな造形を持っており、未来派レンダリングから抜け出てきたかのような印象も受けますね。

22PAG_105_Dakar_012_SG_3-4_Heck_highres

なお、ルーフバスケットはオプション扱いとなり、これには12Vソケットが装備され、ジェリカンや水筒、折りたたみ式シャベル、リカバリーボードなど、最大で約157kgの装備を収納することが可能です(ルーフテントもオプション設定されている)。

0327_dallas_03_BKOS1578_edit_V02_highres

911ダカールのインテリアはフルバケットシートが標準となっており、リアシートは「レス」。

さらには軽量ガラスに採用によって軽量化がなされ、これだけの追加装備もかかわらず911ダカールの重量増加を(911カレラ4GTS比で)+10kgに抑え、車体重量1,605kgにとどめています。

22PAG_105_Dakar_003_RR_Interior_highres

これら内容を見るに、基本スペックは「911カレラ4GTS」、そしてそこに911GT3の装備やパーツを加えたものだと考えてよさそうですが、そのぶん価格は安くなく、北米だと222,000ドル(約3100万円)からに設定されています。

0282_dallas_03_BKOS8950_edit_V01_highres

例によって「専用デザインの腕時計」も

ここ最近、ポルシェのニューモデルの常として、その車両にマッチした仕様・デザインを持つ腕時計が同時発表されるというものがありますが、今回の911ダカールについても「ポルシェデザイン クロノグラフ1 - 911ダカール」、そして「クロノグラフ1 - 911ダカール ラリー デザイン エディション」が同時に発売されています。

PD_TIMEPIECES_CHRONOGRAPH_911_Dakar_07

これらのケースには傷つきにくいチタンを採用し、さらには文字盤、ストラップ、巻き上げローターなどに911ダカールのデザインを反映させた仕上げが与えられているようですね。

PD_TIMEPIECES_CHRONOGRAPH_911_Dakar_02

新型ポルシェ911ダカールのプロモーション動画はこちら

参照:Porsche

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5