ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

そのボディカラーはゴールド!シンガー最新作「ポルシェ911 DLS キャロライン・コミッション」公開!ワイドボディにワイドタイヤ、サイドにはゴーストストライプ

投稿日:

そのボディカラーはゴールド!シンガー最新作「ポルシェ911 DLS キャロライン・コミッション」公開!ワイドボディにワイドタイヤ、サイドにはゴーストストライプ

| 通常のレトロ路線レストモッドに加え、このDLSシリーズの生産も進んでいるようだ |

ベースは964世代の911、しかしその中身は最新に

さて、ポルシェ911のレストモッドで知られるシンガー・ヴィークル・デザインが最新作「キャロライン・コミッション」を公開。

これはレトロ路線の通常ラインではなく、先進性や軽量性を求めた「DLS(Dynamics & Lightweighting Study)」最新作であり、このシリーズはシンガー・ヴィークル・デザインの本社があるカリフォルニアではなく、英国にある別拠点にて製造が行われます(おそらくは、そのエンジンを組み立てるウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが英国にあるため)。

321237411_539697371211085_5390901843982964322_n

ボディカラーは「フルードゴールド」

そしてこのシンガー・ポルシェ911「キャロライン・コミッション」のボディカラーはフルードゴールド。

これまでのシンガー製911にはあまり見られないカラーを持っており、サイドには「PORSCHE」文字とゴーストストライプ。

320936386_3462712280716379_4171403570763574500_n

前後フェンダーはクラシックラインとは異なり、あえて「後付け」風オーバーフェンダー。

321349020_559402526198952_7048373204422092892_n

搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックスですが、これは上述のウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングとの共同開発となり、かつてポルシェのエンジニアを務めたハンス・メッツガー氏が設計を行っています。

321041163_1344555392754612_3865563068475101185_n

なお、エンジンはもともとのレイアウトに比較して「前」に移動させられており、前後重量配分がミドシップに近くなっているようですね。

320204189_2669216209875812_2530462018685480918_n

ちなみに冷却用のファンはマグネシウム製、ハウジングはカーボン製。

エンジンルーム内もやはりほかのクラシック系シンガー・ポルシェ911とは異なって現代的。

321235744_838791697326219_1312800298914174221_n

そしてエンジンの吸気は(718ケイマンGT4 RSのように)リアサイドウインドウから(運転席からは相当に迫力のある吸気音を聴くことができそうだ)。

321022367_671835461087811_7632682810157829144_n

ルーフ上にはブリッジが設けられ、ここを通ったエアはリアウインドウを通過し・・・。

321566843_473640708056535_8690150034697180830_n

リアのダックテールスポイラーへ。

なお、このスポイラーの両端は盛り上がっており、エアを確実にスポイラーへと当てることができるようですね。

このダックテールスポイラーの設計にはComputional Fluid Dynamics (CFD) モデリング技術が活用されており、ダウンフォース獲得のほか、冷却性能も考慮されている、とのこと。

321037271_1186860391923948_5538048289025557718_n

ホイールはマグネシウム製のセンターロック(フックス風デザイン)。

320976351_1215674736049903_5104822094709961768_n

テールパイプは1970年代のポルシェのレーシングカーにインスパイアされた形状を持っています。

320071038_1896040410788669_7616756238920642529_n

シンガー・ポルシェ911 DLS キャロライン・コミッションはこんなインテリアを持っている

そしてこちらはシンガー・ポルシェ911 DLS キャロライン・コミッションのインテリア。

カラーは基本的にブラック一色、シートはカーボンファイバー製シェルを持つバケットシートを採用します。

320113763_659858315890475_3348967903332835998_n

シートにはエア抜きのためのグロメット(シャンパンゴールドに加工されている)が用いられ、金属製パーツにはブラックのDLCもしくはアノダイズド加工が施されているようですね。

320189824_2330279490472597_4499818049563871830_n

タコメーターの文字盤は18カラットのゴールド仕上げ、そしてインデックスは高級機械式腕時計のような「アプライド」。

320168079_712844943498646_3090649923080909598_n

後部座席(クッションはあるが座れそうにない)はカーボンファイバー製のパネルで覆われ、ロールケージもやはりカーボンファイバー製。

320081996_3387284714863939_561573717755414716_n

合わせて読みたい、シンガー・ヴィークル・デザイン関連投稿

やはりブルーとオレンジの相性は最高!シンガー・ポルシェ911「マディソン・コミッション」公開。なおボディカラーはパーフェクトブルー
やはりブルーとオレンジの相性は最高!シンガー・ポルシェ911「マディソン・コミッション」公開。なおボディカラーはパーフェクトブルー

| このマディソン・コミッションはシンガーの中でもやや珍しい仕様を持っている |この記事のもくじ| このマディソン・コミッションはシンガーの中でもやや珍しい仕様を持っている |さらには珍しい「タルガ」 ...

続きを見る

シンガー初?ネイキッドカーボンボディを採用するポルシェ911「DLS」ナポリ・コミッションが公開!エンジンはウィリアムズ製、究極のレストモッド
シンガー初?ネイキッドカーボンボディを採用するポルシェ911「DLS」ナポリ・コミッションが公開!エンジンはウィリアムズ製、究極のレストモッド

| とんでもなく高そうなクルマだが、間違いなく価格だけの価値はある |この記事のもくじ| とんでもなく高そうなクルマだが、間違いなく価格だけの価値はある |アクセントカラーは珍しい「ライムグリーン」シ ...

続きを見る

シンガー・ポルシェ911最新作「ケンジントン・コミッション」公開!ボディカラーはブラウンっぽいレッドブラッド、内装はシックなコニャック
シンガー・ポルシェ911最新作「ケンジントン・コミッション」公開!ボディカラーはブラウンっぽいレッドブラッド、内装はシックなコニャック

| バンパーやサイドにはストライプ、そしてPORSCHE文字がないシンプル仕様 |この記事のもくじ| バンパーやサイドにはストライプ、そしてPORSCHE文字がないシンプル仕様 |全体的にクラシカルム ...

続きを見る

参照:Singer Vehicle Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5