ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】フェラーリ296GTBのオープン版、「296GTS」がテスト中!カメラマンが試作車を発見し猛追する

投稿日:

フェラーリ296GTBのオープン版、「296GTS」がテスト中!カメラマンが試作車を発見し猛追する

| それにしてもここ数年のフェラーリの新車攻勢には目を瞠るものがある |

さらにはフェラーリ初のSUV、「プロサングエ」も控えている

さて、フェラーリは新型ハイブリッドスポーツ「296GTB」を発表したところですが、今回はそのオープン(スパイダー)版、296GTSと見られるプロトタイプが目撃されることに。

今回の動画ではフェラーリの本社付近を走る296GTSに遭遇し、しばらくはそれを追いかける内容となっており、けっこうはっきりとその姿が捉えられています。

ルーフは電動格納式?デタッチャブル?

なお、今回のプロトタイプを見るに、ルーフには明確な「継ぎ目」が見られ、よって296GTBのような「クーペ」ではないことが明らかです。

つまりはそこから「オープンモデル」であることが推測できますが、問題は同じオープンであってもその開閉方法。

296GTBはエンジンルーム内に余裕がなく、よって電動開閉式ルーフを折りたたんでここに収納するのは難しいとも考えられ、よしんば収納できたとしてもリアセクションのデザインが大幅に変わる可能性も。

よって一部では、296GTSのルーフは「取り外し式」つまりタルガトップになるのではという見方もあるようです。

2021-07-23 23.09.49

ただ、タルガトップでは脱着に手間がかかり、かつ外したルーフをどこに収納するのかという問題もあり、そうなれば今や顧客の中心層となった「エンスージアストではなく、フェラーリをブランド品のひとつ」として捉える人々にとって魅力的と映らない可能性も大。

かつライバルであるマクラーレンが電動格納式ハードトップを採用する以上、フェラーリもそれに対抗する必要があるとも考えられます。

1

フェラーリ296GTB
【動画】トップギアがフェラーリ296GTBをレビュー!リアセクションは筋肉モリモリ、フロントトランクはけっこう広々

| フェラーリ296GTBはなにからなにまで新世代 |この記事のもくじ| フェラーリ296GTBはなにからなにまで新世代 |そのデザインはフェラーリの過去と未来を結ぶ「架け橋」現時点ではフェラーリのラ ...

続きを見る

実際のところ、今回目撃されたプロトタイプではルーフ自体が前後で二分割できるように継ぎ目が入っており、これはすなわち「折りたたんで収納する」構造を持つことを意味していそう。

ただ、カモフラージュされている範囲からもわかるとおり、リアセクションはそのデザインが変更される可能性もあり、フェラーリからの正式発表を待ちたいところです。

2

パフォーマンスはクーペ版、296GTBと同等に?

そして気になるパフォーマンスですが、最近のフェラーリはオープンモデルとクーペとで同じパフォーマンスをもたせるのが通例となっており(通常、オープンモデルのほうが重量がかさむためにややパフォーマンスが劣る)、よって3リッターV6ツインターボ+ハイブリッドによって830馬力を発生し、0-100km/hを2.9秒で駆け抜けることになりそうですね。※下の画像は296GTB

発表時期はおそらく今年中だと見られ、遅くとも来年初頭には公開されるという意見が大勢をしめていますが、昨年からのフェラーリは「新車大量攻勢」をかけることで一気にラインアップが拡大しており、その勢いには驚かされるばかりです。

4

フェラーリがV6ハイブリッドモデル「296GTB」発表
【動画】フェラーリがV6ハイブリッドモデル「296GTB」発表!出力は予想を遥かに超える830馬力、F8トリブートを越えるパフォーマンス。日本での価格は3678万円

| 296GTBはエントリーモデルだと言われていたが、どうやら価格は「エントリー」ではなさそうだ |この記事のもくじ| 296GTBはエントリーモデルだと言われていたが、どうやら価格は「エントリー」で ...

続きを見る

フェラーリ296GTSと見られるプロトタイプを追跡した動画はこちら

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5