ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ >ロータス(Lotus)

【動画】ユーチューバー、フェラーリSF90ストラダーレとロータス・エミーラを注文する!スーパーカーはこうやって仕様を決める

投稿日:

ユーチューバー、フェラーリSF90ストラダーレとロータス・エミーラを注文する!スーパーカーはこうやって仕様を決める

| さすがは年収数億円(もっと多い?)と言われるだけのことはある |

話題のスーパーカーはほとんど「購入」しているといっていい

さて、スーパーカー系ユーチューバーとしては、おそらく世界トップクラスに位置するShmee150氏。

これまでは世界中を飛び回って様々なイベントやコレクターのガレージを紹介してくれていましたが、コロナ禍ということもあってロケが思うようにできなくなったのか、はたまた以前のスタイルを捨てて(マニー・コシュビン氏のように)自身のクルマを紹介するスタイルに転向しようということなのか、ここ最近相当数のスーパーカー/ハイパーカーを購入しています。

なお、同氏はこれまでにも何度かそのスタンスを変更しており、しかし「動画を配信する」ことを第一義に考えているであろうことはずっと変わらず。

しかし世界中あちこち飛び回っていたのでは動画を編集する時間も取れず、「自身のコレクションのレビュー」へとシフトしたほうが、動画の作成にかかる時間をより多く取ることができると考えたのだろう、とも推測しています。

あわせてShmee150氏は、それらコレクションを収納するガレージも建設しており、今後はちょっと「スタイルを変えた」Shmee150氏を見ることができるかもしれませんね。

ユーチューバーのもとへ特別カラーのランボルギーニ・ウラカンSTOが納車される!納車時の付属品にはこんなものがついてくる
【動画】ユーチューバーのもとへ特別カラーのランボルギーニ・ウラカンSTOが納車される!納車時の付属品にはこんなものがついてくる

| 現在、ランボルギーニ・ウラカンSTOの「コントラストカラー」を注文できる数は限られているそうだ |この記事のもくじ| 現在、ランボルギーニ・ウラカンSTOの「コントラストカラー」を注文できる数は限 ...

続きを見る

今回はフェラーリSF90ストラダーレをオーダー

そして今回Shmee150氏が注文するのはフェラーリSF90ストラダーレ。

訪問したディーラーはロンドンの老舗、HRオーウェンだそうですが、ディーラー内にあるサンプルや専用カーコンフィギュレーターにて様々な調整を行っています。

4

まず、ディーラー内はこんな感じで、シートやホイール、レザー、ステアリングホイール、ブレーキ等のサンプルが置いてあります。

7

ボディカラーだと、こういったミニチュア風のサンプルも。

こういった立体のサンプルがあれば実際のクルマのイメージを掴みやすく、ボディカラーを決めやすいと思います。

6

そしてレザーのサンプルを合わせてイメージを再確認。

5

壁面にはモニターが設置され、実際に選んだカラーや素材を組み合わせ、コンフィギュレーターにて確認することができます(もちろん日本のフェラーリ正規ディーラーでも可能)。

2

インテリアはこんな感じ。

サッビアとブルー・スターリングとのコンビです。

1

もちろんフェラーリではシートのアクセント(インサート)、ステッチ、シートベルト、内装のアッパーやロワーパート、ステアリングホイール、センタートンネル、各種刺繍、フロアマットなど、考えうる場所は「ほぼすべて」カスタムオーダーが可能です。

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに ...

続きを見る

室内や室外、夜間、そのほかいくつかのシチュエーションにてイメージを確認可能。

なお、Shmee150氏はかつて、ブルー・ル・マンのフェラーリFF、ブルー・ツール・ド・フランスのフェラーリGTC4ルッソを所有していたことがあり、今回もやはりブルー(ブルー・エレットリコ)を選択することに。

これは多層メタリック塗装で、非常に深みのあるカラーなのだそう。

そのほかカーボンファイバーのエクステリア、シルバーの鍛造ホイール、イエローのフェラーリ・エンブレムにあわせてイエローのブレーキキャリパーをチョイス。

3

ちなみにShmee150氏は「サーキット志向の」アセット・フィオラノ・パッケージを選択していませんが、これは「普段快適に乗りたいから」だそうで、よって快適志向のシートやフロントリフター、各種ドライバーズアシスト、サウンドシステム等を追加しているようですね。

なお、納車は2022年3月くらいを予定しているとのことなので、「かなり早い」納車となりそうです。

さらにはロータス・エミーラも注文

そしてShmee150氏の勢いは留まるところを知らず、ロータス・エミーラもオーダーするためにロータスの正規ディーラー、ベル&コルヴィルを訪れることに。

35

こちらはディーラー内に置いてあるロータス・エミーラ”ファーストエディション”。

Shmee150氏が注文するのもやはり初回限定モデルのファーストエディションです。

33

ロータス・エミーラのオプションはチェストに収められており、その引き出しを開けるとこんな感じでボディカラーのサンプルが。

フェラーリに比べてかなり「寂しい」のが現状ですが、これは(ロータスが本気でスーパーカービジネスに参入するならば)おいおい改善されてゆくものと思われます。

32

こちらはインテリアの選択肢。

やっぱりちょっと寂しめですね。

31

最終的にShmee150氏がオーダーしたのはヘセル・イエローにブラックパック(ルーフやディティールがブラックになる)というエクステリアを持ち、ホイールは20インチのシルバー(タイヤはミシュラン・スポーツカップ2)、ブレーキキャリパーはブラック。

同氏がイエローのボディカラーを選ぶのはかなり珍しいと考えていますが、つい最近、自身のメルセデスAMG GTブラックシリーズをイエローにペイントしているので、同氏の中でイエローは「最新トレンド」なのかもしれません。

30

ちなみにサスペンションは「ツアー」ではなくハードな「スポーツ」を選んでおり、エンジンはV6そしてトランスミッションは「マニュアル」。

インテリアについてはグレーのレザーを中心に、グレーのセンターマークが入ったブラックのステアリングホイールを装着しているようですね。

こちらの納車も2022年春になる、とのこと。

ロータス・エミーラ
参考ロータス・エミーラのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは6色、内装は4色、ブレーキカラーも4色。このクルマがフェラーリF8トリブートの1/3で購入できるとは

| ロータス・エミーラは発表と同時に称賛の嵐に包まれているようだ |この記事のもくじ| ロータス・エミーラは発表と同時に称賛の嵐に包まれているようだ |この価格でこの内容を実現できたのは驚きとしかいい ...

続きを見る

Shmee150氏がフェラーリSF90ストラダーレ、ロータス・エミーラを注文する動画はこちら

参照:Shmee150

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, >ロータス(Lotus)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5