ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】これは一体?フェラーリ社屋付近にて、超オーバーフェンダー、ボンネットがモッコリ、車高アップのGTC4ルッソが目撃される

投稿日:

【動画】これは一体?フェラーリ社屋付近にて、超オーバーフェンダー、ボンネットがモッコリ、車高アップのGTC4ルッソが目撃される

| 偽装らしい偽装はなく、つまりは「周りから見られてもいい」クルマということになる |

「車両そのもの」ではなく、その内側にある「パーツ」テスト用車両?

さて、直近におけるフェラーリ最大の目玉はブランド初となるSUV「プロサングエ」ということになりますが、そのプロサングエはどうやら4620万円以下の価格帯で登場することになりそう。

そして今回、そのプロサングエとは別の「オフローダーっぽい」プロトタイプが目撃され、多くの人を混乱に陥れています。

日本に恐るべきスーパーカー/ハイパーカーディーラーが存在した!ブガッティ・チェントデェチ(16.5億)、フェラーリ・デイトナSP3(4.6億)、さらにはプロサングエも4620万円で販売中
日本に恐るべきスーパーカー/ハイパーカーディーラーが存在した!ブガッティ・チェントデェチ(16.5億)、フェラーリ・デイトナSP3(4.6億)、さらにはプロサングエも4620万円で販売中

| これが事実であれば、フェラーリ・プロサングエの新車価格は4620万円以下、そしてすでに受注が開始されている? |この記事のもくじ| これが事実であれば、フェラーリ・プロサングエの新車価格は4620 ...

続きを見る

プロサングエと関係があるのか、それとも全く別なのか?

動画ではまず、フェラーリの設備から出てくる謎のプロトタイプを捉えるところから始まっており、見た感じではGTC4ルッソの「ハイライダー」。

ただ、その前後フェンダーは大きく張り出していて、単に車高を上げただけのモデルではないようですね。

2022-02-26 7.57.04

フロントフードも大きく盛り上がり、フロントグリルの中にはワイヤー類が見えるので、なんらかの「試作ユニット」を積んでいるのは間違いなさそう。

そしてやはりフェンダーはぐっと拡張されていますが、そのほかはとくにGTC4ルッソと変わりがないようですね。

2022-02-26 7.57.19

こうやって見るとボンネットの盛り上がりはかなり巨大。

フェラーリは現在「新型V12エンジン」を開発しているとされ、その新しいエンジンを積んでいる可能性もありそうです(にしても、ここまで車高を上げる意味もなさそうに思う)。

2022-02-26 7.58.01

フェラーリが新型V12エンジンの特許を出願。フェラーリはなんとしても「自然吸気V12エンジン」を諦めない

| フェラーリはV12エンジンを生き残らせるためにハイブリッドもターボ化も行わない | フェラーリが新型V12エンジンの特許を出願。この出願自体は2019年4月24日になされたものですが、公開となった ...

続きを見る

フロントフェンダー、ボンネット、サイドステップ、リアフェンダー等がマットブラック、そして他の部分はダークブルーというカラーリングを持ち、つまりは変更されている部分が「マットブラック」になっているもよう。

2022-02-26 7.58.09

なぜこの「謎」フェラーリにはカモフラージュがない?

見る限りでは前後ワイドフェンダーが「けっこうスムーズ」に取り付けられており、それなりに手間をかけたプロトタイプのように思われますが、気になるのは「なぜカモフラージュがないのか」。

これまでのフェラーリのプロトタイプは、その市販時の姿をさとられないようにすべからくシートやファブリックなどで偽装が施されていて、しかしこのGTC4ルッソには偽装のたぐいがなく、その意味でもこれまでのプロトタイプと全く異なります。

2022-02-26 7.58.16

よって、このプロトタイプは「見られても構わない」クルマなのだと考えるのが妥当で、つまりは「市販の可能性がないクルマ」なのかも。

じゃあなぜこのクルマをテストしているのかということですが、プロサングエ含む、今後のフェラーリに使用されるなんらかのパーツをテストしていると考えるのが妥当です。

ただ、「ハイブリッド」を示すステッカーも見られず、よってハイブリッドユニットをテストしているわけではなく、しかしボンネットの盛り上がり、前後フェンダーの張り出しを見るに、「エンジン、そして足回り」関係の何かを検証している可能性が高そうですね。

2022-02-26 7.58.32

ホイールハウスとタイヤとの隙間からダンパーやスプリングが見えるほど車高が高く、しかし奇妙なことにタイヤとホイールはプロサングエのような「大径」ではなく通常のGTC4ルッソなどスーパースポーツに採用されるものと同じようにも感じられ、考えれば考えるほど「謎」なプロトタイプだと思います。

2022-02-26 7.58.48

謎のフェラーリGTC4ルッソを捉えた動画はこちら

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

【動画】フェラーリ・プロサングエ最新の試作車が目撃!ボディ形状はやはりSUV的、なぜかブルーのテープを貼ってテスト中
【動画】フェラーリ・プロサングエ最新の試作車が目撃!ボディ形状はやはりSUV的、なぜかブルーのテープを貼ってテスト中

| やはりフェラーリ・プロサングエは相当に大きなクルマであることには間違いがない |この記事のもくじ| やはりフェラーリ・プロサングエは相当に大きなクルマであることには間違いがない |全高がしっかり確 ...

続きを見る

フェラーリのSUV「プロサングエ」の姿が工場からリーク!SF90、ローマ、296GTB、モンツァSP1/SPなど最近のフェラーリのデザインを反映させ、全身から「フェラーリオーラ」を漂わせる
フェラーリのSUV「プロサングエ」の姿が工場からリーク!SF90、ローマ、296GTB、モンツァSP1/SPなど最近のフェラーリのデザインを反映させ、全身から「フェラーリオーラ」を漂わせる

| まさかここまでプロサングエがほかのフェラーリ各モデルとの共通性を持つとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかここまでプロサングエがほかのフェラーリ各モデルとの共通性を持つとは思わなかった | ...

続きを見る

【動画】フェラーリの新型SUV「プロサングエ」試作車がサーキットをドリフト走行!V12とV6ハイブリッドがラインアップ、価格は4500万円位になるもよう
【動画】フェラーリの新型SUV「プロサングエ」試作車がサーキットをドリフト走行!V12とV6ハイブリッドがラインアップ、価格は4500万円位になるもよう

| 今の時代、SUVはとてつもない「儲けネタ」なのは間違いない |この記事のもくじ| 今の時代、SUVはとてつもない「儲けネタ」なのは間違いない |フェラーリ・プロサングエは4500万円であっても飛ぶ ...

続きを見る

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5