ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】市販スペックらしきフェラーリ・プロサングエが目撃!なぜフェラーリオーナーが「フェラーリのSUVに肯定的」なのに非オーナーは否定的なのか

投稿日:

【動画】市販スペックらしきフェラーリ・プロサングエが目撃!なぜフェラーリオーナーが「フェラーリのSUVに肯定的」なのに非オーナーは否定的なのか

| フェラーリオーナーはそれだけの懐の深さがあるからこそ、フェラーリオーナーになれたのだと思う |

世の中、否定だらけでは疲れるし先に進めない

さて、イタリア在住のスーパーカー系スパイユーチューバー、Varryx氏が最新のフェラーリ・プロサングエのテスト風景を捉えて自身のYoutubeチャンネルへと公開。

このプロサングエは言わずと知れたフェラーリ初のSUV、そして4ドア(5ドア)ボディを持つクルマです。

まずはV12エンジン搭載モデルが数カ月後にデビューし、その後には296GTB同様のV6ハイブリッドを積むバリエーションが登場し、ピュアエレクトリックモデルも(2026年あたりに)発売されると言われていますね。

そのデザインは現行フェラーリの集大成

プロサングエのデザインについてはすでにリーク画像が出回っていて、ほぼその外装については「確定」している状態ですが、それらリーク、そしてスパイフォトやスパイビデオを見ると「フロントはローマ、リアは296GTB」といった感じの意匠を持ち、現行フェラーリのデザインが集約されたというイメージも。

そしてプロサングエにそういったデザインを与えるということは、これからしばらくは「今の路線」を継続するとも考えられ、新世代のデザインが採用されるのはまだ数年先となるのかもしれません。

フェラーリのSUV「プロサングエ」の姿が工場からリーク!SF90、ローマ、296GTB、モンツァSP1/SPなど最近のフェラーリのデザインを反映させ、全身から「フェラーリオーラ」を漂わせる
フェラーリのSUV「プロサングエ」の姿が工場からリーク!SF90、ローマ、296GTB、モンツァSP1/SPなど最近のフェラーリのデザインを反映させ、全身から「フェラーリオーラ」を漂わせる

| まさかここまでプロサングエがほかのフェラーリ各モデルとの共通性を持つとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかここまでプロサングエがほかのフェラーリ各モデルとの共通性を持つとは思わなかった | ...

続きを見る

フェラーリ・プロサングエはオーナーの待ち望んでいたクルマ?

ちなみにですが、ぼくは先週「フェラーリ・レーシング・デイズ2022」に参加していて、そこでは色々な情報をゲットすることができ、そこでたくさんのフェラーリオーナーさんと話をしていると(お声がけありがとうございました)、フェラーリオーナー同士の挨拶が「プロサングエ注文した?」みたいな感じになっていたのが印象的。

プロサングエは既存フェラーリオーナー、しかも上位顧客しか注文できないとされていますが(つまりぼくにはまったく購入権がない)、フェラーリオーナーの間でいまもっともホットな話題がこの「プロサングエ」。

フェラーリ・レーシング・デイズ
フェラーリ・レーシング・デイズに行ってきた!フェラーリオーナー限定のイベントはあまりに刺激に満ち溢れ、そして愛にも溢れていた

| これほど来場者の質、スタッフの質が高いイベントはそうそうない |この記事のもくじ| これほど来場者の質、スタッフの質が高いイベントはそうそうない |やはり質の高いサービスを提供しようとすれば、質の ...

続きを見る

つまりはフェラーリオーナーの多く(というかほとんど)がこのプロサングエに大きな期待を寄せ、歓迎しているということになりますが、これは世間一般で「最近のフェラーリはどうしたんだ」「フェラーリもついに日和ったか・・・」「フェラーリ終わったな」と囁かれているのとは全く逆の傾向です。

そこでこういった動向について「なんでだろうな」とぼくなりに考えてみると、総じて「フェラーリオーナーはプロサングエ歓迎」「非フェラーリオーナーはプロサングエ否定」という傾向が強いもよう。

これは「ポルシェの水冷化反対」「ミニが大きくなったことに不満を述べる」ケースと同様であり、実際のオーナーはそれを受け入れているのに、非オーナー(それを買わない人)ばかりがそれを批判するといった風潮によく似ているのかもしれません。

もしくは、自動車メーカーはどこかで変革を行わねばならず、その変革によって否定派が自動的に”ふるい”にかけられ、残ったのが肯定派のみなのだとも考えられます(直近だと、シボレーがコルベットをミドシップ化するにあたり、それについて来れない保守派を切り捨てている。時代に合わせ、それまでのコルベットオーナーに人気だったメッキ系オプションも廃止した)。

シボレー・コルベット
参考C8世代、新型コルベットオーナーの年収は「C7世代のコルベットオーナーよりも790万円高い」という事実!なぜこんなことが起こりうるのか

| C8コルベットオーナーの「平均年収」を知りたいものだ |この記事のもくじ| C8コルベットオーナーの「平均年収」を知りたいものだ |同じクルマなのに、ここまで差があるとはシボレーは「これまでのファ ...

続きを見る

ボクらは先に進むか、そこにとどまるかを選ぶことができる

これについては似たような例がいくつかあり、顕著なものとしては「ロールスロイス」。

ロールスロイスというと「保守的な高級車の代表格」といった感じですが、実際にはカリナンを発売したり、アヴァンギャルドなブラックバッジを発売したり、パステルカラーやネオンカラーのクルマを発売したり、ハイブリッドを通り超えて一気にピュアエレクトリックへと移ることを発表したり。

こういった展開にさぞや顧客が戸惑っているんじゃないかと思ったものの、実はそうではなく、ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベッシュ氏によると「我々の顧客は世界のトップで活躍している方々ばかりです。そういった方々は、時代の変化に敏感であり、時代の先をゆくことも多々あります。彼らの多くは自身で事業を営んでいる場合がほとんどで、その事業においても変化と多様性がいかに重要であるかをよく理解しており、変化しなければ取り残されることを実体験として感じ取っています。よって我々の顧客は、我々の新しいチャレンジには肯定的です」。

ロールスロイス・ファントム
ロールスロイスの平均顧客年齢は43歳!同グループのミニやBMWよりも若くベントレーの56歳、メルセデス・ベンツの50歳よりもずっと下。「スペクターが2ドアなのは若者を意識したから」

| ロールスロイスが「成功した若者の必須アイテム」となったのは疑いの余地がない |この記事のもくじ| ロールスロイスが「成功した若者の必須アイテム」となったのは疑いの余地がない |おそらくロールスロイ ...

続きを見る

こういったコメントを聞くと「なるほどな」と思うことがあり、時代の変化や要望に合わせて対応するからこそロールスロイスを購入するだけの財力を維持し続けることができるのだと実感させられますが(とくにコロナ禍においては、文句をいうだけの人と、それをチャンスと捉えて動いた人との差が大きかった)、変化に対する許容性や先見性というのも高級車オーナーやスーパーカーオーナーの共通点なのかもしれません。

そう考えると、フェラーリオーナーの多くがプロサングエに対して「YES」というサインを送っていることについては納得でき、むしろフェラーリに対して「時代にあわせて変化し、未来永劫生き残って欲しい」とも考えていて、彼らが望むのは「過去の成功法則に囚われて先に進もうとしない」フェラーリではない、ということなのでしょうね。※スポーツカーしか作るな、ということはそのメーカーの未来そのものを否定することになる

参考清水草一「マツダファンがマツダに真に望むこと、それは倒産」

| ロータリーエンジン搭載車を発売したらマツダは潰れる | WebCGにて清水草一氏の連載記事「カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!?」が掲載に。 毎回持論かつ極論を展開して楽しませて ...

続きを見る

最新のフェラーリ・プロサングエ試作車を捉えた動画はこちら

合わせて読みたい、フェラーリ・プロサングエ関連投稿

フェラーリ
フェラーリ中東のCEOが「プロサングエは限定」と明言!新しい顧客を呼び込むことを目標としつつも生産は既存顧客分が優先されることに

| すでにプロサングエはかなりの反響を獲得しているようだ |この記事のもくじ| すでにプロサングエはかなりの反響を獲得しているようだ |なんだかんだで一般人が注文すれば「2年以上」は確実に納期を要しそ ...

続きを見る

フェラーリが新型SUV「プロサングエ」にV12エンジンを搭載すると正式にコメント!「様々な選択肢を試したが、V12以外にはない。このクルマは我々の伝統の子孫なのです」
フェラーリが新型SUV「プロサングエ」にV12エンジンを搭載すると正式にコメント!「様々な選択肢を試したが、V12以外にはない。このクルマは我々の伝統の子孫なのです」

| フロントエンジン+V12はフェラーリの血統そのもの |この記事のもくじ| フロントエンジン+V12はフェラーリの血統そのもの |まさに「プロサングエ=サラブレッド」の名にふさわしいプロサングエ=サ ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリが投資家向けイベントにて「プロサングエにはV12エンジン搭載」「販売台数は全体の20%以内」と言及!やはり一見さんに購入は難しそう

| やはり当初のウワサどおり、プロサングエは上位顧客しか購入できないようだ |この記事のもくじ| やはり当初のウワサどおり、プロサングエは上位顧客しか購入できないようだ |それにしても、このご時世にV ...

続きを見る

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5