>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

F250?フェラーリの新型スーパーカー(ハイパーカー)発売と生産計画がリーク。ラフェラーリベースで1,200馬力、クーペ599台、オープンは80周年記念モデルとして199台が発売か

フェラーリ

| そのリーク内容はかなり細かく、かつ諸々のウワサとも符合しており、信憑性が高いと考えられる |

問題はこの新型フェラーリがハイブリッドなのかピュアエレクトリックなのかということだ

さて、フェラーリがコードネーム「F250」なるスーパーカー(ハイパーカー)を発売する可能性が報じられ、その生産台数や発表までのスケジュールが明かされることに。

これはラフェラーリベース、そして1,200馬力を発生するとされ、先行プロトタイプ(Mulotipi)が2022年7月に、プロトタイプ(Prototipi)が2023年3月に生産を開始、さらに2024年1月には量産のための試作品(Avanserie)が登場し、2024年5月にはプリプロダクションモデル(Preserie)が製造されるというスケジュールです。※フェラーリの開発段階、そしてそれら各段階で製作される車両についてはフェラーリ公式コンテンツにて紹介されている

製造されるのは合計で828台

そしてこの「F250」については生産スケジュールも(それを信じるならば)公開されていて、まずはクローズドボディと思われるF250が2024年10月に発表され、2025年に220台、2026年に300台、2027年に79台(これで599台)生産されることに。

さらに2026年7月には「XX」モデルが発表されて2027年に20台、2028年に10台(計30台)が製造。

そして2027年10月にはオープンモデルが発表され、これは2028年に50台、2029年に79台、2030年に70台(計199台)が作られ、これらすべてを合わせると828台、という数字となるわけですね。

なお、フェラーリは1947年に設立されているので、2027年に発表されるオープンカーは「80周年記念モデル」ということになりそうです。

現時点ではパワートレインは謎のまま

このF250についてはその発表時期や生産時期、生産台数以外はまったくのナゾではありますが、フェラーリは2025年あたりに初のエレクトリックスポーツを発売するとコメントしており、もしかするとこのF250は「ピュアエレクトリック」となる可能性も。

となると、新しい「XX」そしてフェラーリ創立80周年記念モデルもピュアエレクトリックカーになるということを意味しますが、新しい時代へ向かうということを考えると「そう」だとも捉えることもできますし、XXプログラムという、公道での法規が適用されないシリーズをエレクトリック化するのか、そしてフェラーリの重要な節目にエレクトリックカーを記念モデルとして発売するのかどうか、という疑問も残ります。

フェラーリ
フェラーリが中期計画を発表!今後5年で15車種を発売、2025年には初のピュアEV、ハイパーカーも。ターゲットは100万ドル(1.3億)以上の投資可能資産を持つ富裕層

| 今後もフェラーリの中心的価値は「ドライビングプレジャー」、そして希少化戦略は揺るがない | ガソリン車の販売比率が縮小するも、ガソリンエンジンの開発は継続 さて、フェラーリが投資家向けに「キャピタ ...

続きを見る

ちなみにフェラーリは、初のピュアエレクトリックスポーツについて「跳ね馬の伝統に根ざし、幅広い技術的専門知識を駆使して、ドライビングのスリルをさらに高めたクルマになる」「出力密度、重量、サウンド、ドライビング・エモーションなど、あらゆる次元で際立った存在となる」、そしてなにより「真のフェラーリになる」とコメント。

フェラーリの記念モデルは後世に長く残すべき存在であり、その存在に「これからまだまだ改良されてゆく余地がたくさん残る」、つまり時の経過とともに陳腐化してしまうエレクトリックカーを記念モデルにする可能性は現時点では高くないのかもしれませんが、「真のフェラーリ」として、時代の変革をアピールするひとつの記念碑的モデルとしてエレクトリックカーを「周年記念限定モデル」に設定する意味も大きいと考えることも可能です。

やはりフェラーリF250はガソリンエンジン搭載か

しかしながら今回のリークでは「ラフェラーリベース」「1,200馬力」とされており、ここから推測するにV12エンジン+ハイブリッドだと想像しており、その理由はピュアエレクトリックカーであれば、他メーカーへの対抗上、もっと出力を上げてくると思うから。

Ferrari-LMH-Hypercar (7)

そうなるとラフェラーリやFXX K(EVO)とどう違うのかということにもなりますが、この新しいスーパーカーについて、投資家向け説明会では(詳細に触れてはいないものの)F1そしてル・マン24時間レース用のハイパーカーから技術的フィードバックを受けるともコメントされているので、「ル・マン・ハイパーカーからの技術」というところがラフェラーリとは異なる部分になりそうです。※実際のところ、フェラーリはこのル・マン・ハイパーカーについて、ロードカーに転用できる技術も含まれるとコメントしている

あわせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリがEV用プラットフォームの特許を出願!ガソリンエンジンではできない構造を採用し、完全に新しい考え方を導入した新世代へ
フェラーリがEV用プラットフォームの特許を出願!ガソリンエンジンではできない構造を採用し、完全に新しい考え方を導入した新世代へ

| この新しいフェラーリのプラットフォームは「見れば見るほど」よく出来ているようだ | この図面を見るに、他社もうかうかしてはいられない さて、フェラーリは現在スーパーカーメーカーの中でも先陣を切って ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリが「初のエレクトリックハイパーカーは完全にユニークで、真のフェラーリとなるだろう」。ボクはもはやこのコメントには疑う余地がないと考えている

| フェラーリは数日前にも「SUVであっても真のフェラーリ」を作ることができると証明したばかり | ガソリンエンジンがないと楽しいクルマができないと多くの自動車メーカーは考えているが フェラーリは先ご ...

続きを見る

フェラーリが「ピュアEV」特許図面を申請。モーターは4つ、その理由とは?

| 遅かれ早かれ、フェラーリもピュアエレクトリックカーに移行する時代がやってくる | フェラーリは先日2025年以降に「フルエレクトリックモデルを発売」とコメントしたところですが、Taycan EV ...

続きを見る

参照:Autopareri,

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,