ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

わずか3台のみが製作された「ヴェルデ・メディオ・ニジンスキー」を身にまとうフェラーリ・ディーノ246GTSが競売に登場!カラーの由来は有名なサラブレッド

投稿日:2022/11/02 更新日:

わずか3台のみが製作された「ヴェルデ・メディオ・ニジンスキー」を身にまとうフェラーリ・ディーノ246GTSが競売に登場!カラーの由来は有名なサラブレッド

| フェラーリに「グリーン」はかなり珍しい |

希少モデルに希少カラーの組み合わせということでコレクション価値は非常に高い

さて、フェラーリの歴史の中でも特別な存在である「ディーノ」。

もともとはサブブランドとして発足しつつもわずか数年でフェラーリに統合されることになっており、しかしなによりフェラーリのファンにとっては、「ディーノ」というブランド名が、フェラーリ創業者であるエンツォ・フェラーリの愛息の愛称から取られたことに共感を覚えるかもしれません。

そんなディーノですが、1950年代後半に1.5リッターのF1用として誕生した65度V型6気筒エンジンを2リッターに拡大して搭載した206GT、そのエンジンをさらに2.4リッターへと容量アップし搭載した246GTそしてそのオープントップ版である246GTSへとラインアップを拡大しています。

Ferrari-Dino (8)

ディーノ246GTSはもっとも「ホット」なヴィンテージ・フェラーリ

フェラーリにおいて「オープンモデルの価値が高い」のはよく知られた事実ですが、それはこのディーノ246においても同様で、究極の進化系とされるディーノ246GTSは特段の人気を価値を誇っており、多くのコレクターの羨望の的となっています。

Ferrari-Dino (7)

今回オークションに登場したのは美しいグリーンのボディカラーを身にまとうディーノ246GTSディーノで、落札まで2日程を残し、すでに8000万円くらいまで価格が上昇中。

Ferrari-Dino (10)

ちなみにこのボディカラーは「ヴェルデ・メディオ・ニジンスキー(Verde Medio Nijinsky)だと紹介されており、1970年に35年ぶりにイギリスクラシック3冠を達成したカナダのサラブレッド、「ニジンスキーII」にちなんだものだとされています(ニジンスキーII以降、3冠馬は今まで登場していないそうだ)。

Ferrari-Dino (13)

このカラーはフェラーリの工場にてペイントされた「純正色」ということになりますが、ディーノ246GTSでこのカラーを持つのは「わずか3台のみ」。

フェラーリにグリーンというのはあまり馴染みがないものの、ディーノ246GTSのボディラインによくマッチしているように見えますね。

Ferrari-Dino (19)

ボディデザインはもちろんピニンファリーナ(ただし、この後のディーノ308GT4ではベルトーネがデザインを担当している)。

Ferrari-Dino (9)

ドアオープナーは目立たないように装着されており、こういったところがやはり「イタリア車」を感じさせるところ(現代に至るまで、イタリアの自動車メーカーの多くはドアハンドルをうまく隠そうと努めてきた)。

Ferrari-Dino (17)

ボディやホイールセンターキャップのエンブレムは「ディーノ」。

Ferrari-Dino (16)

特筆すべきはインテリアで、明るいブラウン、そしてデイトナシートのストライプはブラック。

Ferrari-Dino (6)

このディーノ246GTSはこういった経歴を持っている

そこでこのディーノ246GTS(シャシーナンバー08454)の来歴を見てみると、246GTSの最終生産シリーズ25台のうちの一台として1974年5月に完成してアメリカへと出荷され、ハリウッドのソーシャライト、サンドラ・ウェストがハリウッド・スポーツカーズを通じて新車で購入したと記録されています。

Ferrari-Dino (11)

サンドラ・ウェストはハリウッドのソーシャライトであり、亡き夫の遺産であるテキサスのオイルマネーを相続した人物だといい、1970年代半ばからハリウッドのセレブリティ・タブロイド誌にたびたび登場し、その優雅な生活がなにかと話題になることが多かったもよう。

Ferrari-Dino (12)

このディーノ246GTSのほか、330アメリカなど数台のフェラーリを所有しており、彼女が記した遺書には「彼女の遺体をお気に入りのナイトガウンに着替えさせ、330アメリカのハンドルを握らせ、コンクリートで固めて埋葬してほしい」という記載があり、こちらも全米で大きな話題となったとされています(これが実行されたかどうかは定かではない)。

Ferrari-Dino (14)

当時の走行距離は1,700マイルにとどまり、その後サンドラ・ウェストの弁護士であるジョン・バレンタインが購入したとされ、その後1979年にオレゴン州ポートランドのロイ・ファーリスに売却されています。

このとき、ディーノ246GTSはフライ・イエローにペイントされ、その直後にはネバダ州リノのグランド・ツーリング・インポートで販売されることに。

Ferrari-Dino (15)

その後サハラ・タホやミントのカジノに展示されたり、ラスベガスの伝説的経営者、ウィリアム・ベネットが1984年にこの246GTSを購入したこともあったそうですが、同氏は自身の所有期間中、ボディカラーをレッドに塗り直し、カジノ内に展示した、とも伝えられています(はじめてラスベガスに行ったときには驚いたが、射幸心を煽るためにカジノ内のあちこちに高級車やスーパーカーが展示されていた)。

Ferrari-Dino (5)

さらに時は流れて1988年、この246GTSはロサンゼルスのチェッカーフラッグ・インターナショナルが買い取って映画プロデューサーのカミーユ・テイラーへと売却し、2年後にはテキサス州シャディショア在住のJ・R・モジエに売却されていますが、同氏はその後約25年間このクルマを所有しています。

Ferrari-Dino (4)

2014年になると、このディーノ246はオリジナルのカラーコンビネーションにてレストアされ、その後ロサンゼルスを拠点とするフェラーリ・コレクターが購入したのち、エンジンのコンプリート・リビルドとディテールアップ、足回りのレストアが施され、メカニカルなリフレッシュが施されることに。

Ferrari-Dino (18)

さらに後の2016年にはRMサザビーズを通じて現オーナーが入手しており現在に至るそうですが、よくここまで細かい履歴を拾えたものだと感心させられますね。

とにもかくにも、このディーノ246GTSは工場出荷時の仕様へと戻され、フェラーリ・クラシケの認定書が付属するほか、様々な書類や工具が付属すると紹介されており、数々の著名人が所有してきたという経歴からするに、まだまだ価格が上がるのかもしれません。

Ferrari-Dino (3)

あわせて読みたい、フェラーリ・ディーノ関連投稿

フェラーリ・ディーノ史上もっとも「謎に満ちた個体」。住宅街の地面から偶然出てくるも再度行方不明に

| なぜ住宅街の地面に? | フェラーリ・ディーノは今年で50周年を迎えますが、そんなディーノのちょっとめずらしい話をここで紹介。 アメリカはロサンゼルスの住宅街の地面の下からディーノ246GTSが出 ...

続きを見る

フェラーリ”ディーノ”は今年で50年。聖地マラネロに150台のディーノが集まる。でも「ディーノ」って?

| 涙なしには語れない「ディーノ」誕生の物語 | 「ディーノ発売」50周年を記念し、ムゼオ・フェラーリ・マラネロへと150台のディーノが集結。 よく「フェラーリ・ディーノ」とは言われるものの、ディーノ ...

続きを見る

【動画】非常に珍しい、キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)の乗っていたフェラーリ246ディーノが登場

| 非常に珍しい、キース・リチャーズの乗っていたフェラーリ・ディーノ | ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズがかつて所有していたフェラーリ・ディーノ246GTがオークションに登場予 ...

続きを見る

参照:RM Sotherby's

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5