ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリが「全モデルが完売」「来年も強い成長が可能」とコメントし利益予想を上方修正。296GTBの納車が進み、プロサングエが「予想を遥かに超える受注」

投稿日:2022/11/04 更新日:

フェラーリ

| フェラーリはさらに今後後年間で14車種の発表を控えている |

おそらくオプション装着率の向上で利益はさらに拡大すると考えられる

さて、ロイター報じたところによると「フェラーリのモデルは一部を除き全て完売」、そして「全地域向けの出荷台数が増加」、そして「現在の不透明な状況においても、将来の見通しは明るい」。

これはフェラーリCEO、ベネデット・ビーニャ氏が語った内容として報じられ、同氏はアナリスト向けに同社の第3四半期決算の概要を公開し、現在の金融情勢が「世界規模での新たな課題(インフレ)」をもたらしているものの、フェラーリとそのサプライヤーにとっては、好調な受注に支えられ、将来に向けて良い兆しが見られる」、と語ったもよう。

フェラーリは来年に向けて非常に前向き

加えてベネデット・ビーニャ氏は「また、来年度に向けても非常に前向きです。これは、全製品と全地域にまたがるオーダーブック(受注残)のおかげです。一部のモデルを除き、全モデルが完売しています」と続けており、チップ不足、原料の高騰、輸送費含むインフレ等のネガティブ要因にもかかわらず強い需要があることが伺えます。

フェラーリの第3四半期の調整後利益は17%増の4億3500万ユーロであり、出荷台数については296GTBと限定生産の812コンペティツィオーネの納車に支えられ、第3四半期を通じてEMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)を除く全地域で出荷台数が急増。※日本だと、フェラーリの販売台数は1−9月で前年比131.4%

フェラーリの場合、常に需要が供給を上回る状態なので、どこかの地域の需要が落ち込もうとも、生産台数を維持もしくは増加させて他の地域の需要を消化することができるので、「いかなる状態においても(生産能力に問題が生じない限り)」出荷台数が前年を割ることはないのかもしれません。

さらにはプロサングエの受注が「どんなに楽観的な予想をも上回った」としており、非常に強いバイヤーの関心を集めたことについても触れています。

フェラーリが早速ル・マン・ハイパーカー499Pを走らせる!LMDh規定ではなく自社による車体開発を選択し、勝利のためのキーは「フロントモーターとブレーキ・バイ・ワイヤ」【動画】

フェラーリは利益予想を上方修正

この第3四半期の成功を受け、フェラーリは今年の調整後の利払い、税引き、減価償却前利益を、前回予想の17億ユーロ(16億7000万ドル)から17億3000万ユーロ(17億ドル)以上に引き上げるとコメントしていますが、おそらく今後もオプション装着率の増加等によって「販売台数以上に」利益が伸びてゆくのは間違いなさそう。

フェラーリ
フェラーリが中期計画を発表!今後5年で15車種を発売、2025年には初のピュアEV、ハイパーカーも。ターゲットは100万ドル(1.3億)以上の投資可能資産を持つ富裕層

| 今後もフェラーリの中心的価値は「ドライビングプレジャー」、そして希少化戦略は揺るがない |この記事のもくじ| 今後もフェラーリの中心的価値は「ドライビングプレジャー」、そして希少化戦略は揺るがない ...

続きを見る

なお、フェラーリは今後5年であと14車種を発表するという計画を持っており、その中にはラフェラーリの後継となるハイパーカーも含まれ、2023年には1965年以来の”耐久レース最高峰”であるル・マン24時間レースへと復帰を決めており、ここで結果を残すことができればさらなる成功も期待できそうですね。

フェラーリがル・マン24時間レースを戦うハイパーカー「499P」を公開!50年ぶりの耐久レースのトップカテゴリに復帰、勝利にかける情熱は計り知れない
フェラーリがル・マン24時間レースを戦うハイパーカー「499P」を公開!50年ぶりの耐久レースのトップカテゴリに復帰、勝利にかける情熱は計り知れない

| フェラーリはこの499P開発のためにF1、そしてGTレースにおけるノウハウを集結させている |この記事のもくじ| フェラーリはこの499P開発のためにF1、そしてGTレースにおけるノウハウを集結さ ...

続きを見る

あわせて読みたい、フェラーリ関連投稿

発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性
発表されたばかりのフェラーリ新型SUV「プロサングエ」。たった1日でモデルライフすべての生産枠がほぼ埋まってしまい、「このままでは作りきれなくなるのですぐに受注終了」の可能性

| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |この記事のもくじ| ボクは「フェラーリとロレックスが売れなくなったら」世界が終わると考えている |わかっていたことでは ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリが2022年第2四半期の業績を発表!「すべての指標が伸び、過去最高の四半期になった」。車両販売と利益が大きく伸び、単価の向上、オプション装着率向上が寄与

| フェラーリはどのような状況であっても圧倒的な強さを見せる |この記事のもくじ| フェラーリはどのような状況であっても圧倒的な強さを見せる |「効率性」を考慮すると、今後も単価の向上、そしてオプショ ...

続きを見る

フェラーリ
F250?フェラーリの新型スーパーカー(ハイパーカー)発売と生産計画がリーク。ラフェラーリベースで1,200馬力、クーペ599台、オープンは80周年記念モデルとして199台が発売か

| そのリーク内容はかなり細かく、かつ諸々のウワサとも符合しており、信憑性が高いと考えられる |この記事のもくじ| そのリーク内容はかなり細かく、かつ諸々のウワサとも符合しており、信憑性が高いと考えら ...

続きを見る

参照:Reuters

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5