ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

超上位顧客にのみ許された特別色「マットブラック」のエンツォフェラーリが競売に!存在するのはもちろん1台、注文したのはブルネイ王室

投稿日:

超上位顧客にのみ許された特別色「マットブラック」のエンツォフェラーリが競売に!存在するのはもちろん1台、注文したのはブルネイ王室

| フェラーリの限定モデルを購入できたとしても、そこからさらに顧客によって「選べる仕様」と「選べない仕様」があるようだ |

ブルネイ王室はフェラーリにとって「最重要顧客」に位置づけられているものと思われる

さて、フェラーリはいわゆる「スペチアーレ」として288GTO、F40、F50を発売しており、その後のフェラーリ55周年記念として発売されたのがこのエンツォフェラーリ。

1998年に亡くなったフェラーリ創業者、エンツォ・フェラーリの名にふさわしく、新しく設計された自然吸気の5,998cc V型12気筒エンジンを搭載し、ライバル車の出力を完全に凌駕する660馬力というパワーを手に入れることに成功。

トランスミッションにはグラツィアーノ製のロボタイズMT「F1」を採用し、パドルシフトを駆使することでアグレッシブなウィップクラック・シフトアップと8,200rpmというレッドラインを存分に楽しめるように設計されています。

5

ボディデザインはピニンファリーナ

エンツォフェラーリはカーボンファイバーとアルミニウムで構成された最新鋭のシャシーを持ち、そこへピニンファリーナに在籍していた奥山清行氏の手によるカーボンコンポジット製ボディパネルを組み合わせることに。

21

風洞実験に加え、ミハエル・シューマッハが世界チャンピオンを獲得したF1マシンにインスパイアされ、先代モデルであるF50が持っていた巨大なリアウイングを廃止し、グランドエフェクトを活用したエアロダイナミクス、それによるダウンフォースを重視した近未来的なデザインとなっています。

20

F50やそれまでのススペチアーレと同様、このエンツォフェラーリはパフォーマンスとスタイリングの水準を大きく引き上げ、カーボンセラミックディスクブレーキなどフェラーリ初の試みを次々と取り入れ、現代で最も魅力的で人気のあるハイパーカーのひとつとなったといえるかもしれません。

4

このエンツォフェラーリは特別中の特別

エンツォフェラーリは399台のみが限定生産されており、後にヨハネ・パウロ2世がチャリティオークションへと出品するために1台のみを別途注文しているため、トータルでの製造台数は「400台」。

2

今回出品されている個体はシャシーナンバー136069で、見てのとおり「マットブラック」にペイントされています。

参考までに、F40はすべてロッソ・コルサにペイントされており、F50はこれに加えてイエロー、ブラック、シルバーが少量生産された程度だと言われていますが、このエンツォフェラーリもカラーバリエーションが非常に少なく、というのも当時フェラーリはさほどパーソナリゼーションを重視していなかったため。

6

これまでのスペチアーレ同様にロッソ・コルサが大半で、そのほかはイエロー、ブラック、ブルー、シルバー程度のカラーバリエーションにとどまり、先日は「唯一」ホワイトにペイントされた個体がオークションに登場していますね。

存在するのは世界に一台!ホワイトのエンツォフェラーリが競売に登場し、同車史上最高価格を記録する可能性。エンツォを特別色に塗装することが許されたのはわずか20名だった
存在するのは世界に一台!ホワイトのエンツォフェラーリが競売に登場し、同車史上最高価格を記録する可能性。エンツォを特別色に塗装することが許されたのはわずか20名だった

| 購入するのにも厳しい制限があり、さらにカスタムするにも厳しい制限があったとは |この記事のもくじ| 購入するのにも厳しい制限があり、さらにカスタムするにも厳しい制限があったとは |今後、このホワイ ...

続きを見る

ただ、そういった特別なボディカラーを選ぶには、エンツォフェラーリを購入することが許されたという資格のほか、さらに「特別な影響力と地位が必要であった」といわれ、そしてこのマットブラック(ネロ・オパコ)のエンツォフェラーリをオーダーしたのはブルネイ王室メンバーだと聞くと「なるほど」と腑に落ちます。

24

349台の限定とは「別枠」で製造されたフェラーリF50が競売に!ブルネイのスルタンの弟の依頼によって当時特別に3台のみが製造される
349台の限定とは「別枠」で製造されたフェラーリF50が競売に!ブルネイのスルタンの弟の依頼によって当時特別に3台のみが製造される

| まさかこんなフェラーリF50が存在したとは |この記事のもくじ| まさかこんなフェラーリF50が存在したとは |いかにフェラーリであってもブルネイのスルタンの弟の依頼であれば断れまいフェラーリF5 ...

続きを見る

このエンツォフェラーリは2004年6月8日に建設が開始され、10月15日にフェラーリから完成車が出荷されていますが、マットブラックのボディカラーにブラックのレザー、そしてブラックのカーペットという「トリプルブラック」。

1

ちなみにシートは「ラージサイズ」なのだそう(フェラーリはシートサイズを選択できる)。

3

このマットブラックのエンツォフェラーリは、納車後にロンドンのにて保管され、その時期にはハムステッド、メイフェア、ナイツブリッジの街角を走る姿が時折見られたといい、その後にはアジア太平洋地域に持ち込まれた、と紹介されています。

7

最近になってカロッツェリア・ザナシ(フェラーリのハイパーカーシリーズ、テーラーメイド車両、イコーナ・シリーズの公式ペイントショップ)により内装と外観の修復が施され、その総額は11万ユーロ(約1600万円)。

非常に高額ではありますが、内装のスイッチ類、ヘッドライトやテールランプ、リアガラスなどを交換し、もちろんオリジナルのネロ・オパコへのフルリペイントも行われることに。

9

なお、ヴィンテージカーの世界では、「王室御用達」の証明は非常に望ましい(価値を向上させる)とされており、その意味ではこの個体はこれ以上ないほどの価値を誇ると考えてよく、超VIP顧客にしか許されなかったワンオフカラー、王室御用達の実績、低走行距離という希少性を考慮すると、まず「これまでで(エンツォフェラーリとしては)もっとも高い」金額にて落札されると考えて良さそうですね。

10

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

走行距離わずか1,000km、わずか2オーナー!おそらくはもっともコンディションの良いフェラーリF50が競売に登場、最高値記録更新か
走行距離わずか1,000km、わずか2オーナー!おそらくはもっともコンディションの良いフェラーリF50が競売に登場、最高値記録更新か

| このフェラーリF50最初のオーナーはシンガポールのフェラーリオーナーの経営者 |この記事のもくじ| このフェラーリF50最初のオーナーはシンガポールのフェラーリオーナーの経営者 |そして最初のオー ...

続きを見る

内外装ぜんぶネイビー!ストライプなし、しかし凝りに凝った仕様を持つフェラーリ488ピスタ・スパイダーが競売に登場。これはオプション総額高そうだな・・・

| フェラーリでこのカラーを選択する例は非常に珍しい |この記事のもくじ| フェラーリでこのカラーを選択する例は非常に珍しい |加えて細部の仕様も「あえてフェラーリらしくない」選択にフェラーリ488ピ ...

続きを見る

わずか2オーナー、最後のオーナーが27年間大事に乗ってきたフェラーリ・テスタロッサが競売に!ラゲッジセットなど付属品も揃った理想的な個体に注目が集まる
わずか2オーナー、最後のオーナーが27年間大事に乗ってきたフェラーリ・テスタロッサが競売に!ラゲッジセットなど付属品も揃った理想的な個体に注目が集まる

| やはり80-90年代を象徴するスーパーカーとしてフェラーリ・テスタロッサは外せない |この記事のもくじ| やはり80-90年代を象徴するスーパーカーとしてフェラーリ・テスタロッサは外せない |この ...

続きを見る

参照:RM Sotherby's

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5