ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

走行距離わずか1,000km、わずか2オーナー!おそらくはもっともコンディションの良いフェラーリF50が競売に登場、最高値記録更新か

投稿日:2022/11/20 更新日:

走行距離わずか1,000km、わずか2オーナー!おそらくはもっともコンディションの良いフェラーリF50が競売に登場、最高値記録更新か

| このフェラーリF50最初のオーナーはシンガポールのフェラーリオーナーの経営者 |

そして最初のオーナーは一度もこのフェラーリF50を運転したことがなかったという

さて、走行距離わずか625マイル(約1,000キロ)という信じられない低走行のフェラーリF50がオークションへと登場予定。

F50はフェラーリが50周年を迎えるにあたって発売した記念限定モデルですが、F40が「そのままレースに出ることができるロードカー」というコンセプトで会ったのに対し、F50では「公道を走るF1」というスパルタンな思想が貫かれており、カーボンファイバー、ケブラー、ノーメックスハニカムで成形された曲線的なコーチワークを用いることで(1970〜1980年代のウェッジシェイプを避け)1950年代と1960年代に活躍したフェラーリの伝説的なレーシングカーを連想させる”流れるような”ラインを強調しています。

なお、ルーフは取り外し式となっており、(取り外しはファクトリーでないとできないものの)これを外すことでバルケッタへと変身させることも可能です。

4

フェラーリF50に積まれるエンジンはF1マシンから

そして「公道を走るF1」というコンセプトを持つだけあってF1マシン由来の自然吸気のV型12気筒(1992年のF1マシンに搭載されたF130B型)エンジン)を車体ミッドに搭載し、520馬力を発生し、0−100キロ加速3.6秒、最高速度325km/h達成することに。※しかし排気量を4.7リッターに拡大し、かつ扱いやすさを追求したデチューンによっていくぶん(F1マシンに比較して)マイルドな性格を持っている

6

ホイールはセンターロック、ブレーキはブレンボ製のアルミモノブロックとフロント14インチ、リア13.2インチという巨大なローターが組み合わせられています。

156

リアウイングはF40から続くボディ一体型。

123

サイドのブラックのラインもF40を連想させるデザインです。

20

リアフードのスリット入りポリカーボネート製フードもやはりF40がモチーフだと思われます。

15

一方、エアロダイナミクスはF40から格段の進歩を遂げており、フロアはフルフラット、そしてグラウンドエフェクトを追求した形状に。

19

そして通常モデルとの共通性がない独自のドアミラーを持つのもスペチアーレの特徴だと言えそうです。

17

フェラーリF50の生産台数は349台

なお、フェラーリF50の生産台数は「F40を作りすぎた」という批判を受け入れて349台に制限されており、この最後の「9」とは、エンツォ・フェラーリの信念であった「顧客が求めるよりも、常に1台少なく作る」という考え方を反映したもの。

2

ただし実際には1台どころか購入希望者の要望よりも遥かに少なく、その希少性と他に類を見ないコンセプトから、瞬く間にコレクターズアイテムとしての地位を確立することとなっています。

8

今回オークションに出品されるF50(シャーシ番号103274)につき、専門家であるマルセル・マッシーニの調査によると、349台中8番目に製造され、1995年7月に組み立てが開始、完成は10月。

ボディカラーはロッソ・コルサ、インテリアはネロという仕様を持っています。

13

1995年11月にシンガポールの自動車ディーラー、Hong Seh Motors経由にて最初のオーナーであるアルフレッド・タン氏へと納車されたそうですが、同氏はHong Seh Motorsの(当時の)オーナーで、父親から経営を引き継いだのち、Hong Seh Motorsがフェラーリの公式ディストリビューターとなるために尽力してきた人物なのだそう。

そういった人物だけあってアルフレッド・タン氏はF50を長年にわたって自宅で手つかずの状態で保管し、一度も運転しなかったと紹介されています。

11

アルフレッド・タン氏は18年間このフェラーリF50を所有した後の2013年、テキサスを拠点とするエンスージアストへと売却し、このF50は2番目のオーナーによってアメリカに輸入され保管されることに。

10

このフェラーリF50はそれ以来、テキサス州キャロルトン市にあるノーウッド・オート・イタリアの専門家によって整備され、その間には最小限の走行距離にて抑えられていたといい、このあたりが「走行距離わずか1,000キロ」という理由となっています。

1

2014年6月には、マッチングナンバーのシャシー、エンジン、ギアボックス、コーチワークを有することをフェラーリのクラシックカー部門であるフェラーリ・クラシケが認証しており、直近だと2022年10月にノーウッド・オート・イタリアにて整備を受け、燃料ホース、クラッチの点検、アクセサリーベルト交換、エアフィルター、燃料フィルター、オイルフィルター交換、そしてブレーキとクラッチのフラッシュ、オイル交換が行われていることも記録されています。

18

今回の出品に際し、新車販売時にセットされていたラゲッジ、取り外し可能なハードトップ用のフライトケースが付属し、1995年の原産地証明書、工場発注書、シンガポールへの輸出時の船荷証券、ノーウッド・オート・イタリアのサービスインボイス、マルセル・マッシーニの鑑定書、フェラーリ・クラシケによるレッドブックが付属する、とのこと。

7

これまでにも多数のフェラーリF50が出品されてきたものの、これだけ走行距離が少ない個体は他に見たことがなく、まだF50を入手していないコレクターはもちろん、入手済みのコレクターの目にとっても非常に魅力的に映るかもしれません。

14

あわせて読みたい、フェラーリF50関連投稿

フェラーリF50付属のラゲッジセットが競売に登場!F50のコンセプトは「公道を走るF1」だがエレガンスも忘れない。もちろんスケドーニ製
フェラーリF50付属のラゲッジセットが競売に登場!F50のコンセプトは「公道を走るF1」だがエレガンスも忘れない。もちろんスケドーニ製

| 現在は100万円を超えてぐんぐん価格上昇中 |この記事のもくじ| 現在は100万円を超えてぐんぐん価格上昇中 |実際に使用することはないだろうが、コレクションとしては価値があるただしフェラーリらし ...

続きを見る

349台の限定とは「別枠」で製造されたフェラーリF50が競売に!ブルネイのスルタンの弟の依頼によって当時特別に3台のみが製造される
349台の限定とは「別枠」で製造されたフェラーリF50が競売に!ブルネイのスルタンの弟の依頼によって当時特別に3台のみが製造される

| まさかこんなフェラーリF50が存在したとは |この記事のもくじ| まさかこんなフェラーリF50が存在したとは |いかにフェラーリであってもブルネイのスルタンの弟の依頼であれば断れまいフェラーリF5 ...

続きを見る

マイク・タイソンが所有していたフェラーリF50が競売に登場!5年前は2.6億円、現在は7.4億円の落札予想
マイク・タイソンが所有していたフェラーリF50が競売に登場!5年前は2.6億円、現在は7.4億円の落札予想

| フェラーリF50もF40同様、ここ数年で大きく価格を上げている |この記事のもくじ| フェラーリF50もF40同様、ここ数年で大きく価格を上げている |そして今後もその価値を下げることはないだろう ...

続きを見る

参照:RM Sotherby’s

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5