ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イタリア車 ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】ピニンファリーナ・バッティスタのエレクトリックサウンドは「心地よい低音」!人体に心地の良い波紋を伝える周波数を2,000時間かけて生成

投稿日:2022/04/15 更新日:

【動画】ピニンファリーナ・バッティスタのエレクトリックサウンドは「心地よい低音」!人体に心地の良い波紋を伝える周波数を2,000時間かけて生成

| サウンドがエレクトリックカーにおいて重要な要素だとみなされる時代がやってくるのは間違いなさそう |

エレクトリックカーの場合、サウンドはダウンロードしてどんどん増やすことができそうだ

さて、現在いくつかの自動車メーカーは「ピュアEVへのシフト」を行っていたり、そもそも「EVを起点にしたスタートアップ」だったりする場合も。

そしてEVの場合、多くはスケートボード型シャシーを採用したり、バッテリーやモーターは他の自動車メーカーも使用するサードパーティー(サプライヤー)から仕入れることが多いため、ガソリン車に比較してメーカーごとの差異を出しにくくなっています。

こういった状況において、各メーカーが「EVの差別化要素」として掲げているのが擬似走行音であり、あるメーカーは有名ロックバンドと共同にてサウンドを開発したり、またある自動車メーカーはF1マシンのサウンドをサンプリングしたり、また別の自動車メーカーは映画音楽家とタイアップしたり、とその手法は様々です。

ロータスがエヴァイヤ用として「タイプ49をサンプリングした」疑似サウンドを公開
【動画】ロータスがエヴァイヤ用として「タイプ49(F1)をサンプリングした」疑似サウンドを公開!未来的、そして魂を揺さぶるサウンドを聴いてみよう

| サウンド次第では、ピュアエレクトリックカーはガソリン車以上に「楽しい」乗り物となりそうだ |この記事のもくじ| サウンド次第では、ピュアエレクトリックカーはガソリン車以上に「楽しい」乗り物となりそ ...

続きを見る

ピニンファリーナは「心地よい低音」を演出

そして今回ピニンファリーナが動画によって公開したのが「人にとって心地の良い疑似走行音」。

このサウンドの生成に際してはノヴォ・ソニック(Novo Sonic)社との共同にて作業が進められ、低い周波数を中心に構成することで「ドライバーの幸福感に良い影響を与え、快適さを感じさせる」ことを目的としています。

Automobili-Pininfarina-Battista-Sound-03

このサウンドは「スオノ・ピューロ(Suono Puro)」つまりピュアサウンドということになりますが、サウンドデザイナーとエンジニアによる作曲、開発、微調整などを含め、合計2,000時間以上の作業を経て生み出されたのだそう。

今回サウンド(スオノ・ピューロ)の中心に使用したのは、モーツァルトやヴェルディなどのクラシックや、チベットのシンギングボウルの音に広く使われている周波数であり、ピニンファリーナは「このサウンドが人体に良い影響を与えること」を立証するために水を用いた、とコメントしています。

Automobili-Pininfarina-Battista-Sound-06

なお、水を用いたのは「人体の70%が水でできている」からで、このサウンドが水面上に美しい波紋を作り出すことが「人にとっても心地よい」という理論に行き着いたからだそうですが、このサウンドはネイムオーディオ(Naim Audio)製の12個のスピーカーから乗員に向けて発せられることになり、バティスタに実装されるドライブモード(Calma、Pura、Energica、Furiosa、Carattere)によってもそのサウンドが変化する、とのこと。

Automobili-Pininfarina-Battista-Sound-09

ピニンファリーナ・バッティスタは、リマック・ネヴェーラと多くを共有するピュアエレクトリックハイパーカーではありますが、おそらくはこういった「心地よさ」といった部分でリマック・ネヴェーラとの差異を設けているのだと思われ、快適性については大きくネヴェーラを上回るのかもしれません。

一方、1,900馬力を発生するクワッドモーターを内蔵していて、そのパワーを解き放てば0−100km/hをわずか2秒で加速するほどの性能を持ち合わせており、まさに「ジキルとハイド」的な二面性を持ち合わせている可能性もありそうですね。

なお、リマックとの共同開発といえど、このバッティスタについてはリマックの工場ではなくピニンファリーナのカンビアーノ工場にて生産が行われるといい、組み立てに際しては長い歴史を持つピニンファリーナのノウハウがいかんなく発揮されることになるのだと思われます。

Automobili-Pininfarina-Battista-Sound-07

ピニンファリーナ・バッティスタのサウンドを生成するプロセスを収めた動画はこちら

合わせて読みたい、エレクトリックカーのサウンド関連投稿

アウディがカッコいい新型EV、e-tron GTのティーザー画像と疑似サウンド公開!渾身のサウンドが「掃除機みたいだ」と話題に

| なぜ人々はEVに対してこうも冷たいのか・・・ |この記事のもくじ| なぜ人々はEVに対してこうも冷たいのか・・・ |市販モデルの姿も「チラ見せ」程度アウディe-tron GTは内外に向けて疑似エン ...

続きを見る

【動画】メルセデス・ベンツEQSが加速時に発するサウンドが「スター・ウォーズのポッドレーサー」そのものだとして話題に!実際にその音を聞いてみよう
【動画】メルセデス・ベンツEQSが加速時に発するサウンドが「スター・ウォーズのポッドレーサー」そのものだとして話題に!実際にその音を聞いてみよう

| エンジンを持たないEVがどのようなサウンドを持たせるべきなのか、自動車メーカーは新たな課題に直面している |この記事のもくじ| エンジンを持たないEVがどのようなサウンドを持たせるべきなのか、自動 ...

続きを見る

【動画】BMWが新型i7の車内を「徹底的に静かにする」ためのテストを公開!外装デザイン、タイヤ、構造、素材などあらゆる面から徹底攻略
【動画】BMWが新型i7の車内を「徹底的に静かにする」ためのテストを公開!外装デザイン、タイヤ、構造、素材などあらゆる面から徹底攻略

| EV時代には、あらゆる面でこれまでとは異なる考え方が要求される |この記事のもくじ| EV時代には、あらゆる面でこれまでとは異なる考え方が要求される |その意味では、EV化は各自動車メーカーに大き ...

続きを見る

参照:Automobili Pininfarina

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イタリア車, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5