ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタ米国向けの1号車と2号車の納車準備が完了!うち一台は5台のみしか販売されない特別仕様車「アニヴェルサリオ」

投稿日:2022/10/07 更新日:

ピニンファリーナ・バッティスタ米国向けの1号車と2号車の納車準備が完了!うち一台は5台のみしか販売されたない特別仕様車「アニヴェルサリオ」

| ピニンファリーナ・バッティスタは1900馬力を発生するエレクトリックハイパーカー |

限定台数は150台、価格は3億円からといわれているが

さて、ピニンファリーナ初の乗用車にしてエレクトリックハイパーカー「バッティスタ」北米向けの最初の2台が納車される、との報道。

ピニンファリーナはフェラーリのデザイン等で知られる(超)老舗デザインハウスですが、自動車メーカー各車がデザインを内製化するに際してその重要性が低くなってしまい、フェラーリとの契約が終了したのちはどんどんデザイン請負業務が減ってゆき、最終的には「倒産か身売りか」というところにまで業績が悪化した結果、インドのマヒンドラに買収されて現在に至ります。

その後はベトナムのヴィンファスト、中国や香港の自動車メーカーのデザインを引き受けつつも自社の名を関したモデルを発売するという計画を練り続け、そこで実現したのがバッティスタ。

ピニンファリーナ・バッティスタ発表!限定150台、価格は3億円とのウワサ。これが世界初の「ラグジュアリー・ハイパーEV」だ

どこからどう見ても「ピニンファリーナ」。そのデザインは健在 ピニンファリーナがついに市販車第一号となる「バッティスタ」を発表。「バッティスタ」とはピニンファリーナ創業者の名ですが、ずっと自身の名を冠し ...

続きを見る

ここまでの道のりは平坦ではなかった

なお、ピニンファリーナが自社の名を関したクルマを発売すると決めたとしても、当時それを実現するための技術に乏しく、よってその頃は「水素パワートレインを積む」など様々なウワサが流れることに。

おそらくは様々な提携先を探していたのだと思われますが、結果的にクロアチアの進行EVメーカー、リマックとの提携によってエレクトリックハイパーカーを発売する、という方向にて落ち着いたわけですね。

ただ、その決定がなされた2018年から今回の納車までおよそ4年の歳月が流れており、その間には相当な苦労があったものと思われ、しかし「ピニンファリーナ」の名を持つクルマを世に送り出すというのはピニンファリーナ創業者時代からの積年の夢でもあり、それが孫の世代になってようやく実現したとあって感慨もひとしおといったところかもしれません。

1

ピニンファリーナの市販車第一号、「PF0」の正式名称は創業者の名をとって”バッティスタ”に

ピニンファリーナ創業者の夢が90年越しに実現する ピニンファリーナはしばらく前からブランド初の市販車としてハイパーエレクトリックカー「PF0」のティーザーキャンペーンを行っていますが、今回はそのヴェー ...

続きを見る

「米国第一号」「米国第二号」ピニンファリーナ・バッティスタはこんな仕様を持っている

今回納車されるバッティスタはいずれも米国の顧客向けで、一号車のボディカラーはシルバー、そしてそこへカーボンファイバーのアクセント。

12

ブレーキキャリパーはレッド、ホイールはブラックというシンプルな仕様を持っていて、このバッティスタのデザインがよく映えるカラーリングだと思います。

41

そしてこちらはその内装ですが、鮮やかなレッドのシート、そしてルーフライナーを持っています。

レッドレザー部分にはトライアングルをモチーフとしたステッチが入り、このキーも「特別仕様」なのだそう。

5

なお、2台目のバッティスタは5台しか販売されないバッティスタの特別仕様車「アニヴェルサリオ」のうちの一台(一番上の画像の右側)。

通常のバッティスタに比較して細部に至るまでカスタムされているといい、製造にかかるのは1340時間、そしてそれにかかわるのは14人の職人たち(通常のバッティスタは1250時間をかけ10人の職人によって作られる)。

ピニンファリーナは、今月ニューヨークにて開催されるイベントで、これらのクルマをオーナーに引き渡す予定だといいますが、その際にはバッティスタにぴったりとフィットするようにデザインされた新開発の4ピースラゲッジコレクションもあわせて納品する予定だと報じられています。※このグリーンのバッティスタはピニンファリーナ所有のプロトタイプだと思われる

7

これらラゲッジはキャビントラベルバッグ、スーツバッグ、シューズバッグ、ウィークエンドバッグにて構成され、もちろんそのクルマそれぞれにあわせたカラーや仕様を持つバッグを提供できる、とアナウンスされています。

9

さらにピニンファリーナはボヴェ(BOVET)と提携してバッティスタのオーナー向けに特別な腕時計を販売するといい、こちらも様々なカスタムができそうですね。

10

最後にピニンファリーナ・バティスタのスペックに触れておrクト、最高出力は1,900馬力(1,417キロワット)、最大トルクは2,300Nmという文字通りのハイパーカー。

4つのエレクトリックモーターとリマック製の120kWhバッテリーを搭載し、0−100km/h加速は2秒以内、限定販売台数は150台、価格は3億円からと報じられています。

pininfarina-battista8

あわせて読みたい、ピニンファリーナ・バティスタ関連投稿

【動画】イタリアで過去生産されたクルマの中ではもっともパワフル!1900馬力のハイパーGT、ピニンファリーナ・バッティスタの生産が始まる
【動画】イタリアで過去生産されたクルマの中ではもっともパワフル!1900馬力のハイパーGT、ピニンファリーナ・バッティスタの生産が始まる

| バッティスタの生産はリマックではなく、ピニンファリーナが自社で行うようだ |この記事のもくじ| バッティスタの生産はリマックではなく、ピニンファリーナが自社で行うようだ |ピニンファリーナ・バッテ ...

続きを見る

その価格3億円以上、ピニンファリーナ・バッティスタ「最初の」オーダーメイド車両が公開。なお外装は1390億、内装は1億2800万通りのから選択可能
その価格3億円以上、ピニンファリーナ・バッティスタ「最初の」オーダーメイド車両が公開。なお外装は1390億、内装は1億2800万通りのから選択可能

| ピニンファリーナ初の市販車、そしてエレクトリックハイパーカーは限定150台 |この記事のもくじ| ピニンファリーナ初の市販車、そしてエレクトリックハイパーカーは限定150台 |顧客はイタリアへと招 ...

続きを見る

【動画】1900馬力、3.2億!ピニンファリーナのハイパーカー「バッティスタ」に5台限定の”アニヴェルサリオ”が追加

| リアセクションは専用デザイン |この記事のもくじ| リアセクションは専用デザイン |市販車発売はピニンファリーナ創業者の夢こんな記事も読まれています ピニンファリーナは昨年のジュネーブ・モーターシ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イタリア車
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5