ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

【動画】「北米納車第一号」のランボルギーニ・シアンFKP37が現地ディーラーに展示中。いまやスーパーカー/ハイパーカーもインスタ映えが重要になってきたと改めて実感

投稿日:

北米での納車第一号となるランボルギーニ・シアンFKP37

| もはや撮影用小物は欠かせない |

さて、先日お届けした「北米でのランボルギーニ・シアンFKP37第一号の納車の様子」。

今回はそのシアンについて追加での動画が公開されたので紹介してみたいと思います。

納車を行ったのはランボルギーニの正規ディーラー、「ランボルギーニ・ニューポートビーチ」。

おそらくは全米でも有数の販売台数を誇るディーラーだと思われます。

ランボルギーニ・シアンの納車風景(動画)
【動画】北米第一号、価格3.4億円の「ランボルギーニ・シアンFKP37」はこうやって納車される!木箱にラッピング、サンタクロースからの贈り物風に

| ここまで大掛かりな演出を行なう納車イベントもそうそうない |この記事のもくじ| ここまで大掛かりな演出を行なう納車イベントもそうそうない |納車場所は現地ランボルギーニディーラーランボルギーニ・シ ...

続きを見る

このランボルギーニ・シアンFKP37納車の様子はこうだった

このランボルギーニ・シアンFKP37の納車時には「サンタからのプレゼント」という演出にて、クルマの入ったコンテナまるごことがラッピングされることに。

2020-12-30 8.12.33

そこから関係者を集めてラッピングを外し、シアンFKP37をお披露目することとなっています。

2020-12-30 8.13.04

ショールーム内に展示されるシアンFKP37を見てみよう

そこで前回では見ることができなかったシアンFKP37の細部。

まずはフロントですが、他のランボルギーニとは大きく異なるデザインを持っています。

フロントフード形状も独特で、「フェンダーごと」開くというクラムシェル型に近い構造を採用しているようですね。

2020-12-30 8.13.17

テールランプやテールパイプはヘキサゴン(六角形)モチーフ。

リアウイングが「上がっている」状態です(裏面がオレンジにペイントされている)。

2020-12-30 8.13.38

このテールランプ、そしてその周辺の形状はカウンタックをイメージしたもの。

このほかにもフロントフードやルーフに「カウンタックモチーフ」が見られます。

2020-12-30 8.14.31

ドアミラーには「Lamborghini」文字の入った加飾。

このデザインはいまのところシアンのみに与えられています。

2020-12-30 8.14.19

ホイールはドアミラーの加飾にあわせたのか「ダイヤモンドフィニッシュ」。

オレンジのフロントサイドマーカーは「北米のお約束」で現地の法規に沿ったものとなり、日本や欧州では「クリア」レンズを採用することになりそう。

2020-12-30 8.14.55

フューエルフィラーキャップにもランボルギーニが多用する「Y」文字。

ホイール同様にダイヤモンドカットが用いられています。

2020-12-30 8.14.38

こちらはこのシアンFKP37のインテリア。

エクステリアと同じくブラック、そしてオレンジに彩られています。

2020-12-30 8.13.31

北米第一号、3億4000万円のランボルギーニ・シアンの動画はこちら

スーパーカーもインスタ映えの時代

なお、こういった演出や展示を見ていて思うのが「スーパーカーもインスタ映えが重視される時代になったな」ということ。

数年前から同様の傾向があったもののここ最近は顕著になっていて、モーターショーよりもインスタグラムはじめSNSが主なプロモーションの手段となっているようにも。

なお、ランボルギーニが開催しているインスタグラム上のキャンペーンは明日投稿が締め切りです。

イエローのランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニ・ジャパンがインスタ上キャンペーン開始!入賞者はThe Lounge Tokyoへ招待、ウルスで迎えに来てくれるぞ!審査員は片岡愛之助ほか5名

| ランボルギーニ・ジャパンがここまで大きなキャンペーンを開催するのは珍しい |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ジャパンがここまで大きなキャンペーンを開催するのは珍しい |ランボルギーニが展開する ...

続きを見る

SNSでのプロモーションはメーカーのみならずショップにとっても非常に

そしてこういったプロモーションはショップにとっても非常に重要で、アメリカ西海岸の有力エキゾチックカーショップ、プレステージインポーツに至っては「自社のインスタグラムが広告塔」。

つまり日本でいうカーセンサーのような媒体に掲載するのではなく、自社のインスタ上に車両を投稿すると問い合わせが殺到してスーパーカーやハイパーカーが売れてゆくということになりそうですが、自社での撮影に力を入れるために「撮影部屋」を数千万円かけて用意し、かつその撮影部屋を顧客にも開放している模様。

そして顧客は自由にここで撮影ができ(小物類やスタッフも借りることができるらしい)、SNSへと投稿してさらにプレステージインポーツの名が拡散するということになりそうです。

米超高級車ディーラー「インスタ重要。車はもはやファッションアイテムと同じだ」。顧客向けにインスタ部屋も用意

| 顧客を獲得するよりもファンを獲得することが重要 | Bloombergによると、超高級車においてもその販売方法が昔とは随分異なってきている、とのこと。 マイアミにあるエキゾチックディーラー、「プレ ...

続きを見る

参照:Lamborghini Newport Beach, prestigeimports

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5