ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニ・ウラカン「テクニカ」がオーナー専用アプリにて先行公開!シアンにそっくりのフロントを持ち、新生代ランボルギーニのプレビューか

投稿日:2022/04/12 更新日:

ランボルギーニ・ウラカン「テクニカ」がオーナー専用アプリにて先行公開!シアンにそっくりのフロントを持ち、新生代ランボルギーニのプレビューか

| まさかモデルライフが「あとわずか」の時点でここまで大きな変更を行ってくるとは |

スペック等詳細については今晩の正式発表を待ちたい

さて、ランボルギーニが今年発表するウラカンのニューモデル2つのうちの1台、「ウラカン・テクニカ」の画像がオーナー専用アプリ「Unica」にて公開。

ネーミングについては「JVストラダーレ」ではなく、商標登録が報じられた「テクニカ」を採用していますが、この「テクニカ」の名称については、ガヤルド時代に、そのハードコアモデルであるスーパーレッジェーラに軽量パーツ等を組み込んだ「エディツォーネ・テクニカ」として採用されています(下の画像)。

ただ、ちょっと意外なのは、復帰した現CEO、ステファン・ヴィンケルマン氏が好んで用いる「LP-ナントカ」という名称が用いられていないことですが、正式発表時にはペットネームとして付与されることになるのかもしれません。

2022-02-05 9.19.28

ランボルギーニはなぜ「LPナントカ」という名称を使用しなくなったのか?→「ややこしかったから」。

たしかにここまで増えてくると覚えるのが困難に Motor Trendが「なぜランボルギーニはそのネーミングに”LP”を用いなくなったのか」という記事を掲載。なお、ランボルギーニが用いている「LP」とは ...

続きを見る

ウラカン・テクニカはウラカンSTOの下に位置するようだが

なお、今回公開されたのは画像のみであり、そのスペックは一切不明。

ただしその画像を見るに「シアン(下の画像の中央)同様の意匠」が取り込まれていることがわかり、大きくその印象を変えているもよう。

a5

フロントバンパーには「Y」モチーフのダクトが設けられ(内部のY字は発光しないようだ。ヘッドライト内にデイタイムランニングランプが存在するためだと思われる)、そのサイドには先端が「三角」となったディティール、そして水平方向のルーバーが見られ、これはアヴェンタドール後継モデルのリヤフェンダーにも採用される可能性が高いモチーフなので、この部分は「次世代モデルへのプレビュー」だと考えていいのかもしれません。※シアンのフロントサイドにもこの「三角形の先端」っぽいデザインが見られるが、ウラカン・テクニカ、アヴェンタドール後継V12モデルではさらにそれが強調されているようだ

2

ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場
ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場

| けっこうこの予想レンダリングは現実に近いかもしれない |この記事のもくじ| けっこうこの予想レンダリングは現実に近いかもしれない |ランボルギーニとしては「新しい」要素も見られるだけにアヴェンタド ...

続きを見る

そのほかにはこんなランボルギーニのリークも

そしてこちらは「リーク」とされるウラカン・テクニカの画像。

おそらくは本物だと考えて良さそうですが、これを見るとフロントバンパーやフロントフェンダーに加えてフロントフードも変更され(フロントウインドウに近い部分に別体パーツが取り付けられている)、ドアミラーが2トーンへ。

サイドステップに変更はないように見えるものの、リアクォーターウインドウとその後ろのインテーク形状が変更されており、物理的な変更としては「かなり大きい」んじゃないかと思います。

なお、モデルライフがあと2年ほどしか残されていないウラカンにおいてここまでの変更を行うのはちょっと意外でもあり、フロントフードやリアクォーターウインドウ周辺の変更が他のウラカンにも適用されるのかどうかは今のところ「ナゾ」。

コスト吸収や製造の効率化を考慮すれば他モデルも変更したほうがいいということになりますが、逆にこのウラカン・テクニカを特別な存在にとどめるならば、他モデルには「流用を許さない」可能性も考えられ、これについては今後の発表を待つしかなさそうですね。

ホイールはY字スポークと「フォーンダイヤル」とを組みあわせたような形状を持ち(センターロック)、しかし「ダイヤルの穴」が六角形となり、穴の数も5個ではなく「6個」。

リアウイングは小ぶりではあるものの、先に公開されたティーザー動画と同じもののように見えます。

ランボルギーニが明日発表する新型ウラカンのティーザー動画公開!オーナー限定アプリからは過激なリアウイングが確認可能
ランボルギーニが明日発表する新型ウラカンのティーザー動画公開!オーナー限定アプリからは過激なリアウイングが確認可能

| まさかこのマウント方法を持つウイングを市販車で採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかこのマウント方法を持つウイングを市販車で採用してくるとは |まだまだその仕様についてはわからない部分も多 ...

続きを見る

これは本物?ウラカン・ステラートの画像も

そしてこちらは今年発表される新型ウラカンのうち、もうひとつの「ウラカン・ステラート」。

このウラカン・ステラートは2019年に発表されたコンセプトカーではありますが、「スーパーカーのオフロード版」という新ジャンルのクルマで、もしかすると今後大きなトレンドになる可能性があるセグメント。

今回「新型ウラカン・ステラートのスパイフォト」としてインスタグラム上に公開されていますが、コメントを見ると「数年前のプロトタイプの画像」であり、今回発売される新しいウラカン・ステラートではない可能性が大きそう。

たしかにフロントバンパー上の六角形のLEDライト、フロントバンパーのセンター部の造形やサイドステップ、給油口の前のデフレクターなどは2019年に公開されたコンセプトモデルと共通していて、しかしここ最近目撃れているプロトタイプとは相違もあるようですね。

1c944377-2019-lamborghini-huracan-sterrato-concept-2

【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される
【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される

| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは思わなかったが、現実に市場投入されることになりそうだ |この記事のもくじ| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは ...

続きを見る

あわせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニがオーナー向けの「ランボルギーニ・マガジン」にこっそりニューモデルの画像を掲載していた・・・?ウラカンの新バリエーション説が有力
ランボルギーニがオーナー向けの「ランボルギーニ・マガジン」にこっそりニューモデルの画像を掲載していた・・・?ウラカンの新バリエーション説が有力

| 一説にはウラカン向けのオプションだとも言われているが |この記事のもくじ| 一説にはウラカン向けのオプションだとも言われているが |とにかく、ランボルギーニが2022年にウラカンのバリエーションを ...

続きを見る

ランボルギーニ
ランボルギーニが改めて「2022年にはウルスに2つ、ウラカンに2つのニューモデルを追加し、それでガソリン車の投入が最後になる」と明言。2023年以降は電車電動化へ

| いつかはこのときがやってくると考えていたが、ついにその瞬間が目前に迫ってきたようだ |この記事のもくじ| いつかはこのときがやってくると考えていたが、ついにその瞬間が目前に迫ってきたようだ |いず ...

続きを見る

参照:wilcoblok, cochespias

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5