>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの名称は「Tormenta(トルメンタ)」?人気ユーチューバーがそのデザインとともに大胆予想

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの名称は「Tormenta(トルメンタ)」?人気ユーチューバーがそのデザインとともに大胆予想

| 現時点ではいずれも「予想」にしか過ぎないが |

アヴェンタドール後継モデルについては年末~来年の春にはなんらかの情報が公開されるというウワサも

さて、チャンネル登録者が1000万人に迫ろうというユーチューバー、スーパーカーブロンディが「アヴェンタドール後継モデルのデザインと名称はこうなる(だろう)」という推測を公開。

なお、その姿はこれまで目撃されたアヴェンタドール後継モデルの試作車を下敷きにしており、ネーミングの「Tormenta(トルメンタ)」についてはスペイン語にて「嵐」を意味するものだと述べています。

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデル「トルメンタ」はこんな外観に?

そこで今回スーパーカーブロンディが公開したランボルギーニ・トルメンタの姿を見てみたいと思いますが、これは文字通りデジタル上にてカモフラージュを「剥がした」CGで、リークされたプロトタイプ同様の特徴を備えています。

最大のポイントはやはりテルツォ・ミッレニオ、シアンと共通する「横方向のY字」テールランプであり、ウラカン・テクニカにて見られた要素もここに含まれるようですね。

リアの「横方向のY字」「リアエンドのトップにあるテールパイプ」もやはりプロトタイプの備えるディティールを再現ており、実際のアヴェンタドール後継モデルとはかなり「近い」のかもしれません。

Lamborghini-Tormenta (2)

そしてこちらはアヴェンタドール後継モデルのインテリア予想図ですが、現在のところアヴェンタドール後継モデルの内装が捉えられたスパイフォト、スパイビデオは存在しないと認識しているので、これは完全なる予想ということになりそうです(シアンの影響を色濃く受けている)。

Lamborghini-Tormenta (1)

実際のアヴェンタドール後継モデルの名称が「トルメンタ」となるかどうかは不明だが

そして今回スーパーカーブロンディのいう「トルメンタ」についても完全なる推測であって、なんらかの根拠があるわけではないようですが、これまでのランボルギーの車名にはスペイン語が多いこと、そして電動化時代という新しい章に突入するに際しては「トルメンタがふさわしい」と考えた、とのこと。

なお、ランボルギーニが闘牛の名前(結果的にスペイン語となっている)を車名に使用してきたことは広く知られる事実であり、しかし過去にはいくつかの例外もあって、それらは初期の350GT、400GT、そしてカウンタック、LM002、セスト・エレメント、アステリオン、チェンテナリオ、テルツォ・ミッレニオ、シアンといったところ。

ランボルギーニは「V12の終焉」を迎えるにあたり過去のV12モデルを振り返るコンテンツをいくつか公開していますが、今回は「カウンタックとLM002」という、一見すると真逆の位置にあるように思える二台に焦点を当てています。
V12エンジンよ永遠なれ・・・。ランボルギーニが「象徴的なV12エンジン搭載モデル」、カウンタックとLM002を振り返る

| カウンタックははじめてV12を縦置きミッドマウントし、LM002はV12エンジンを積んだ「世界初の超高級オフローダー」だった | そしてカンタックのプロトタイプ、LP500はランボルギーニではなく ...

続きを見る

「カウンタック」については開発チームがその語感を気に入ったために採用された「感嘆をあらわすピエモンテ地方の方言」で、セスト・エレメントは「車体に多用したカーボンファイバーのもととなる炭素の原子番号が6なので」、そしてハイブリッドコンセプトであるアステリオンは「(複数のパワートレーンの結合を示すため)半人半獣の神の名を」、そして「チェンテナリオ」は100周年記念モデルなのでイタリア語で「100」を、はるか未来のコンセプトカーであるテルツォ・ミッレニオは「次の千年紀」を、「シアン」には電動化を示すためにイタリア語で「電光/稲妻」という名が与えられています。

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
まったく「ブレない」スーパーカーメーカー、ランボルギーニ。そのモデル名、ボディカラー名、ホイール名などは神話や星座に関係し、こういった由来を持っている

| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している | 設立以降、何度オーナーが変われども星座や神話に由来する名称を一貫して採用してきた さて、現在様々な自動車メーカーがその「命名」について見 ...

続きを見る

こうやって見ると、それなりに「闘牛や牛に関係しない」ネーミングもありますが、多くはコンセプトカーや新しい提案を含むモデルであり、となれば「ランボルギーニの新しい時代」を切り開くであるアヴェンタドール後継モデルの名称が「これまでの闘牛つながり」ではなく「新しさをアピールするために新しい命名法則」を採用したものであっても不思議はないのかもしれません。

一方、ランボルギーニはその伝統を強く意識していて、新しい事業計画の名称「ディレッツォーネ・コル・タウリ」はおうし座でもっとも明るい星へと向かうという意味であり、このおうし座というのはランボルギーニのエンブレムの由来にもなったランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの星座にちなんだもの。

こういった命名を見ると、やはりアヴェンタドール後継モデルも「これまで通り、牛繋がりなのでは」と思ったりしますが、実際どうなるかはランボルギーニの公式発表を待つしかなさそうですね。

レゴテクニックによる「実物大」ランボルギーニ・シアンFKP37が完成
ランボルギーニが2025年までのロードマップを発表!2024年にはガソリン車を全廃し全車ハイブリッドに、そして2025年以降には「初の」EVを発表

| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す | ついに「第4の」ランボルギーニ投入計画が具体的に さて、ランボルギーニが予告通り「将来のヴィジョン」について公開。これはランボルギーニC ...

続きを見る

ちなみにですが、ランボルギーニは「レブエルト」なる商標を出願しており・・・。

ランボルギーニ
ランボルギーニが「60 アニヴェルサリオ」の名称とロゴをパテント申請!ロゴにはミウラっぽい牛のツノが見え、創業60周年の2023年に向けて何らかの発表がありそう

| ランボルギーニ60周年記念モデルがまさかの「ミウラ・オマージュ」ということはないと思うが | そしてアヴェンタドールLP780-4が「最後のアヴェンタドール」とされていただけに、アヴェンタドールベ ...

続きを見る

牛の角を用いたロゴとともに「アニヴェルサリオ60」という商標も出願しています。

ランボルギーニ・シアン
ランボルギーニが欧州特許庁に「Revuelto(レブエルト)」なる商標を出願!スペイン語で「混ざった」「喧嘩」「暴動」「カーブ」といった意味があるようだが

  | ざっと調べると、「闘牛」との関連性が見つからないものの、やはりぼく闘牛由来の名称だと思う | ランボルギーニは基本的に「闘牛由来」の名をそのクルマに与えている さて、ランボルギーニが欧州連合知 ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデル「トルメンタ」を予想する動画はこちら

合わせて読みたい、アヴェンタドール後継モデル関連投稿

【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成
【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成

| ランボルギーニは現在、アヴェンタドール後継モデルのプロトタイプをテスト中 | おそらくは「ランボルギーニらしい」デザインを用いたシャープなモデルとなりそうだ さて、ランボルギーニはアヴェンタドール ...

続きを見る

【動画】スーパーカーファンがレンタカーにてランボルギーニ博物館へ→思いがけずアヴェンタドール後継モデルに遭遇してしまう
【動画】スーパーカーファンがレンタカーにてランボルギーニ博物館へ→思いがけずアヴェンタドール後継モデルに遭遇してしまう

| ボクも実際に行って驚いたが、本当に路上をプロトタイプが走行している | ときどき「レーシングカーなんじゃないか」と思える試作車に遭遇することも さて、ポーランド人ユーチューバーがイタリアを訪問し、 ...

続きを見る

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルのスペックやデザインを予測!「フェラーリへの対抗上、1000馬力を突破」そしてさらにアグレッシブなルックスへ
【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルのスペックやデザインを予測!「フェラーリへの対抗上、1000馬力を突破」そしてさらにアグレッシブなルックスへ

| ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルは謎が多い | おそらく1000馬力突破、そして3モーター式ハイブリッドシステムを採用するのは間違いないだろう さて、英国カーメディア、Carwowがラン ...

続きを見る

参照:Supercar Blondie

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,