ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニ・デイ・ジャパンが今年も開催!参加したランボルギーニは180台、様々な希少車やヒストリックモデルが展示、ウルス・ペルフォルマンテの初公開も

投稿日:

ランボルギーニ・デイ・ジャパンが今年も開催!参加したランボルギーニは180台、様々な希少車やヒストリックモデルが展示、ウルス・ペルフォルマンテの初公開も

| 150台のランボルギーニがパレードを行うさまはさぞ壮観だったに違いない |

ランボルギーニCEOも登場、600人の招待客へと感謝を述べる

さて、ランボルギーニが毎年(2020年だけはコロナウイルスの影響にて開催されていない)催しているイベント、「ランボルギーニ・デイ・ジャパン」。

今年は(おそらく)6回目となり、11月11日に海の森水上競技場にて開催されています。

ちなみにぼくはこれまで2018年以外は毎年参加してきたのですが、今回はどうしても都合をつけることが叶わずに惜しくも不参加。

今回、ランボルギーニがイベントの様子を画像とともに紹介しており、どんな内容であったのかを見てみましょう。

Lamborghini-Day-Japan (11)

ランボルギーニ・デイ・ジャパン 2022はこんなイベント

会場となった海の森水上競技場は、2020年の東京オリンピックのために作られた施設であり、一般の人が来場(乱入)しにくいということからもけっこういいロケーションだったんじゃないかと思いますが、当日のメインは150台以上のランボルギーニが走る「サンセットドライビングパレード」。

このパレードは東京の街をランボルギーニ各モデルが連なって走るというもので、カウンタックLPI800-4、シアンFKP37、シアン・ロードスター、アヴェンタドールの最終モデルであるLP780-4ウルティメ、ウラカンSTO、さらにはディアブロGTRや初代カウンタックといった歴史的モデルも参加しています。

Lamborghini-Day-Japan (10)

ルートとしては有明ガーデンを出発し、虎ノ門、日比谷、有楽町、銀座を経て海の森水上競技場へ到着することになり、これらランボルギーニの大群に遭遇した人は「いったい何ごと・・・」と思ったかもしれませんね。

Lamborghini-Day-Japan (6)

そして集まったランボルギーニはなんと180台。

もちろん関東からだけではなく、日本全国津々浦々から馳せ参じた人も多かったのだと思います。

Lamborghini-Day-Japan (8)

こうやって見ると特定のボディカラーに集中しているわけではなく、相当数のカラーにオーナーの好みが分散されていることがわかりますが、こういったところは「ランボルギーニらしい」特徴だと思います。

Lamborghini-Day-Japan (3)

ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマンも登場

そして参加者を出迎えたのはランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏、マーケティング・セールス最高責任者のフェデリコ・フォスキーニ氏含むランボルギーニ重役の面々。

現在日本はランボルギーニの中では5番目の市場ではあるものの、数年前までは世界第二位の販売規模を誇っており(日本が縮小したのではなく、ウルスの発売によって他の国が伸びた。ウルスは日本にはちょっと大きすぎるのかも)、昔から「ランボルギーニのDNAを理解し、忠誠心が高く、安定し、継続して成長している」ことで高い評価を受けています。

Lamborghini-Day-Japan (4)

ランボルギーニ
ランボルギーニが1−9月において7,430台を販売し新記録達成!このペースで成長を続ければフェラーリの販売台数をあと2−3年で抜くことになるのかも

| ウルス発売以降のランボルギーニの成長は凄まじい |この記事のもくじ| ウルス発売以降のランボルギーニの成長は凄まじい |一方、フェラーリは希少性を保つために販売台数の伸び率を「制限」しているランボ ...

続きを見る

実際のところ、ステファン・ヴィンケルマンCEOは「日本のオーナーや愛好家の方々の、ランボルギーニに対する並々ならぬ情熱が、この記念すべきイベントを特別なものにしています。日本はランボルギーニにとって重要かつ確立された市場であり、年々成長を続けています。ランボルギーニ・デイ・ジャパンは、世界のこの地域(日本)で私たちのブランドを祝うために集う、またとない機会なのです」とコメント。

Lamborghini-Day-Japan (5)

会場ではウルス・ペルフォルマンテが日本初公開

そしてこのランボルギーニ・デイ・ジャパンの会場ではウルス・ペルフォルマンテが初公開されており、ウルスの祖先とも言えるLM002も登場することに。

Lamborghini-Day-Japan (7)

新型ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテ発表!出力666馬力(悪魔の数字)、アクラポビッチ標準装備、47kg軽量化、「スーパースポーツドライバーのためのSUV」
新型ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテ発表!出力666馬力(悪魔の数字)、アクラポビッチ標準装備、47kg軽量化、「スーパースポーツドライバーのためのSUV」

| ダウンフォースは8%アップ、車高ダウン、トレッド拡大などその進化の幅は非常に大きい |この記事のもくじ| ダウンフォースは8%アップ、車高ダウン、トレッド拡大などその進化の幅は非常に大きい |ウラ ...

続きを見る

そのほか、ランボルギーニ・デイ・ジャパンではおなじみのポロストリコ(ランボルギーニのクラシックカー部門でレストアを担当)によって修復されたクラシックモデルの展示が行われ、カスタムを担当するアドペルソナムではパーソナライゼーション・ブティックを再現し、ここでは「ほぼ無限の」エクステリア、インテリアカラー、トリム、オプション、スペシャルフィニッシュの紹介を行ったもよう。

Lamborghini-Day-Japan (12)

さらにはランボルギーニとパートナーシップ関係にある腕時計メーカー、ロジェ・デュブイの展示、加えてドゥカティとのコラボバイクである630台限定の「ディアベル1260ランボルギーニ」の展示も行われた、とのこと(現在、ドゥカティの株式はランボルギーニが保有している)。

今回は予定が合わなかったものの、来年はなんとしても時間を作って参加したいと思います。

Lamborghini-Day-Japan (2)

ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニ
ランボルギーニ×ドゥカティ"初の"コラボ!630台限定、「ディアベル 1260 ランボルギーニ」が発表に。ちょっとドゥカティに問い合わせてくる

| カラーだけではなく、パーツ形状や液晶表示までも「ランボルギーニ仕様」に |この記事のもくじ| カラーだけではなく、パーツ形状や液晶表示までも「ランボルギーニ仕様」に |ドゥカティ・ディアベル 12 ...

続きを見る

あわせて読みたい、ランボルギーニ・デイ・ジャパン関連投稿

ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021へ行ってきた!会場にはエッセンツァSCV12が登場、歴代カウンタックの展示に西川淳と中村史郎のトークショーも
ランボルギーニ・デイ・ジャパン2021へ行ってきた!会場にはエッセンツァSCV12が登場、歴代カウンタックの展示に西川淳と中村史郎のトークショーも

| 今年は趣向を変え、トークショー中心のアカデミックな内容に |この記事のもくじ| 今年は趣向を変え、トークショー中心のアカデミックな内容に |エッセンツァSCV12を見ることができる機会はそうそうな ...

続きを見る

片岡愛之助も登場!ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019ではアヴェンタドール、ウラカンのスペシャルモデルが公開

| このスペシャルモデルの発表はまったくのサプライズ |この記事のもくじ| このスペシャルモデルの発表はまったくのサプライズ |日本市場向け「ワンオフ」モデルの公開もそのほか、会場にはこんな展示もこん ...

続きを見る

今年は横浜!ランボルギーニ200台が集まった「ランボルギーニデイ・ジャパン2018」の様子が公開に

| 残念ながら今年は参加できず | さて、毎年恒例、ランボルギーニ・ディ・ジャパンが開催に。 今回で3回目の開催となりますが、今回はどうしても都合がつかず参加することが叶わなかったのが残念でなりません ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5