ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マセラティ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

マセラティが新型グラントゥーリズモのピュアEV版「フォルゴーレ」の最新ティーザー画像を公開!クリーンでスリムなデザインを採用するもよう

投稿日:

マセラティが新型グラントゥーリズモのピュアEV版「フォルゴーレ」の最新ティーザー画像を公開!クリーンでスリムなデザインを採用するもよう

| マセラティらしさを残しつつ、MC20のデザインを取り入れて新世代への移行をアピール |

ガソリン車と車体を共有するため、EVといえどローングノーズを維持するようだ

さて、マセラティは新型グラントゥーリズモのティーザーキャンペーンをすでに開始していますが、今回グラントゥーリズモ・フォルゴーレの姿(ただしカモフラージュ付き)を公開することに。

なお、このフォルゴーレ(Folgore)とはイタリア語で”電光””稲妻”を意味していて、マセラティにおいては「電動化における新しい戦略」という意味にて使用しており、つまりグラントゥーリズモ・フォルゴーレは「エレクトリック版グラントゥーリズモ」ということになります。

近年ではEVとガソリン車とでプラットフォームをシェアする例が拡大

ちょっと前までの自動車業界においては、ガソリン車とEVとで完全にプラットフォームを分け、EVには「スケートボード型」シャシーを使用する例が(計画上)多かったものの、マセラティにおいては「ガソリン車とEVとで同じプラットフォームを使用する」ことが判明しており、よってMC20、そして新型グラントゥーリズモ、グランカブリオについても「ガソリン車、ピュアエレクトリックモデル」において同じ車体が使用されることになるもよう。

ちなみにBMWだと、以前に「将来的には、EV専用のプラットフォーム1本に絞る」としていたものの、現在の動きを見る限りでは「EVとガソリン車兼用」のプラットフォームを採用しており、メルセデス・ベンツの動向もBMWに近いようにも感じられ、さらにフェラーリも「ガソリンエンジンを搭載できるEV用プラットフォームの特許を出願していて、つまりは「EVオンリー」「EVにしか使用できない」プラットフォームがちょっと敬遠されつつあるようにも思えます。

こちらもCHECK

フェラーリがEV用プラットフォームの特許を出願!ガソリンエンジンではできない構造を採用し、完全に新しい考え方を導入した新世代へ
フェラーリがEV用プラットフォームの特許を出願!ガソリンエンジンではできない構造を採用し、完全に新しい考え方を導入した新世代へ

| この新しいフェラーリのプラットフォームは「見れば見るほど」よく出来ているようだ |この記事のもくじ| この新しいフェラーリのプラットフォームは「見れば見るほど」よく出来ているようだ |この図面を見 ...

続きを見る

新型グラントゥーリズモはやはり「クリーン」に?

そして今回公開された新型マセラティ・グラントゥーリズモの画像を見るに、これまでに公開されたティーザー画像やスパイフォトからわかるとおりに「(ヘッドライト含めて)MC20似」。

そして現行(従来型)グラントゥーリズモのような抑揚の効いたボディではなく、ややクリーンなラインを採用するようにも見えますね。

ボディサイドにはマセラティのエンブレム「トライデント(三叉の銛)」が大きく描かれ、これにイタリアンフラッグと「エレクトリック」を連想させるデザインが組み合わせられているのはなかなかにオシャレだと思います。

なお、運転席側(車両左側)テールランプ下には充電用と思われるフラップが見えるため、このモデルは「ピュアエレクトリック」ということになりますが、ステアリングコラムにはパドルが取り付けられており(EVであればパドルは必要ない)、一部不可思議なところも見受けられます(単にプロトタイプだからだと思う)。

Maserati_GranTurismo (3)

現時点でこのマセラティ・グラントゥーリズモ・フォルゴーレのスペックについて確報はなく、しかしマセラティは以前に「マセラティの新しいEVは、マセラティ史上もっとっもパワフルなクルマになる」とし、その出力は650馬力以上、0-100km/h加速2.5秒だと語ったことがあり、これを信じるとすれば「かなりの性能」ということになりそうです(この数字はMC20フォルゴーレのものである可能性も否定できないが、グラントゥーリズモ・フォルゴーレのほうが先に登場すると思われ、となるとこの数字はグラントゥーリズモ・フォルゴーレを指しているのだと思われる)。

なお、新型グラントゥーリズモについては、フォルゴーレのほか、MC20と共通の3リッターV6ツインターボ、そしてV8(フェラーリからの供給契約を解除したので、ステランティス内で手当するのだと思われる)エンジンの搭載もあるといい、大きな期待がかかります。

Maserati_GranTurismo (2)

合わせて読みたい、マセラティ・グラントゥーリズモ関連投稿

【動画】エグいまでのセクシーさがなくなる?クリーンになった新型マセラティ・グラントゥーリズモの試作車が目撃される
【動画】エグいまでのセクシーさがなくなる?クリーンになった新型マセラティ・グラントゥーリズモの試作車が目撃される

| これからマセラティのデザインは「MC20」に寄せられてゆくようだ |この記事のもくじ| これからマセラティのデザインは「MC20」に寄せられてゆくようだ |新型グラントゥーリズモには、MC20同様 ...

続きを見る

マセラティがイベントにて「はじめて」公式にMC12とMC20を並べる!18年の年月を経ても両者とも馬力、最高速度は「ほぼ同じ」だった
マセラティがイベントにて「はじめて」公式にMC12とMC20を並べる!18年の年月を経ても両者とも馬力、最高速度は「ほぼ同じ」だった

| マセラティMC20にはホワイトがよく似合う |この記事のもくじ| マセラティMC20にはホワイトがよく似合う |さらにブルーのアクセントが入ればなお良しなのかもマセラティMC20はこんなクルママセ ...

続きを見る

マセラティMC12
【動画】諸事情にて「わずか4ヶ月で」完成させる必要があったマセラティMC12。デザイナーがどうやってそれを達成し、レースで勝てるようにしたのかを語る

| クルマは機能製品であり、デザインを優先して作ることはできない |この記事のもくじ| クルマは機能製品であり、デザインを優先して作ることはできない |どうりでフランク・ステファンソンは「現代でもっと ...

続きを見る

参照:Maserati

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マセラティ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5