ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

新型ホンダ・シビック・タイプRをさっそくシャシダイに載せてパワーチェック!なんとダイナモ上で331.8馬力を発生し、エンジン単体だと375馬力くらい出ている可能性も【動画】

投稿日:

新型ホンダ・シビック・タイプRをさっそくシャシダイに載せてパワーチェック!なんとダイナモ上で331.8馬力を発生し、エンジン単体だと375馬力くらい出ている可能性も【動画】

| このパワーでも安定した挙動を示すのには驚かされる |

新型シビック・タイプRではトルクステア、アクセルオフ時の姿勢の乱れはまったく感じない

さて、ホンダ・シビック・タイプR(FL5)は発売以来高い人気を誇っており、多くのアフターパーツメーカーも注目している車種ではありますが、今回ホンダのチューナーとして知られるホンデータ(Hondata、カリフォルニア州トーランス拠点)が新車のシビック・タイプRをシャシーダイナモへと乗せてパワーチェックを行うことに。

このシャシダイでの計測結果によると331.8馬力/487.4Nmを発生しており、これはホンダUSAが公式に発表した319馬力/420Nmよりも「かなり」高い数値となっており、驚くべき結果だと言って良さそうです。

メーカー公称値は「エンジン単体」でのパワーを示す

なお、メーカー公称値による出力は基本的に多くの場合「エンジン単体」で発生するパワー/トルクを指していて、これはどういうことかというと、たとえば日本のJIS規格だと”エンジンに補機類を装着した状態”で計測されたものであり、エンジンにラジエターと冷却水の循環に関する装置、排気管(エキゾーストシステム)、エアクリーナーなどを装着しただけの状態にとどまっていて、そこから先のトランスミッションやドライブシャフト、デフ、ハブ、ホイール等は装着されないままの計測です。

よってこの状態だとトランスミッション以下のドライブトレーンにて発生する「摩擦等によるパワーロス」がなく、しかし実際のクルマではエンジンからの出力がタイヤに届き、(シャシーダイナモの)ローラーを回すまでにはけっこうなパワーが失われてしまいます。

【GR86をシャシーダイナモに載せパワーチェックするショップが現れた!結果は215.54馬力、パワーロスを考慮するとエンジン単体では250馬力くらい?なお先代86はシャシダイ上で170馬力
【GR86をシャシーダイナモに載せパワーチェックするショップが現れた!結果は215.54馬力、パワーロスを考慮するとエンジン単体では250馬力くらい?なお先代86はシャシダイ上で170馬力

| 最近のトヨタはちゃんとカタログ値をクリアできそうなエンジンを積んでいるようだ |この記事のもくじ| 最近のトヨタはちゃんとカタログ値をクリアできそうなエンジンを積んでいるようだ |GR86のエンジ ...

続きを見る

その「失われるパワー」については、一般論だとFF/MR/FRで10~15%、4WDでは20~25%ほどだとされ、シビック・タイプRはFFなので、メーカー公称値が319馬力だとすれば、そこから10~15%ほど低い287馬力~271馬力くらい出ていれば「まずまず」ということに。

しかしながら今回は331.8馬力という驚愕の数字を叩き出していて、逆算すると(エンジン単体だと)355馬力~375馬力を発生していると考えることも可能です。

シビック・タイプRのパワーチェックはこうやって行う

そこで今回ホンデータが行ったパワーチェックの様子ですが、動画を見るといきなりタイヤとホイールを外し・・・。

Honda-Civic-Type-R (6)

何をするのかと思ったらハブをシャシーダイナモへと直結します(このタイプは初めて見た)。

Honda-Civic-Type-R (5)

【動画】ブガッティが「シロンのパワーチェックはこうやって行う」という動画を公開。「時速420kmでは1秒に50回タイヤが回転する。通常のシャシーダイナモでは計測できない」
【動画】ブガッティが「シロンのパワーチェックはこうやって行う」という動画を公開。「時速420kmでは1秒に50回タイヤが回転する。通常のシャシーダイナモでは計測できない」

| その状況においては、エアバルブの重量が1個50kgに相当するまでに |この記事のもくじ| その状況においては、エアバルブの重量が1個50kgに相当するまでに |やはりブガッティは何から何までもが規 ...

続きを見る

そしてこの状態にて・・・。

Honda-Civic-Type-R (4)

フルスロットルをくれてやるわけですね。

Honda-Civic-Type-R (3)

ちなみにですが、ホンデータが以前に計測した先代シビック・タイプRの出力は32.7馬力だったそうで、こちらもカタログ値を軽くクリア。

かつては「トヨタ馬力」と言われとおり、公称値とはかけはなれた(低い)パワーしか出ないクルマも多かったものの、近年のターボエンジン搭載車の多くはカタログ値を超える出力を記録するものも少なくはなく、とくにBMWやマクラーレンはカタログ値よりも「はるかに」高い数値を記録することがほとんどだということもわかっています。

Honda-Civic-Type-R (2)

それにしてもFFで(エンジン単体で)350馬力、出力軸で330馬力以上の出力を発生させるというのは一昔前の常識では信じられないことであり(これだけパワーが出ていればまともに走らなかった)、それだけ車体制御技術が進歩したということを意味するのでしょうね(新型シビック・タイプRはこの出力でもまったく挙動に不安を感じずに走ることができる)。

新型シビック・タイプRをシャシダイに載せてパワーチェックを行う動画はこちら

あわせて読みたい、ホンダ・シビック・タイプR関連投稿

新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう
新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう

| 「日本製」となったことで品質はもちろん、そのコンセプトに至っても原点回帰を果たしたようだ |この記事のもくじ| 「日本製」となったことで品質はもちろん、そのコンセプトに至っても原点回帰を果たしたよ ...

続きを見る

新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい
新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい

| 現代のシビック・タイプRは「最大公約数」をカバーするクルマではなくてはならない |この記事のもくじ| 現代のシビック・タイプRは「最大公約数」をカバーするクルマではなくてはならない |かつてのシビ ...

続きを見る

新型ホンダ・シビック・タイプRを見てきた!シンプルになりダミーダクトが無くなったぶん、本物だけが持つオーラと凄みを手に入れたようだ
新型ホンダ・シビック・タイプRを見てきた!シンプルになりダミーダクトが無くなったぶん、本物だけが持つオーラと凄みを手に入れたようだ

| ここ最近見たニューモデルの中ではいちばん光って見えるかもしれない |この記事のもくじ| ここ最近見たニューモデルの中ではいちばん光って見えるかもしれない |公式フォトではその魅力が伝わりにくいのが ...

続きを見る

参照:Hondata

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5